IT企業に勤める、オセロ四段、競馬ど素人のこしあんブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
びんさん、ふたちゃさんとの徹夜マージャンの流れから更新が遅れてしまいましたが、軽く天王洲SPについて振り返ってみたいと思います。

大会前に「今日はクソ手打ってやるぜぇぇぇぇぇぇ!」と意気込んでみたところ、非常にたくさんのレスポンスをいただけて、一ブロガーとして大変喜ばしく思っております、こしあんです。まぁ別にね、コシポス級の悪手をNO BOOKで打とうってんじゃぁないんです。むしろ昔使っていた定石、もしくは使いたくても使いこなせなかった定石に、もう一度チャレンジしてみようじゃないか! というくらいのもんで。もちろんその中に今まで覚えてきたPDだって、今後含まれると思います。ただこう、むやみに覚えてきた序盤を一度見直そうって感じですね。マジレスしてくれた、し○びさんありがとうございます。



さて、振り返るべきポイントはいくつかあるのですが、題名に沿った試合を見るだけにとどめておこうと思います。



2回戦:某四段

++++++++
++++++++
++++++++
+++○●+++
+++○●●++
+++○○○++
++++++++
++++++++

●:佐藤(三段) 黒番
○:某(四段)


どれ、今日は色々打ってみるかー! ということで、普段なら大方飛び出すところを、蛇とか打ってみました。


++++++++
++++++++
++++++++
+++○●+++
+++○●●++
+++○○●++
+++++●++
++++++++

白番


実は以前某四段に蛇を打って瞬殺されたことがありまして・・・今回はリベンジマッチだZE! というのではなく、単にそれを


打ってから思い出した


わけなんですが、もう打っちまったものは仕方がない。詰まれないよう慎重に打ち進めていきました。


++++++++
++++++++
++○○○○++
++○○○○++
++○○○●●+
++●○●●●●
++●●○●++
++●○++++

白番


あれ、俺ずいぶん有利な気がするよ? ひょっとして頑張れたのかな! かな! とか心の中で思っていると・・・














++++++++
++++++++
++○○○○++
++○○○○++
++○○○●●+
++●○○●●●
++●●○○++
++●○++○+

○G8














¨)・・・














某四段「あ」
こしあん「え」















++++++++
++++++++
++○○○○++
++○○○○++
++○○○●●+
++●○○●●●
++●●○●++
++●○+●○+

●F8


リーチ一発ツモ! どうやら某四段は何かトンデモナイ勘違いをしていたようで。○E8●H8。


++++++++
++++++++
++○○○○++
++○○○○++
++○○○●●+
++●○○●●●
++●●○●++
++●●●●●●

白番


白の暫定評価値は-25! いやー、こんな相手のミスで勝っちゃって、何か悪いなぁ(・∀・)ニヤニヤ。次の対戦相手は誰だろう。えーt・・・














++++++++
++++++++
++○○○○+●
++○○○○●+
++○○○●●+
++○○●●●●
+○○○○●++
++●●●●●●

黒番


・・・であるから、今日は少なくともやっぱり4勝は堅いんj・・・ん? 白が右下を連打したいと申しているようですね! いいよいいよ今日の俺は気前がいいから連打のひとつやふたつくらいさせてあげるよー(・∀・)ニヤニヤ! でもそのかわり俺は左下連打するけどねー(・∀・)ニヤニヤ!














+++++○++
+++++○++
●+○○○○●●
○○○○○○●○
+●●●●○●○
++●●●○●○
+○●●●●○○
+●●●●●●●

黒番


あ・・・なんか左下が怪しい雰囲気だ。でも俺には確定石があるし、大丈夫大丈夫! 隅とっとけば問題ないってー!














