IT企業に勤める、オセロ四段、競馬ど素人のこしあんブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は3大会出場18試合。他県からすれば充分な参加量なのですが、個人的にはあんまり出てないなぁという印象。天王洲をぶっちしたからですかね。来月はゼミとの折り合いをみて、川崎OP?に出る予定です。
あ、それから・・・えーと名前出していいんですかね?とうかい系二段さん、データありがとうございました。まぁ公のデータをそのままエクセルにいれただけですし・・・きっと個人情報とか、そういうのは問題ないですよね? 段位と照らし合わせると結構おもしろいです、これ。



さてさて、前置きはこのくらいにして11月総合成績と参りましょう。いつものように女流は-二段、対戦時順位で計算(たとえばタオル新三段は二段計算)。


<11月総合成績>

九段:0勝0敗
八段:0勝2敗
七段:0勝0敗
六段:0勝0敗
五段:0勝0敗
四段:1勝2敗
三段:1勝4敗
二段:3勝0敗
初段:1勝0敗
級位:4勝0敗


合計 10勝8敗 勝率55.5%




三段に負けまくりました。なんというか、2石差(もしくは引き分け勝ちの1石足らず)という試合が多かったなぁという印象。でも負けは負け。相手は相手で1石足りたという状況を作ってきているわけで、なんの考慮にも値しないことですね、はい。

それとまぁこれも言い訳になるんですが・・・本当に、本当にグラチャンに出られないことでテンションダウンです。人気ブログ著者である木の実四段がたまにおっしゃる


「根性のあるやつが勝つ」


とはまさにその通りだと自分も思っています。その「勝ちたい」という根性が最近薄れてきているのを自分でも実感中。なんというか、オセロ打ってても勝つことに楽しみ、執念を見いだせないでいます。棋力以前に気力の問題。おかしいですよね、大会はなにもグラチャンだけではなく、来年以降の全国大会もあるのに・・・。なんとかしないといけないなぁと痛感。きっと31石で負けるのは、その根性分が足りてないからではないかと本気で思っています。さてさてどうしたもんか。














ゼミ除名覚悟でも決めますか。
スポンサーサイト
さて、本編に入る前にひとつ。ニコニコ動画で第二弾がうpされてましたね。さっそくこっちでも紹介。








まだ全部見たわけではないのですが・・・黒ララバイ? 聞いたことねぇwww 個人特定のキーワードになるのかもしれませんが、こんな日本一やっぱり聞いたことねぇ。ということで、「元日本一」の称号はどうせフカシだろうと勝手に邪推してます。でもやってることは基本的に間違ってないし、むしろ新しい試みとしてかなり評価できるので、まぁ話に説得力を持たせるという意味で・・・不問にするつもりです。




では本編。昨日今日と、東京大学で文化祭がありました。オセロサークルでの出し物は前回も書いたとおり「フリー対局」です。対局と言っても所詮素人と玄人の戦い。戦いになるわけがないんです。が、そこは囲碁将棋と違い(?)接戦になるように調整したりするほどオセラーは大人ではない! の精神で、もうボッコボコのギッタンギッタンにしてやる企画です。いやまぁ「オセロなんて簡単でしょw?」という、まさにニコニコ動画で「へぇ」ボタンを押している人たちへのアピールということですね。

ということで、ただ全滅させて「俺TUEEEEEEEEEEEEE!」ではサークル部員としては不合格。本番はこの後の初心者レクチャーです。オセロってこんな考え方があるんですよー。という一種のアハ体験をお客さんにしてもらおうじゃないか! ってことですね。みなさん「オセロって奥が深い」と感心していただき、こんな企画を金にもならないのに立てた甲斐があったというものです。

そんな中でも、女子大生等々の反応は特に初々しく


「へぇ~☆」

だの

「すごいー♪」


など、非常に和気あいあいとした空気がこの文化祭の特徴です。家族連れで来た小さなチルドレン他、たくさんの初心者の方にオセロの一片を紹介できたと思います。下の写真はその一場面からです。みなさん非常に楽しそうですね。














TS2B0183.jpg















二段! 三段! 四段! 五段! 














