IT企業に勤める、オセロ四段、競馬ど素人のこしあんブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3大会出場(だよね?)しました。りんかいCCが無かったため、集計前からカナーリ不安があったわけですが・・・。女流は-二段で統一。段位は対戦時のものを採用しています(例えば、その大会で二段を取得した初段は、初段扱い)。


<7月 3大会18試合>

九段:0勝0敗
八段:0勝1敗
七段:0勝0敗
六段:1勝0敗
五段:1勝0敗
四段:1勝2敗
三段:2勝2敗
二段:2勝0敗
初段:1勝2敗
級位:2勝1敗

計:10勝8敗 勝率55.5%



上の段位に勝っている一方で、下の段位にも負けていますね。負け試合は自爆負けが多かったりと、不甲斐ない戦いが見受けられます。実力向上は第一条件ですけど、毎度毎度、きちんとある程度の出力を出せるようにしないといけませんね・・・。まぁずっと前からの課題ですが。



明日から合宿です。なので今日は洋服等買出しに行ってきます。










ゼミの課題はどうするべ('_`)ウゥ。
スポンサーサイト
さて・・・書いてやるZE! などと啖呵を切った割に、あまり面白い棋譜もなかった事実を真に受け、どうしたもんかと途方に暮れています。










え? また返し忘れでもしろと?










勘弁してください(;_;)










会場でも散々いじられました。その時話題になった「じゃあお前は指摘するのかよ」という問ですが・・・ええ、オレなら指摘しますよ! 黙って看過することなんてできやしません! 騎士道精神です!










・・・でも、うっかり見逃したり










気づいても指摘し忘れたり









極めて不幸な『事故』が起こる可能性があるかもしれませんね・・・。










1回戦:桜井1級

初対戦ということで、若干緊張しましたが、なんとか自分のペースで序盤中盤を展開させることに成功。そろそろ大詰めという場面にて。


++++●+++
○+○●●●++
○●●●●●○○
○●●●○○○+
○●●○●○○○
○○○○●○+●
+○○○○●++
++●●●●●+

黒:佐藤(二段) 黒番
白:桜井(1級)


まぁ勝ち形勢でしょう。とその時は判断していました。ゼブラ的には黒+22。なんのことはない、D1に打てば白はいずれ手詰まりになり、黒圧勝形勢だったんですね・・・。勝ちは勝ちだと思っていたのですが、自分がその時見ていたのは黒G6でした。


++++●+++
○+○●●●++
○●●●●●○○
○●●●●○○+
○●●○●●○○
○○○○●●●●
+○○○○●++
++●●●●●+

参考図:黒G6


これでも白の手が少なく、勝てるだろうと思っていたのですが、いかんせん右下の3個空きが心に摩擦を残します。勝ち局面でこんな不安定な形(?)を作るのはイクナイということで却下。結果、激しい読み間違いとともに打ったのが・・・


++++●+++
○+○●●●++
○●●●●●○○
○●●●●○○+
○●●●●○○○
○○●○●○+●
+●○○○●++
●+●●●●●+

黒A8


我ながら見通しの甘さにウンザリしました。ホワイトラインを通されるのが怖かったのもあるし、またH4が逆偶数になると思っていたのですが・・・B8A7とすすみ


++++●+++
○+○●●●++
○●●●●●○○
○●●●●○○+
○●●●●○○○
○●●○●○+●
●●●●●●++
●○●●●●●+

白番


B列を抜かれる脅威に晒されるわ、なによりもこの好手を見逃していました。白H8黒G7で足りるとか思っていた自分が情けないです。この局面になってから気づいた好手、それは白H7です。


++++●+++
○+○●●●++
○●●●●●○○
○●●●●○○+
○●●●●○○○
○●●○●○+○
●●●●●●+○
●○●●●●●+

白H7


あっという間に偶数理論にハマってしまいました。こういう


離れたマス同士を数え合わせて考える


という思考パターンは非常に大事だと最近悟ったばっかりだったのですが・・・使うことばかりに集中し、使われることに無頓着でした。いきなりH8に打たれるのと、白H7を一度入れるのでは大きな差があります。後者の場合、H8が白の余裕手になってしまうので、


白から打てないH4 + 黒から打てないH8

=偶数理論ヽ( ・∀・)ノウンコー


なんですね。これで負けを悟り、手痛い初戦黒星スタート。というか最初にD1が見えなかった俺には、当然の結果とも言えるでしょう・・・。



2回戦:高梨四段

黒星スタートでこのアタリはあんまりだ・・・(´Д`)。全日本で四段を取得するも、主催者の姦計により手違いで三段と表記された! と、鬱モードにはいってる高梨四段。ここは2連敗という経験を、一度味あわせてやりたいところです。

試合は黒持ち、馬進行でした。


「コシウララってなんですか(・∀・)ニヤニヤ」


という、いつもどおりの三味線打法を展開する高梨四段。しっかり暗記なされているようです。ちなみにコシウララというのは旧名「コシホース」。カカオマスター二段様が改名なされた定石です。
盤面は白の高梨四段が辺を取る形になり、やや黒有利。しかし余談を許さぬ状況でもありました。


+○○○○+++
++○○○○+○
++●○○○○○
+●●●●○●○
+○●○○○○○
++●●●○○○
++●●+○++
+++●+○++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:高梨(四段)


右下を押さえてしまえば黒の勝ちは確定。勝負にいきました。


+○○○○+++
++○○○○+○
++●○○○○○
+●●●●○●○
+○●○○○○○
++●●●○○○
++●●+●++
+++●+○●+

黒G8


ここから白が形勢を崩しだし、黒+18の局面で向かえた終盤戦。


+○○○○+++
++○○○○+○
○+○○○○○○
○○●○●○●○
○○○○●○○○
●○○○○○○○
++●●●●++
+++●●●●+

黒番


第一感は黒A2でした。おそらく続く白はB3が有力。となると・・・うーん。などと考えていました。どうにもパッとしないので、残り時間も減ってきた勢いもあり打ったのが黒B7


+○○○○+++
++○○○○+○
○+○○○○○○
○○●○●○●○
○○○●●○○○
●○●○○○○○
+●●●●●++
+++●●●●+

黒B7


ついに逆転。白+2です。が、ここで再び白も敗着を打ち返し・・・黒も緩手を連発。グダグダな終盤は、結果的には黒の勝ちということで落ち着いてくれました。

さて・・・ではこんな悲惨なオセロにならないために、黒はあの時、どこに打ち、またどのように打ちまわせばよかったのでしょうか。


+○○○○+++
++○○○○+○
○+○○○○○○
○○●○●○●○
○○○○●○○○
●○○○○○○○
++●●●●++
+++●●●●+

黒番 再掲


暇があったら考えてみてください。



3回戦:中尾無級

サークルの後輩でした。これで大会に出た後輩1年生は、全て自分と対戦ということになります。先輩としての威厳を見せるべく、いつも以上に気合いを入れて戦いました。相手の緩手を追い風とし、54対10で勝利。



4回戦:小澤初段

なんだか良く当たる気がします。個人的には当たりたくない初段ベスト3に入るような奴なんですが・・・当たってしまうのが世の不条理さか。

++●○○●++
++○○●●++
○○○●●●●+
○○●○●●●+
+○○●●●++
●+○●●+++
+++●●○++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:小澤(初段)


不利なつもりはなかったんですが。気づいてみればどうしようもない状況に。仕方が無いのでB2です。


++●○○●++
+●●●●●++
○○●●●●●+
○○●●●●●+
+○○●●●++
●+○●●+++
+++●●○++
++++++++

黒B2


そこまで不利だとは思ってなかったんですが、既に黒-18形勢。死んでますね。この後時間のない白が徐々に緩手を重ね、逆転→再逆転→再々逆転を繰り広げ、迎えた黒53手目


○●●○○○○●
○○○○○○○●
○●○●●○●●
○○●○○●●+
+○●○●○●+
●○○●●○●●
+○○○○○++
+●●●●●●+

黒番


さて、ここでかなり悩みました。といっても時間もあまりなかったので・・・。7の列に種を残すをよしとせずに打ったA7が引き分け負けの敗着。ここは素直にH8と取るのが得策でした。理由は種けし。種を消してラインを通すべきは7の列ではなく、5の列でした。白G7と打たれて、H4とH5はハイパー偶数からただの偶数に逆戻り。その時に黒H4と打ったとき、最終手白H5に対する横の返りが勝負の分かれ目でした。痛いところで読みきることができず、2勝2敗。


5回戦:渡辺三段

以前小林二段と打った進行と非常に似たものになったため、ある程度手筋を覚えていたおかげで、若干の緩手を挟みながらも快勝。



6回戦:成谷四段

やる気が出ない。といいつつも、彼曰く「無敗定石」を使用してきやがりました。その威力たるや核に匹敵せんとばかりの破壊力。


++++++++
++++++++
+●●●○+++
○●●○○○++
○●●●○○○+
○○●○●○++
++○●●●++
++●++●++

黒:成谷(四段)
白:佐藤(二段) 白番


打つ場所ネ━━━━━━('A`)━━━━━……‥ ‥


++++++++
++++++++
+●●●○+++
○●●○○○++
○●●○○○○+
○○○○●○++
+○○●●●++
++●++●++

白B7


ダメだと分かりつつも、紛らわせるにはこれしかない。でもやっぱりだめでした。


++++++++
+++○○+++
●●○○○+★+
●●○○○★●+
●○●○★○●●
●●●★○○○●
●●●●●○○●
●○●++●○●

黒G3。次白番


下辺に作っておいたささやかな偶数理論でさえ、黒は許さないというのか・・・! 白F3ととっては、黒F2と打たれてハイパー偶数の完成。そんなことはさせない。させないぞ!!!