なにこの殺伐とした空気 ヽ( ・∀・)ノウンコー














遊びに来た有段者の完全な溜まり場に。全員殺気むき出しで対戦に没頭。小さなお子さんを連れた家族なんて



「いえ、ウチの子なんて、ほんとルール知っているだけで!!!」



と、ドンビキの様子で

お帰りになられる始末。有段者自重しろwwwwww 完全な営業妨害(?)になってましたね。つーかこのまま


第一回、東京大学ブリッツ大会


とか開いてしまおうかと思ってしまった自分も自重w いやいや、有段者の方々、遠いところをわざわざ遊びに来ていただき本当にありがとうございました。個人的にはとても楽しかったです。














・・・まぁそれでもやっぱり、結果として


初心者向け企画は大失敗


な空気がムンムンしてましたが。まぁ楽しけりゃいいんです。明日はきっと平和なことでしょう。ちなみに自分は明日、うってかわって野球の試合があるため文化祭には参加できません。三か月ぶりのマウンドは果たして野球になるのか・・・? かなり不安ですが、まぁなるようになるでしょう。
連盟の方、お疲れ様です・・・。



ということで、みなさん注目の最新連盟レートが発表されました。自分の順位を見てどう思われましたか? むしろ自分以外のレートに、いろいろ考えさせられてしまいましたこしあんです。こんな個人情報チックなことを書くと、あっちゃこっちゃから文句いわれそうですが・・・まぁ伏せ字+ニックネームを使ったので、まぁ許してください。


まず9位、W三段。すげぇの一言ですな・・・。村上さんの次にまで上がっていました。そのポジションは、いずれ俺がいたd・・・

そして10位、J四段。こいつもすげぇ・・・。いやでもまぁ実力通りですよ。全く勝てる気がしませんし。このまま麻雀もあのレベルまでいきそうで怖いです。末恐ろしいやつだ・・・。

13位には難敵認定をしたN三段がランクイン。俺の目に狂いはなかった。やっぱり強いんですね。




対して俺はというと・・・57位? 1260? (´ヘ`;)ハァ

いや成績あがってるんで、本来なら喜ぶべきところなんでしょう。でもこうして自分より若い連中が高みに上っていく一方で、自分はいまだ中ランク。精進が足りませんね。足りなさすぎです。これで11月かなり負けたはずなので(後日うp)実質はやっぱり70位くらい、1200前後ってことでしょうかね。三段なんておこがましいです、はい。
こんなものをみつけました。











日本一経験者って誰だろう。funapii? とにかく、よくできてるなぁと思いました。
はい、表題の通り・・・今週末は大学のほうで学園祭があります! いわずもがな、東京大学オセロサークルGOROの出し物は、もちろんフリー対局。他にもいろいろと案が出たのですが・・・たとえば、




・指導コーナー

・棋譜ノートの販売

・オセロ早返し選手権

・実況解説オセロ

・オセロくずし














・焼き鳥屋













まぁ結局全部ボツネタに。あれやこれや考えるのも結構なことだと思うんですが、ひとつ大事なことを失念していたんですね。つまり、



オセロって、普通の人から見たら

懐かしいゲーム



の類に入るのではないか? という意見があったのです。これはいつもオセロを打ちまくっているオセラーにとってはかなりの盲点。普通の人って普段オセロしないし、もう小さい頃に遊んだなぁ。っていうレベルがほとんどではないだろうか? それ以前に、最近の人たちってオセロのルールとか知らない奴までいるんじゃないだろうか? と。実際水戸でも、オセロのルールを知らないオバ様方も多々見受けられました。そういう時勢を鑑みれば、下手なことをしないで、

「オセロ遊んでいきませんか~」

が一番いいのではないかという結論になるわけですね。これが最もオセロの普及につながるわけです。ということで結局



例年通り



というオチになってしまいましたが、今年も東大の学園祭にオセロがやってきますよ! 5月とは違い、渋谷から井の頭線で2駅、「駒場東大前」のほうの校舎です。ぜひみなさん遊びに来てください。ちなみに自分は