++++++++
+++○○++○
●●○○○+○+
●●○○○○●+
●○●○○○●●
●●●○○○○●
●●○●●○○●
●○●++●○●

白H2


うらあああああ(゜Д゜)! ということで、根性の偶数理論。この手は-20の手ですが、それでも一筋の光明を見出した気分でした。局面はさらにすすみ・・・


++●●●++●
+++●●●○●
●●●○●○●●
●●○○○○○●
●○●●○●○●
●●●○○●○●
●●○●●●○●
●○●++●○●

白番


なんか、勝てそうじゃないですか!? が、残念ながら白-2の状態。一時からすれば随分と追いついたものですが、それでも勝つにはいたらず。さらに読みを間違えて石損までする始末。結局3勝3敗で終わってしまいました。



<総合結果>

3勝3敗  20位/51人


明後日は合宿。なので明日は買出しに出る予定です。
3勝3敗とイマイチ振るわず。振るったのはアフターオセロでの


・ペアオセロ2連勝(長崎四段、玉木四段、成谷四段とプレイ)

・ぷよぷよ20連勝(vs成谷四段)

・ミラクルファイブ2勝2敗(山川五段)


と、何しにいったのか分からない内容でしたが、まぁいずれも楽しかったので良しとしましょう。

大会詳細については、よーわかりませんが微弱さんからクレーム(?)がきたので、気合い入れて見返してやろうと思います。明日暇なんで、明日にでもうp予定。










と、終わる前に一つ質問です。










大会終了後、天王洲アイル駅に向かう途中の橋(?)で


転んだ人挙手ー










¨)ノ 
明日の天王洲スペシャルは参加します! たぶんサークルの後輩が生デビュー。これで合計、後輩3人が、生オセラーとなることでしょう。


ついで8月1日~3日は合宿。村上九段にオセロを請うてきます。今回の課題は


「苦手な定石をなくす」

「新しい序盤の開拓」

「偶数理論を使いこなせるようになる」


です。明確に目標を立てて練習すると、きっと効果も大きいことでしょう。



合宿が終わったあとは、


4日 シーサイドOP










5日 横浜フレッシャーズ










出ます。りんかいCCのでっかい版、昇段お得版みたいな感じで個人的には捉えていますが・・・。おそらく参加者の人数も多く、そう簡単には勝たせてもらえないでしょう。が、やる前からあきらめては勝てるものも勝てなくなります。もちろん目指すは










5勝1敗 優勝二段! 









二段の権利コレクsh・・・
明治大学生が恐れる授業がある










受講生の3割が落とすとも










5割が落とすとも恐れられている










マーケティング論!










今日はそのテストでした。出題形式は大きく分けて2問。用語解説問題と、教授オリジナル問題。用語解説はまぁ、

「○○について説明せよ」

という、基本的な問題なのですが・・・もう一方のオリジナル問題がかなりの曲者。ちなみに配点は



用語解説:5問×10点

オリジナル問題:1問50点



と、ありえないほどの点数配点。単位取得ラインは60点以上なので、オリジナル問題が解けない場合は、なにをやっても単位がこないということになります。それほどの比重をもったオリジナル問題。ちなみに去年だかなんだかは










問2 『自問自答せよ』









という問題。自分で問題を提起して、自分で答えろとかいうナメた問題です。やりたい放題のこのオリジナル問題、果たして今年はどんな問題が出るのか・・・。











¨)










え・・・










し、小説(゚□゚;) ?










なにやら女性新入社員の物語。バーでワインを片手に(・∀・)ニヤニヤしている状況から話がはじまり・・・










¨)・・・










つまるところ、こいつが何か飲料水の新商品開発を任されたので、その案を変わりに考えてやれ! というものらしいです。










え、小説いらねーじゃん(゜Д゜)










時間を使わされた・・・! これも教授の罠か! ということで、焦り焦り手を進めようとしたときに、教授が見回りで登場。










教授「えー、問2ですが・・・」










教授「裏面全て使うように。」










質は当然。量もなくては点数はあげられないと。それはいいんですが、裏面いっぱいって










1000字以上ですよ?










あと40分しかないんですけど。










やああってやるぜええええ! ということで、覚醒モード突入。飲料水の新商品ということで、目をつけたのは酒。酒です。特定保健用食品の認定を受けれるような酒を造ってみてはどうだろう! 飲み屋に置いたら売れるんじゃね!!! という案を、語句指定のもとツラツラと書き綴り・・・










よっし!










できた!










提出!










¨)ふぅ・・・ちょろいぜ・・・










退室後、なにとなくプリントをもう一度見てみると・・・










『主人公○○は、どのようなペット飲料水の新開発、マーケティングを行えばいいのか。以下の語句を必ず使っ・・・










¨)










どのようなペット飲料水を・・・










¨)










返し忘れたぁあああああ(゚□゚;) (謎)










「ペット」という単語を見事に読み落としてました。ということは、自分の解答は完全なベクトル違い。お話にならないということで・・・










単位落としました!