・金曜の午後
・土曜一日
・日曜は・・・無理かも


というスケジュールでいます。














さて、次回からはこの日記、


・オセロ

・私生活

に加えて


・就職活動ネタ


が増えます。ええ書きますよ書きまくりますよ。どこ受けただの、何聞かれただの。














どこに落ちたかとか。 ヽ( ・∀・)ノウンコー
朝の陽ざしが眩しい














うつろな意識が、徐々にはっきりとしてくる














気持ちよい朝。よく眠れたようである。














¨)「・・・ふむ」














ねんりんぴっく2日目、ここは某ビジネスホテルの一室。














はて、俺は確か多面打ち要員として水戸に派遣され、今日は朝7時半に玄関集合だったはず。














じゃあ


この10:27という表示


は何だろう^^














うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ














なんというかもうパニック状態。でも妙に頭はさわやか。それはしっかり寝たからだろうという指摘はもっともですが、とにかくどうしようもない状態に冷や汗とか魂とか抜けまくりでした。疲れて音楽聴きながら寝てしまったのがいけなかった。イヤホンが耳栓代わりになっていたようです(´ヘ`;)ハァ。場所を確認し、急ぎ目の前に散らかる荷物をバッグにつめこみ、既に掃除に巡回している従業員のおばちゃんに変な目で見られながらダッシュでカウンターへ・・・






とにもかくにも、



65回も電話をくれたシード&たかしまさん

その他運営の方々



大変申し訳ありませんでした。文面自体は日記のため、なるべく盛り上がるように書いていますが、内心猛省しております。もう二度目のチャンスすら無いと思いますが、二度とないよう悔い改めます。














さて














ということで大失態もありましたが、茨城ねんりんぴっくに参加してきました! なんか思っていた以上にデカい催しらしく、テレビで放送されたり皇族が視察に来たりと、「え、なんかナァナァの大会じゃないのw?」という認識を到着と共に大きく変える必要がありました。会場に着くと「有段者対局」のコーナーとともに、大きく


「佐藤紘一郎 二段」


の文字が。こりゃあしっかり打たないとな!














お客さん「あのぅ・・・」














¨)ノ 「はい、打ちますか!」














お客さん「オセロのルールを教えてください」














対局すらままならない状況 ヽ( ・∀・)ノ



に俺ビックリー。「オセロは挟んでひっくり返すゲームです。」からレクチャーする必要が多々ありました。多面打ちで返し忘れを指摘するのが難しすぎです。殺したはずが生きられてます。全消したら怒られました。視察に来た皇族を見て「あの人は誰ですか?」と聞いたら、日本人として恥ずかしいぞと戒められました。名前聞いたけどやっぱり覚えられませんでした。途中から小さい子が乱入しだして、


多面打ち有段者から保育士に転職


することになりました。めっさ小さい子供がコーヒーをブラックで飲んでいて驚きました。暇になったので有段者三人で坂口九段に多面打ちを申し込み、多面打ちならではの強引な引っ張りで貴重な1勝をゲトーしました。


・・・と、大変有意義な(?)時間を過ごさせてもらいました。でもでも、本当に楽しかったです。開会式で


「オセロがひとつのコミュニケーションツールとなれば幸いです」


というスピーチの一節があったのですが、まさにその通りだなぁと。残念ながらお客さん一人一人の名前は覚えてませんが、かなりの人達と話したと思います。今回は学園祭と違い、ご高齢の方々のと接触が大変多かったのですが、これはこれでよい経験になったと思います。


他にも、めがっさ旨いうな重食べたりだとか、島四段の大変貴重な人生経験談を聞かせていただいたとか、まだまだたくさんあるんですが・・・そういう話はする側の一方的な満足感にしかならないと思うので、これは心の内に秘めておくことにいたしましょう。














追記














・・・全く関係ない話ですが、最近ヤフーオセロで



¨)ノ よろりん







¨)ノ よ@@ん



になってしまう。ろり・・・。
話は2週間ほど前に遡ります。














PM4時、明治大学1031教室にて。その日の受講生徒数は10人とちょっと。というか毎回そのくらいの人数です。じゃあこの授業はそもそも10人程度しか履修していないのかと問われれば、否。