大学生活3年目にして、はじめて単位を落としました。他にも2つほど危ないのがあるのですが・・・まぁそれはまだ可能性が残ってる分だけマシということで。というか最近ヘマが多いです。生きていけるのか、俺。










・・・小説の最後に


作:大石


って、これお前(教授)が書いたのか(゚□゚;)
どうもー。先日の返し忘れの検討時、見学していた方から










『え、ココ(あなた)って


アドバンスト(の人)ですよね?』










と言われたコシアンです。


さて・・・巷では「夏休み」だそうですが、我らが明治大学はいまだ試験期間中です。今週の水曜と木曜の2日間で


6教科


という殺人的な日程。流石に一日3教科を徹夜でやっても間に合わない! ということで、珍しく「数日前から勉強」という行為に走っているわけですが・・・










何を思ったんですかね、自分は。










6教科を勉強するには・・・試験前日は1教科に特化し、つまり残り4教科を1日2つずつというペースで勉強すれば間に合うNE!










ということで、試験2日前から勉強をすれば、非常に良いペースで試験を迎えられる計算です。










水曜の2日前だから・・・










月曜から勉強すればいいんだな!










ダムダム! (←相手が時計を押す音)










『返し忘れです!!!!』










なんてこったい・・・。水曜が試験てことは、前日1教科が火曜日。つまり4教科を2日間でやるには



日曜から勉強しないとダメじゃん










なにかこう


火曜と水曜の間に、1日余裕がある


みたいな、ものすごい勘違いをしていました。勝手読み甚だしいとはこのこと。まずいっす。完全に予定が狂いました。せめてそれを昨日気づければ・・・。

そんなこんなで、今ダラダラと、半ばあきらめモードのなか「経営社会学」を勉強しています。知ってましたか? ニートの大部分を占めるのは、大学進学を控えた高校卒業生、つまり


浪人生


なんですよ。社会のゴミのように表現されるニートですが、そのほとんどは浪人生というわけで、別にゴミでもなんでもないわけです。・・・なんてことを学んでいるわけですが、










今日一番勉強になったことといえば



火曜の次は水曜日である



という事実。
2週間ぶりの大会。りんかいが無かっただけなのに、とても久しぶりな気がしました。ワクワクテカテカな状態で臨んだ今日の大会。










何かが起こりそうな予感です!










1回戦:浜田三段

黒持ち、縦取り進行に。最近マイブームの馬を使い、序盤から有利に発ちました。が・・・ちょっとした見落としから、形勢が一気に紛れてしまいます。


+++○○+++
++○○○○+●
●●●○●○●●
+●●○○●○●
●○●○●○○●
○○○○○○○●
++○○●●++
++○○+●++

黒:佐藤(二段)
白:浜田(三段) 白番


いやぁ、この手を全くもって見逃していました。白G2です。


+++○○+++
++○○○○○●
●●●○●○○●
+●●○○●○●
●○●○●○○●
○○○○○○○●
++○○●●++
++○○+●++

参考図:白G2


このライン、なかなか切れないんです。もし打たれた場合、おそらくは『黒C1白B1黒B2』あたりで黒H7を使って無理矢理切る以外なく、それでも上辺左辺を奪われ、まさに1石2石といったギリギリの展開を強いられると思っていました。実際ゼブラでは白-2状態。読みは当たっていました。

やばい、やっばあああああい! と思っていたら、白はこれを見逃したのか温存したのか、E8と打ってきました。



+++○○+++
++○○○○+●
●●●○●○●●
+●●○○●○●
●○●○●○○●
○○○○○○○●
++○○○○++
++○○○●++

黒番


相変わらずブラックラインが怖いですが・・・黒B8と打ち、白G2ならすぐラインが切れる。白A4でも・・・黒A7と取ったあと、今度こそC1に打てばおそらくラインを切るのは容易い(実際は+6、自分の読みとは違う最善がありました。)! これで俺の勝ちか! おっしゃああああああああ。










と、安心したのがいけなかった。










¨)ノ ふぅ。なんとか勝ったなー。










黒B8着手!











+++○○+++
++○○○○+●
●●●○●○●●
+●●○○●○●
●○●○●○○●
○○○●○○○●
++●○○○++
+●●●○●++

黒B8!










¨)










+++○○+++
++○○○○+●
●●●○●○●●
+●●○○●○●
●○●○●○○●
○○○●○○○●
++●○○○++
+●●●○●++










うどああああ(゜Д゜)あああ!?!?!?!











返し忘れたああ(゚□゚;) !!!


















ヽ( ・∀・)ノウンコー


















そんなこんなわけで、結果的には


1回戦:浜田三段 負け
2回戦:佐竹三段 勝ち
3回戦:玉木四段 負け
4回戦:小林二段 勝ち
5回戦:榎本六段 勝ち
6回戦:中島八段 負け


結果:3勝3敗 9位/18人


でした。いやぁ。2勝2敗での5戦目が六段。3勝2敗の最終戦が八段と、アドバンスト部門らしい当たり方に感謝しつつ・・・結果はジャンプ四段おっしゃるとおり










いつもどおりですね(・∀・)ニヤニヤ










カワイクネー('_`)
に・・・










参加します! ヽ( ・∀・)ノウンコー










ほんとにね。しますよ参加。条件が合計九段ということで



・こしあん二段

・カカオマスター二段

・山川五段



合計九段!



という感じです。いやぁ、自分二段でよかったっす。数少ない低段者の利得ですねぇ。ということで参加するみなさん、どうぞお手柔らかに~。










誰か近辺の宿情報などあったら教えてください。
さて・・・全日本フィーバーから1日経ちました。もうブログ欄が



「全日本」



だらけでしたね。正直蚊帳の外の俺がこの時期に


試験の話なんか書ける空気じゃない


と肌で感じていたので、おとなしく見守っていました。そろそろブログを再開しても・・・まぁ差し支えないでしょう、うん。

さて、とりあえず全日本の結果見ました。










ジャンプ君が四段ですね!










大変喜ばしいことです。やはり知り合いが昇段していく姿は自分の励みにもなりますし、もちろん純粋に彼の昇段を祝ってあげたい気持ちでいっぱいです! 俺も嬉しいよ!










¨)










いや、決して


りんかいCCにおける難敵が一人消えた


とか、そんなことで喜んでないですよ?










¨)










いや、ほんとにヽ( ・∀・)ノウンコー










ごめんなさい、つい結果をみて


(・∀・)ニヤニヤ


してしまいました。










ま、それはともかく(え)、昇段おめでとう!

しっかし・・・みんなどんどん昇段していくのに、どうして俺らは二段のままなんかなぁ・・・なんてカカオマスターと話していたわけですが、まったくもって。不甲斐ないですな。自分。これじゃあまるで










婚期を逃した独身j・・・










失言でした。忘れてください。










「再開」という単語を打ちたいのに、どうしても


最下位


が先に出てくる俺のPCに、ついつい不吉な何かを感じずにはいられない日でした。
就職を控えたこの時期、既に企業訪問を開始している人もみかけますが、何をしていいのかサッパリわからない自分は、とりあえず大学で催されたイベントに参加。そこで「職業適性テスト」なるものを受けました。まぁ簡単にいって、


あなたは○○の職業が向いてます!


ってやつですね。先日その結果が返ってきたんです!










¨)ふむ・・・










¨)どれどr・・・










星3つ(レベルマックス)の適性職業










・タレント、歌手、俳優










¨)・・・










えっと、


今自分、何歳だっけ(´ヘ`;)?










まじめに就職考えてる人間に対して、よりにもよって芸能人って・・・子供の夢じゃないんだから。もっとまじめに考えてくださいよ('_`)ウゥ。










同じく星3つ










¨)










動物飼育員










もうネタってレヴェルじゃねぇぞ(゜Д゜)










それは盲点だった。というか動物飼育員って、



ひとつの職業ジャンルに分類できた



んですね。そこびっくりです。

ちなみに他には「営業」がありました。向いてないのは事務系全般。会計士とかもひどい有様でしたね。まぁいまさら目指せるものじゃないからいいんですが。










最後に・・・総評から一部抜粋


「佐藤さんは柔軟な発想の持ち主で、奇抜なアイデアが浮かぶこともありますが、一方で足元をすくわれがちです。」










まんまオセロじゃねぇか(゜Д゜)
ひとつ気づいたことがある!










品川の大会において


200勝達成してました!










ザッとみた限り、1位中島さんの次の成績でした! 微弱さんも200勝達成してますね。同率2位ということで・・・オセロの大会に出始めて3年目、いよいよもって


古株


的な存在になってきたのかなぁと。










ま、それだけなんですがヽ( ・∀・)ノウンコー
前日、というか今日の朝4時半就寝。ということで、究極の寝不足の中参加してきました。










¨)あっれー










¨)おっかしーなー










電車を降り改札をくぐり・・・


あるはずの階段がない










あ、ここ


品川シーサイド駅じゃねーか(ノ∀`)










寝不足、末期症状みたいです。


1回戦:武石2級

いきなりの師弟(?)対決。サークルの後輩です。4月にサークルに入り、みるみる成長してきた大型新人です。あだ名は「うに」君です。みんな覚えてあげてください。
先日の活動では既に初黒星をつけられてしまっているので、なんとか先輩(?)としての意地を見せたいところ。


++++++++
+++○++++
+○○○○○++
+○○○●○++
+○○○○○○+
○●●●○○●+
++●●●○++
++●++●++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:武石(2級)


おーおー。結構イイ感じで有利だなぁっと。このままひっぱればいっかー。


++++++++
+++○++++
+○○○○○++
+○○○●○+●
+○○○○○●+
○●●●○●●+
++●●●○++
++●++●++

黒H4


個人的にはかなりの緩手を打ってしまったと反省。白D8があるのをすっかりわすれてました。ここはE2と打っておくのがベターだったそうです。仕方なく黒E8で辺を取るのですが・・・