推定800人が履修している




はずです。試験時には400人入り大教室を2部屋つかって満員という盛況っぷりのこの授業。名称は


「 組 織 行 動 論 」


といいます。しかし普段の授業の人気は芳しくなく、400人教室に20人いくかいかないか、といったガラガラの授業です。その授業を担当している教授いわく、




1.この授業に出席するかどうかは個人の自由である

2.むしろ興味のない人は出ないでもらいたい

3.出席は取らない。私は生徒に授業に出てほしいと思っているのではなく、問題はあくまで君たちがどうしたいかということだ




とのこと。ちなみにこの授業は


1.テストは持ち込み可

2.テスト内容は教科書の丸映しでおk


という事情もあります。そりゃあ出なくてもいいって言われたら、大概の生徒は出ないでしょうね。だって出席しなくても教科書さえ用意しとけば単位くるんだし。それでも授業に出席している俺のほうが、むしろ変態扱いを受けているくらいです。いや出ますよ、結局この授業にも授業料を払っているんですからね。出ないと損です。ただまぁ



出たら出たなりに損をした気分になる



のも事実なんですが。なんというか、同じことを毎週語るため、実質1か月に1回出れば充分ついていける授業。だったらサークルとか行ってたほうがたぶん有意義なんですよ・・・。




少々長くなってしまいましたが、読者の皆様には一応、事前の知識としてこの程度を抑えておいていただけると、この後の話につなげることができます。

して2週間前、ついにこの授業に変革の時が訪れたのです! 先ほど書いたとおりの教授なのですが、つまるところ自分の授業に生徒が出てこないのは


「出席を取らないから」


である! と常々断言しています。つまり俺の授業も出席取り出せば人が集まるんだ。決して人気が無いとかそんなことはない生徒を動かすなんて簡単なことです。まさに組織行動論を学んだ通りに、出席確認による点数加点という誘因を生徒に与えることで、生徒という組織群に、出席させるという行動を喚起することができるのだよ! と熱く語り始めました。


教授「だから今日、私は出席を取る」


そして来週(文化祭のため、厳密には再来週=つまり今日)も出席を取ると。また組織には情報ネットワークが存在しており、この情報は大した時間をかけずに生徒中に広まることとなり、来週(つまり今日)は果たして、何人の生徒が集まるのか! 楽しみだなワハハハハハハ! みんなに組織行動論を実体験してもらおう!














・・・














以上が2週間前の出来事です。長くなったので要約しときますが、つまり


1.今までの出席者は20人/800人 (出席率2.5%)

2.教授の解析による原因結果→出席を取らないから

3.解決方法→出席を取るという情報を流す

→実際に生徒が授業に参加する様子を見て、組織行動論の一端を確認しようではないか!



ということですね。ここでひとつ問題が浮上します。














俺らが今いる教室、400人教室です。


対して履修人数は800人。


大問題でしょう。ギッチギチに座ったとしても、座った人数と同じ数だけ立ち見がいる計算。こりゃもう寿司詰めとか通り越して


酸欠で死ねます (゜Д゜)


なんでこんな授業で命かけないといけないのか、一抹の不安とともに参加してきましたよ! 授業! そしてこの現状をあますとこなく伝えるべく、わたくしこしあん


教室の写真を撮ってきました!


※ 今から載せる写真は、授業開始3分前に撮影されたものです。














TS2B0167.jpg


前!














TS2B0168.jpg


後ろ!














TS2B0169.jpg


正面から!














寂寥感→寂寥感! ヽ( ・∀・)ノウンコー












酸欠死しなくてよかった・・・じゃなく、結局出席を取ろうが取るまいが、授業に出ないものは出ないんです。組織行動論の実体験に失敗しました。ちなみに教授は

「出席取るっていう情報が流れなかったか?」

「最近の学生は、情報ネットワークに欠けているのか・・・」

強がり、もしくは間違った原因分析をしておられましたが。実際俺も何人かに教えたのですが、「まぁいいよw」で堂々の欠席。まぁそうなんでしょうなぁ。














・・・組織行動の喚起に失敗した

組織行動論を教える教授 の今後に期待せよ!
PM5時・・・














¨)む・・・














エアーポンプが止まった!














何度か記事にも書いてきたかと思うのですが、自分金魚を飼ってます。中学2年生の時に、地元のお祭りで掬ってきた金魚、まだ生きてるんですよ・・・。今年で8年目ですか。とりあえず俺の手のひらよりは大きくなりました。名前は


アズマオウ


ではないです。もちろんトサキントでもないです。よって滝登りとかしないし、ツノでつついてきたりもしません。・・・最近ポケモンネタが多くなってますが、別に自分の中でポケモンブームであるとか、中学生読者層にアピールしとこうとか、そういう意図もないです。

さて、エアーポンプは金魚の生命線。止まると死にます。間違いなく。ということで急きょエアーポンプを買いに行ったのですが、これまた行きつけの金魚屋は閉店。さすが爺さん経営。日が沈んだら消灯みたいです。

なので仕方なく、うろうろとエアーポンプ売ってないかなぁと探索していたところ、一件見つけました。なかなか


エアーポンプの衝動買い


って成功しなさそうなイメージがあるんですけど、なんとかなったのはさすが東京だからでしょうか。














¨)ノ「すみませーん、エアーポンプありますかー?」














店主「申し訳ございません・・・」














ありゃ、やっぱり無いのか?














店主「3点ほどございます。」














お前なんで今謝ったんよ(゜Д゜)!!!!!














¨)ノ「えっと・・・どういう感じのですか?」














店主「申し訳ございません・・・」














店主「こちらノンノイズが3サイズあります。」














だからなんで謝る!














¨)ノ「えっと、うちの水槽このくらい(ジェスチャー)なんですけど、どのサイズで買えばいいですか?」














店主「申し訳ございません・・・」














店主「おそらくそのサイズであれば、Sサイズで足りるかと思います。」














・・・どうやらこの店主、口癖が


「申し訳ございません」


らしく、もう文脈もクソもなく「申し訳~」を使ってきます。別に大した会話をしているわけではないのに、なんか俺が悪者みたいに思えてくるから不思議。ついでにホースも50センチ分購入。もちろん


「申し訳ございません、50センチでもお取り扱いできます」


と、意味プーな用途で申しわける店主。もうなんでもいいよw














店主「申し訳ございません、1009円になります・・・」














店主「申し訳ございません、1円のお返しです・・・」














・・・オセロ流行語、


後期大賞候補か!!!!!   ヽ( ・∀・)ノウンコー
出る気が無かった・・・というより全く知らなかったのですが、竹田さんと微弱さんのススメで知った神奈川OPに、気まぐれで参加してきました。「あれ、きたのw?」という失笑を多数の方から受け、あらためて自分「品川の人」と思われてるんだなぁと感じさせられました。



1回戦:板垣四段

初対戦。事前情報は「強いよ」しか無かったため、●を持たされても何を打てばいいのかがわからない。縦ときたので・・・あ、


あのブライトウェルは却下です ヽ( ・∀・)ノウンコー


無難にたまプラーザとか使ってみました。


++++++++
++++++++
++●○+○++
++●●○○++
++●○●●●+
+●○○○●○+
++++●●++
+++●++++

●:佐藤(二段)
○:板垣(四段) 白番


最近使い始めたので、まだよく知らないんですが・・・ここで白はH6と打ってきました。


++++++++
++++++++
++●○+○++
++●●○○++
++●○●●○+
+●○○○●○○
++++●●++
+++●++++

黒番


この局面で結構な時間を使ったあと、結局●H4とマイナス8の手を打ってしまうのだから、自分まだまだヘタレですね。これよく見る形だと思うんですけど、最近ようやく分かってきたんです。


++++++++
++++++++
++●○+○++
++●●○○+●
++●○●●●+
+●○○○●○○
++++●●++
+++●++++

白番


○H5とあてられたら黒が辺を取る。俺はこれで黒が良い形であると、ずぅっと思い続けてきたんですけど、この形って黒が悪いらしいですね。


「 辺 を 取 ら せ て 満 足 」


という格言(?)を、常々マスターから聞いていたんですが、最近ようやく分かりかけてきました。ただまぁ今のところは「あてて取らせて満足」のレベルでしかなく、まだ「あてられて取らされて不利」という、ひとつ上の発想に至れないのが自分の弱いところ。