++++++++
+++○++++
+○○○○○++
+○○○●○+●
+○○○○○●+
○●●○○●●+
++●●●●++
++●●●●++

白番


「ここっすかー?」と武石2級。思い切って☆打ちをしてきました。


++++++++
+++○++++
+○○○○○++
+○○○●○+●
+○○○○○●+
○●●○○○●+
++●●●●○+
++●●●●++

黒番


そうそう・・・これがあるんだよなぁ('_`)ウゥ。黒G3と打ったのですが、


++++++++
+++○++++
+○○○○○●+
+○○○●●+●
+○○○●○●+
○●●●○○●+
++●●●●○+
++●●●●++

白番

G4とかに打ってきてくれればいいなぁなんていう希望的観測は無意味。H5と打たれて苦しい展開に。


++++++++
+++○++++
+○○○○○●+
+○○○●●+●
+○○○●○○○
○●●●○○●+
++●●●●○+
++●●●●++

黒番


ここでの最善はH8と隅を取ることらしいのですが・・・右下の不安定な形を嫌って打った黒G4が、さらに状況を悪化させてしまいました。


++++++++
+++○++++
+○○○○○●+
+○○○●●●●
+○○○●●●○
○●●●●○●+
++●●●●○+
++●●●●++

白番


まぁ見る人が見れば当然の一手なのですが・・・オセロを真面目に始めて、まだたったの3ヶ月の人間が・・・打てるんですねぇ。白H7。


++++++++
+++○++++
+○○○○○●+
+○○○○●●●
+○○○●○●○
○●●●●○○+
++●●●●○○
++●●●●++

黒番


さぁ、てぇへんだてぇへんだ。こういうのはグズグズと偶数で負けたりとか負けたりとか・・・。とりあえず最低限、白H6には打ってもらいたいという願いから黒E2に。


++++++++
+++○●+++
+○○○●●●+
+○○○●●●●
+○○○●○●○
○●●●●○○+
++●●●●○○
++●●●●++

白番


H6F2は不利と判断したのか、白はここでF1に打ってきました。これが緩手で、形成が再び黒のものになります。
ここでは白A7が最善。何がいいというか・・・単純に、打たれたら黒の候補手が見当たらないんですよね。少なくとも俺には。
そして局面はしばらく進んで・・・


+++○○○++
+++○○+++
+○○○●○●+
+○○○●●○●
+○○○●○●○
○●●●●○○+
++●●●●○○
++●●●●++

黒番


ここで黒勝負。A5とG2を使うことで、逆偶数とライン通しを用意してケリをつけにいきました。黒H3、白F2、以下A5A4G2となり


+++○○○++
+++○○○●+
+○○○○●●●
○○○○●●●●
○●●●●●●○
○●●●●○○+
++●●●●○○
++●●●●++

白番


一見、黒G1に対して白のH1H2の連打が見えそうなのですが、白G8はいずれ強制になるので、ラインがうまいこと切れて逆偶数完成。

ラインを通して切らせる。

というやつですか? 数えきってなんとか黒勝利。


・・・だとカッコヨカッタんですけどね。最後3マス空きで数え間違い。ギリギリの2石差勝利となりました。



2回戦:中森五段=すりっぱさん

さて・・・本日の一番の目的

『すりっぱとオセロする!』

がはやくも達成されました。「指名しますから!」といいながらも、実のところ1回戦は村上九段に指名をいれました。言ってることが違うじゃないか! と思われるかもしれませんが、ちょっとした読みから出た結論なんです。つまりですね、


・すりっぱを指名したい

→人気枠。応募が殺到し、当選の確率は低い

→2回戦での応募を狙うべきである

→しかし、そもそも1回戦で勝てる自信もない

→どうせ負けるなら倍率の低い高段者と戦って負けよう!

結論:負けたらすりっぱと当たれないのは同じ。勝てればラッキー(ランダム対戦になった場合も同義)


ということです。無事2戦目で指名できて結果オーライでした。


++++++++
++++++++
+++●++++
+++●●○++
++●●○○○+
+++○++++
++++++++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:中森(五段)


うおおおお・・・。「あたると思って、用意したやつがあるんですよー」と中森五段。もともと暗記量の少ない俺にとっては、この形、さっぱりわかりませんでした。やや劣勢にされながらも、なんとか凌ぎつつ、


++++●●++
++○+●●++
+++○●●●+
+○○○●●●+
++○●●○○○
++●○○○+●
++●○++++
++++++++

黒番


H4と辺を取る一手にも見えたのですが、思い直して打ったのが黒D2です。


++++●●++
++○●●●++
+++●●●●+
+○○●●●●+
++○●●○○○
++●○○○+●
++●○++++
++++++++

白番


続けて黒C3を狙ってました。それを防いで白が先にC3と打ってきたのですが、これが緩手。ここは白H7と辺を抑えて、手数を稼ぐのが正解らしいです。まぁ結果論ですよね・・・と中森五段がいうように、俺もここは白C3だろうと読んでました。流石にその後で放置も無理な話なので、黒H4ととって