実際この局面も○H5が最善で、●H7のあと○B5などと打ちまわすことで白が充分。が、ここは○A6ときたため形勢が再びドッコイドッコイに。その後白の☆打ちにたじろぎ完全な偶数にはめられるも、終わってみれば●のほうが多かった。という勝ち方でまず1勝。


2回戦:綿引三段

最近OP大会で優勝しまくりの綿引三段。ここぞというところでいつもあたり、そして負けるのが王道パターン。今回も死亡フラグが立ったようです・・・。


++++++++
++++++++
++++●●++
++○●●●●+
+○○●●●●○
++○●●●○○
++○+●○+○
++++++++

●:佐藤(二段) 黒番
○:綿引(三段)


第一感は●F8。ただしこれは○D3の後の黒の応手が思いつかず、白にはD7という手が残っているのが非常に嫌でした。D7に対応するにはC列が真白でないと苦しく、しかしC列に手を着けずに打ちまわすというのは・・・。



うーん。



・・・おおお! あるじゃないか! 1億と2千年前から愛している好手、



単独B打ちに悪手なし!



++++++++
++++++++
++++●●++
++○●●●●+
●●●●●●●○
++○●●●○○
++○+●○+○
++++++++

●A5


最近ウワゴトのように言ってるのですが、



オセロって、辺を取った方が勝つゲーム



である! と信じ始めています。時代の逆を走ってこそ、新たなる境地が見えてくるのではないか! ということで・・・


++++++++
++++++++
+++○●●++
++○●○●●+
●●●●●○●○
++○●●●○○
++○●●●+○
+++●●●●+

白番


こんなに辺とっちゃいました・・・。いや、ただ辺を取るのではなく、種を同時に消していくことで勝負をする! ○F2と打たれても、


++++++++
+++++○++
+++○●○++
++○●○○●+
●●●●●○●○
++○●●●○○
++○●●●+○
+++●●●●+

黒番


C7? G3? B4? 知らん! 辺を制する者がオセロを制するのである!


+++++●++
+++++●++
+++○●●++
++○●○●●+
●●●●●●●○
++○●●●○○
++○●●●+○
+++●●●●+

●F1


この手自体は悪くないものの、あきらかに打ちにくくなった黒。まぁこの後、


案の定負けた


ことは連盟のHPでも見て確認してください。



3回戦:陣内1級


「ジンナイ」さんではなく「ジンノウチ」さんと読みます。名古屋で打って以来の対戦。


+++++○++
++●○○+++
+++●●○++
+++○○○+○
+++○○○●+
+++○○○●●
+++○○○++
+++○○○++

●:佐藤(二段) 黒番
○:陣内(1級)


なかなかキモい形になりました。どこも決定打に欠けるなぁと思い、後の●G4を見て打った●C1が悪手。なんでここG3がいいんですか?誰か教えてください。

実践はこの後黒が形成を崩し、どう打っても白だぁ(´ヘ`;)というところまでいったのですが、白の激しい石損で終わってみれば黒が足りてました ver.2。



4回戦:玉木四段

オセロは辺を取れば勝てるゲームなんです。オセロは辺を取れば勝てr・・・


++●+○+++
○+○○○●++
○○○○○●++
○○○○○●○+
○○○○●●●+
○+○●●+++
++++++++
++++++++

●:玉木(四段)
○:佐藤(二段) 白番


取りました、辺。でも●D1がある時点ですでに崩壊か・・・。



+○○○○+++
○+○●○●++
○○○●○○○○
○○○●○●○○
○○○●●●●○
○+○●●++○
++++++++
++++++++

黒番


もはや絶望的。ここで●G2と打たれて・・・むむむ?


+○○○○+++
○+○●○●●+
○○○●○●●○
○○○●●●●○
○○○●●●●○
○+○●●++○
++++++++
++++++++

白番


おや・・・Bラインの様子が!


+○○○○+++
○+○●○●●+
○○○○○●●○
○○○●○●●○
○○○●●○●○
○+○●●+○○
++++++++
++++++++

○G6


この局面、進化しそうである。














無論この後、


玉木四段にBボタンキャンセルを食らったのは


同じく連盟のHPを見t・・・








5回戦:大森四段

上野OPでDXオセロ盤が貰えると勘違いした被害者さんです。1年ぶり? くらいの対戦でした。


++●●●●++
○+●○●●++
+○○○○○○●
+○○○○○●●
○○○●●●●●
○○●●●●●+
○+●●●●++
++●●●○++

●:大森(四段)
○:佐藤(二段) 白番


どう見たって○B8の1手だろうと思うんですが・・・●B2でのライン通しが非常に厄介です。さてどうしたもんかと長考。でもまぁやっぱりB8は必然手だろうと、とりあえずB2まで進めてから考えることにしました。


++●●●●++
○●●○●●++
+○●○○○○●
+○○●○○●●
○○○●●●●●
○○●○●●●+
○+○●●●++
+○○○○○++

白番


左上を得られればおそらく白勝ち。なのですが、ここでの第一感○H6は、


●G7→○H2→●G2


となったあと、ブラックラインもホワイトラインもどっちも切ることができない! これは参った('_`)。ということで○H7からストナーを打たせて○G7という無理筋を選ぶも、


やっぱり無理筋。


無理でした。

ちなみに検討時、やっぱり勝ちがありました。もちろんそれは○H6。想定通り●G7○H2●G2と打ったあと・・・G列真っ黒なんですね。○G8があり、最終的には無理矢理白が足りる筋がありました。あと1手読むのが足りなかったですね(´ヘ`;)。今日一番の失態です。



6回戦:小林二段

顔はよく合わせるのですが、対戦するのはこれまたお久しぶりです。


+++○+●++
++++●●+○
+●●●●●○○
●●●○●●○○
●●○●●●○○
●+●●●●○○
++●●●●++
+●●●●●●+

●:小林(二段)
○:佐藤(二段) 白番


正直どこに打ってもグズグズ勝てるかなぁと思っていました。ただこの局面、実はものごっつ恐ろしい場面だったんですね・・・。実践では打たなかったのですが、なんとなく○D2なんて打ってしまったら悪夢の始まりです。


+++○+●++
+++○●●+○
+●●○○●○○
●●●○●○○○
●●○●●●○○
●+●●●●○○
++●●●●++
+●●●●●●+

黒番


そう、●B6ですね・・・


+++○+●++
+++○●●+○
+●●○●●○○
●●●●●○○○
●●●●●●○○
●●●●●●○○
++●●●●++
+●●●●●●+

白番


最低の形です。○E1には●G2という好手もあり、完全に打つ手なし(物理的にも)。実際は以下の手順で1本道を見つけたのでよかったのですが、もしその手順に気付かず、様子見とか言いながらD2を打っていたらと思うと・・・(´ヘ`;)


さて、実際はこう打ちました。


+++○○●++
++++●○+○
+●●●●●○○
●●●○●●○○
●●○●●●○○
●+●●●●○○
++●●●●++
+●●●●●●+

○E1


●C1の後○D2と打つことで、Cラインが通ります。これを切ることは不可能で、以下●C2○B1●A1○B2で白勝ち。いやしかし、大変あぶのうございました・・・。



総合結果

1回戦:板垣四段 勝ち
2回戦:綿引三段 負け
3回戦:陣内1級 勝ち
4回戦:玉木四段 負け
5回戦:大森四段 負け
6回戦:小林二段 勝ち


計3勝3敗  順位知らず


平平凡凡な成績。負け越さなかったからよしとしましょう・・・。しかし今日の大会ではひとつ、大きな収穫がありました。新しい理論といいますか、今後の打ち方を大きく変えるようなそんな大切な手筋です。














オセロって、


辺を取ると負けるんだね。
グラチャンには出られなくなりましたが、それでも日々精進あるのみ。しっかりと打って、実力向上につなげたいですね。今日はどうせ勝てない指名制度も使うことなく、6試合をそれ相応にしっかりと打っていきたいと思って望みました。