++++●●++
++○●●●++
++○●●●●+
+○○○●●●●
++○●○○○●
++●○○○+●
++●○++++
++++++++

白番


白D2。黒B3と打ち、上辺を取った白は徐々に形勢を損ねていきました。


+●+○○○○+
++●○○○○+
+○●●○○●+
○○○○○●●●
○○●○○●●●
○○○○○○●●
++●○++++
++++++++

黒番


問題はこのブラックラインを切るのかどうか。しばらく考えた末、

「今は触らない」

方向に決めました。高確率でいずれ来るであろう白H3ですが、最後まで放置してあげれば

白C1→黒H1→黒H2

という連打ができます。ちなみに白H3の後、白C1と当てて来る手も考えられますが、これは上辺を捨ててH2H1の連打をもらえれば勝てると判断。いずれにしても、上辺は白の好きに打たせても問題ないと思いました。
今考えるべきは下辺の手数勝負。極力荒らさないようにF7と打ち、様子を見ていくのがベターでしょう。


+●+○○○○+
++●○○○○+
+○●●○○●+
○○○○○●●●
○○●○○●●●
○○○○○●●●
++●○+●++
++++++++

白番


個人的に打たれたくなかったのは白D8でした。E列のラインが微妙に嫌いでしたが・・・まぁそれはそれでなんとかなるっぽいですね。ゼブラ様いわくですが。この後白は形勢をひっくり返すべく、あれやこれやと画策してくるわけですが、なんとか地雷を踏むことなく勝ちきることができました。今日の任務終了!


3回戦:大野二段

この前ネットでボコボコにされた定石を恐れ、急遽バッファローとか打ってみたんですが・・・これがまた形勢悪くて、ほぼ敗勢で臨んだ終盤。


++○●○+++
++●○○○++
●●○●○●●○
●○○○●●●○
●○○●●●●○
●○○●○●●○
+○○○●●+○
+●●●●●++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:大野(二段)


だと思ってたんですけど、なんとこの局面、黒勝ちの状態らしいです。解説ばっかりもつまらないので、これは問題として出してみましょうか。読みきる必要はないですが、互角の戦いができる黒の手を示してください。

ちなみに実践は、しばらく進んだ後、白が痛恨のミスを犯し黒快勝。その時点では本当に負けてる局面(つまり、上の問題は俺には分かりませんでした)だったので、ホッと一息といった感じでした。


4回戦:加藤三段

なんだかんだ3連勝。ここで勝てば4連勝と、まさかの三段昇段に一歩近づけ・・・るはずだったのですが、優勢だと思っていた中盤も実は劣勢。最後は豪快にラインを通されて完敗してしまいました。


5回戦:須古三段

ここで勝てば、まだまだ5勝1敗という好成績につなぐことができます。気合いを入れて臨んだのですが・・・これといった敗着もなく、じわじわと押されてこれまた完敗。三段にいじめられて萎えモードです。


6回戦:伊藤初段

前回のりんかいCCでは、黒星をつけられてしまった相手。今日の成績うんぬんよりも、とにかくリベンジ、リベンジです!


+●●●●●++
++●○●●+●
+○○●●●●●
+○○○○●○●
+○○○○○○●
+○○○○○○●
++●●●●++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:伊藤(初段)


リベンジ・・・のつもりだったのですが、上手い具合にまとめられてしまいました。このままH7とか打ってたんじゃグズグズと負けるだけだ!!!!!


+●●●●●++
++●○●●+●
+○○●●●●●
+○○○●●○●
+○○●○○○●
+○●○○○○●
+●●●●●++
++++++++

黒B7


さぁ・・・これだけの辺、どこに着手してくる!!! 必殺


考えるのはお前の仕事だ! 打法!


と言いたいところなのですが・・・既に自分の中では解決済み。答えわかっちゃってます。ここは白F8が好手なんです。


+●●●●●++
++●○●●+●
+○○●●●●●
+○○○●●○●
+○○●○○○●
+○●○○○○●
+●●●○○++
+++++○++

参考:白F8


あーだこーだいわんでも分かると思います。黒の手がないんですわ。下手に何かするよりも、黙って見過ごす一手。これを打たれるとキツイ! と思っていたのですが、実践で白はC8ときました。


+●●●●●++
++●○●●+●
+○○●●●●●
+○○○●●○●
+○○●○○○●
+○○○○○○●
+●○○●●++
++○+++++

白C8


ラインを早速きってきました。まぁこれでも黒厳しいんですが、なにやら怪しい空気がしてきた感はありました。D8A8となり、


+●●●●●++
++●○●●+●
+○○●●●●●
+○○○●●○●
+○○●○○○●
+○○●○○○●
+○○●●●++
○+○●++++

黒番


逆偶数・・・とはいえませんが、一応それらしい逆転筋のようなものを作ることに成功。


+●●●●●++
++●○○○○●
●●●●●○○●
+●○○○●○●
+○●○○●○●
+○○●○○●●
+○○●●●+●
○+○●++++

しばらくすすんで、白番


ここで白ついに敗着。白E8と打ってきました。黒F8。


+●●●●●++
++●○○○○●
●●●●●○○●
+●○○○●○●
+○●○○●○●
+○○●○○●●
+○○○●●+●
○+○○○●++

白番

これだと、黒のホワイトライン通しが厄介です。ラインを切る用にE8F8はあけておくべきでした。
また、ここでの最善はA4なのですが・・・白はA5に打ってきました。


+●●●●●++
++●○○○○●
●●○●●○○●
+○○○○●○●
○○●○○●○●
+○○●○○●●
+○○○●●+●
○+○○○●++

黒番


ラインを通すというのが一つ。そしてもうひとつが


A5~A7の奇数空きを作りたくなかった


とのことですが・・・これは白の勘違い。本当に奇数空きを考えるなら、

B8も空きマスとして計算する

必要があります。これでは黒A4と叩き込まれて、本当の逆偶数の完成。逆偶数回避として打ったA5は、むしろ逆偶数を決定づける悪手になってしまったわけです。
といったかんじで・・・危ない終盤でしたが、白のミスにより助けられました。