中島八段「指名する人いないですかー」














中島八段「今日は誰もいないですねー」














・・・














¨)ノ はい!!!!!!!!














orz














いやまぁ、ほら。誰もいないと手挙げたくなるじゃないですか・・・。ということで1回戦は中島八段。全く知らないんですが、なんとなくブライトウェル?定石を使ってみたところ、














これがまた大敗















なんだかんだ途中まではいい試合だったんですけどね。当然のように見えた1手がマイナス11の悪手で、これを機に最終的には6石にされてしまうという鬼畜ゲー。まぁこれで、OP5勝の常套手段ともいえる「サブマリン」ができr・・・














しまった


不戦勝の危機迫る!!!!!














そうか、指名対局をするとサブマリンができるかもしれない一方、不戦勝という不名誉な1勝を食らう危険もあるのか。ひとつ勉強になりました。



さて2戦目、6石が二人いたのですが、運よく不戦勝を免れて相手はみんな大好き桜井1級。これがまた異様に強くて・・・途中までは詰まれるかどうかの瀬戸際でした。どうにかさばいて3,4,5試合目を連勝で進み・・・4勝1敗で迎えた最終戦。どうやらサブマリン効果が利いているらしく、5勝も見えてきたかな!かな!














最終戦

1番テーブル 冨永八段vs佐藤二段














orz














サブマリンのつもりが、どうやら浅瀬に出てきてしまったようで・・・浮きすぎました。ダメでもともと。せっかくなのでここは後輩に教わった新定石でも使ってみるか!














++++++++
++++++++
++●●●●●+
++●●●○○○
+++○○○++
+++○+○++
++++++++
++++++++

●:佐藤(二段) 黒番
○:冨永(八段)


知らん。だが後輩が「これいいっすよ!」って教えてくれたんだから、きっと良いに違いない!














++++++++
++++++++
++●●●●●+
++●●●●○○
+++○●○++
+++●+○++
++●+++++
++++++++

(゜Д゜)でありゃああ!














シンプル2000シリーズ

THE 瞬殺














冨永八段「定石が悪いんじゃないのw?」

とのこと。全然よくねぇじゃねぇか! おいこら! 人に変な定石教えてんじゃねぇ!!!!!!

はい、ひとのせいにしましたごめんなさい。でももう使う気にはなれません。これ使うくらいなら


まだコシポス使ったほうが


勝てる気がするのは気のせいではないような。







ということで結果報告


1回戦:中島八段 負け
2回戦:桜井1級 勝ち
3回戦:腰野三段 勝ち
4回戦:塚本1級 勝ち
5回戦:奥田二段 勝ち
6回戦:冨永八段 負け


計:4勝2敗  5位/37人



負けた2試合がひどかったんですが、なんだかんだ5位だったんですね。とてもそんな気してませんが。


さて本日、我らがオセロサークルの後輩である「うに」「てばさき」両名が無事初段に入段しました。二人とも成長したなぁと非常に感慨深かったです。まぁてばさき氏は最初からある程度力量があったのですが、特にうに氏は今年の4月からオセロを始めたので、この成長スピードには本当に驚きです。一応サークルとしては「入段させる」ことを目的としているので(?)その意味では一応上級生としての仕事は果たせたか。まぁ教えたっていっても、大したこと教えてないんですけどね。ほっといたらドンドン強くなっていきましたよ二人とも。
あとは自分で切磋琢磨して、勝手に二段でも三段でもどんどん上を狙っちゃってください! おめでとうございます!



あと、同日関西でも大きな大会があったらしく・・・7戦3.5勝で二段進呈とか、まさに昇段ラッシュだったみたいで。別に○るいとかどうだとか言うつもりはないです。その中でも特に魔手さん、三段昇段おめでとうございます! まぁライバルだなんだ言ってますが、ハッキリいってマスターのほうが棋力断然上ですから・・・三段でもぬるいですね。はやく四段とっちゃってください。














天敵タオル氏、


まさかの6敗という事実


○るいようで、でも○るくないのが関西選手権ということでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。