<総合結果>


4勝2敗  16位/51人



大会後、某ジャンプ三段に


『今日の成績どうでした(・∀・)ニヤニヤ?』


と聞かれ・・・










¨)ノ 「よ、4勝2敗だよ!」










ジャンプ『え・・・』










ジャンプ『めずら・・・いや、なんでもないっす!』










つい本音が出てしまったジャンプ君でした。殴るぞコルアアアアア(゜Д゜)
最近日記が滞りがちですが・・・めげずに暇をみつけて、これからも書いていく予定です。


さて、またまたゼミの愚痴になるわけなんですが・・・俺らのグループは、いつか話したと思うんですが『日本のテレビ市場』について現在研究しています。白黒テレビの発明から、カラーテレビ、そして液晶、プラズマへ。そんなかんじですかね。メインは液晶とプラズマ市場の各社の戦略やら政策的なあれこれやらなんですが、ここで問題になるのが



データが無い



ということなんですね。どれがどんくらい売れたか。なんて、雑誌とかニュースだとたまにみるわけですが、いざ文献で探すとなるとなかなか見つからない。そんなこんなで四苦八苦していたんですが・・・別の授業の課題をしている時に見つけたんです!










日本マーケットシェア事典!











なんと、市場動向やらシェア比率やら数量データ等、俺らが欲しいデータが全部載ってるではありませんか! これで研究もはかどるわ~。










教授『うん』










教授『このデータ、使っちゃダメ










ええええええええ(゜Д゜)ええええええええええええ










¨)ノ 『な、なんでなんですかー』










教授『だってこれ、君らが調べたんじゃないでしょ?










¨)・・・は?










教授『この本の数字を使うって、それは他力本願でしょう』










えーとつまり、漢字がわからなくて


広辞苑つかったら怒られた


みたいな、そういうシチュエーションですかこれ? 










¨)・・・!










¨)ノ 『つまり、このグラフをそのまま使うのではなく、年度をあわせたり製品別グラフを一緒にしてみたりしろってことですね!』










たしかに、本に載っているグラフをそのままコピーってのは気がひけなくもない。自分なりに工夫して使えということか!










教授『いや、だからこの結果を使うな










それってつまり、


自分達で市場調査をしろと


そういうことなんですかね。そんなことしてたら金と時間がどれだけかかるとおもってんだー。というか、じゃあ何のデータ使ったらいいんですか!!!










教授『いや、それは私は知らないよ










なら文句言うなハゲエエエエエエエエエエエ!










前途多難です。ただもう


前途と呼べるだけの時間が無い


状態きたこれヽ( ・∀・)ノウンコー
昨日土曜は、東京都の予選(少年少女の部)がありました。実はその件について・・・某伝手から、



『大会前の指導対局をしないか?』



というお話を貰っており、たかが二段所詮二段ヽ( ・∀・)ノウンコー 二段のわたくし、小学生の指導にいってきたのであります!










¨) うんうん










¨) あーちがう、こっちねー










もともと少ない人の入りだったのですが、それでも一番最初に来た子供に指導開始。さてさて、棋力のほどは・・・って、まぁその子は大会初参加。オセロは一応


『少なく取るといい』
『中にはいるといい』


程度のことは知ってるっぽいんですが、いかんせんその通りに打ててないというかつまりはまだまだ小学生。ってな感じの子でした。とりあえず一度真っ黒にしてあげてから一通りの指導をしてあげました。定石も知らないというので少々。










¨)・・・










まぁ結果から言うと、その子


予選3位通過しました(゚□゚;)










俺が凄い・・・わけはないので、たぶん彼の素質がなせる業なのでしょう。メダル持って走って帰る姿は、なにかこう・・・



幼きころの自分を見ているようで←昔某児童館で優勝



ほほえましい限りです。こうしてまた一人、オセロ人口が増えたわけです。




話変わって、今日は野球の試合。7番ピッチャーでした。3回終了時点で



失点:1
被安打:2
奪三振:4



と上々の立ち上がり・・・なのか?










相手の残塁数:8ってのは。










つまり、

1回:1アウト満塁から無失点
2回:2者残塁
3回:1アウト満塁から無失点

と、まさに満塁祭り。明日から俺は、自分のことを



満塁王子



とでも改名しようかと思うほどで。別に

・フォアボール王子

とか

・自演王子

とかでもいいと思うんですけどね。「王子」がよくないですかそうですか。



さて、また明日から長い1週間が始まります。みなさん頑張っていきましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。