+++++○++
+++++○++
●+○○○○●●
○○○○○○●○
+●●●●○●○
++●●●○●○
+●●●●●○○
●●●●●●●●

白番


¨)・・・














++○++○++
+++○●○++
●+○●○●●●
○○○●●○●○
○○○●●○●○
+○○●○○●○
+●●●●●○○
●●●●●●●●

黒番


¨)・・・














++○○○○++
+++○○○++
●+○●○●●●
○○○●●○●○
○○●●●○●○
○○○●○○●○
●●●●●●○○
●●●●●●●●

黒番


¨)・・・














え、足りるの('ロ')?














++○○○○++
++○○○○++
●○○○○●●●
○○○●●○●○
○○●●●○●○
○○○●○○●○
●●●●●●○○
●●●●●●●●

黒番


必死にカウンティングしている自分がいましたヽ( ・∀・)ノウンコー


「いや、ええ・・・どこだよーどこだよー>< え、えい!」


+●○○○○++
++●○○○++
●○○●○●●●
○○○●●○●○
○○●●●○●○
○○○●○○●○
●●●●●●○○
●●●●●●●●

●B1


ついに引き分け形勢


○○○○○○++
++●○○○++
●○○●○●●●
○○○●●○●○
○○●●●○●○
○○○●○○●○
●●●●●●○○
●●●●●●●●

黒番


「ええ・・・いや、この試合負けるとかアリエナイからー! 引き分け勝ちあるし、なんとかなるっしょー!」


○○○○○○++
●+●○○○++
●●○●○●●●
○○●●●○●○
○○●●●○●○
○○○●○○●○
●●●●●●○○
●●●●●●●●

白番


ついに●マイナス2。

敗着ですた。あの+25形勢から逆転負け。しかも敗着55手目とか・・・。これが弱い理由だったのか! 序盤がどうのとか色々考えたけど・・・そう、俺が弱い理由! それは!














俺が弱いからかヽ( ・∀・)ノウンコー !
スポンサーサイト
お久しぶりです。東京予選、ちょっと通れませんでした(´ヘ`;)ハァ。まぁ何が敗因かって、単純に実力不足なわけなんですが、じゃあその実力不足がどこから来ているのかと色々考えていました。



1.まず、終盤が弱くなった

勝ち切れません。押し負けます。とくにタオル戦とか榎本戦とかが顕著ですね。いい試合してるのに負けてしまう。まぁ相手が相手なだけにしょーがないといえばそれまでなんですが・・・。昔は終盤に定評もあったような記憶が片隅にあったりするわけなんですが、今はそれがない。何でか・・・と考えると・・・














何でなんでしょう(爆)?














ひとつには「1局中における集中力」が落ちたのかなと考えてます。たぶん緊張感が無い。大会なのに漫然と打ってるのかな。とか。後もうひとつ理由考えてるんですが・・・。のちほど。














2.暗記が不十分

ここ数カ月、評価値+0の進行を暗記してきました。それこそ30手40手と、自分にしてはかなり深いところまで暗記をしてきました。ただ・・・「自分にしては」というレベルでどうしてもとまってしまい、結果的に相手のBOOKに綺麗にハマって負けてしまうという現象も。序盤をただ最善で覚えればいいというわけにもいかないようです。














3. 昔 よ り 弱くなった

相対的なものかもしれません。絶対的には知識量分確実に伸びているはず。でも品川のレート変動のグラフを見る限り、一昨年あたりからの推移としては


1700→1750→1800→1750→1700→1650


と、長いスパンで見て下がり続けています。この1800から下降し始めた時期から変えたもの・・・。それは・・・














最善を覚え始めた














のが大きな変革です。実際にはそれよりも後に覚え始めたんですが、当時と一番違う点って、やっぱりここなんですよね。つまり流れとして


1.最善を覚える、打つ

2.相手の外しを食らう、または適度に外される

3.考えてないので、わけがわからなくなる

4.収集のつかない終盤

※また、暗記で進めているために集中していない面がある



という負けパターンが簡単に浮かび上がってきます。














ということで、明日から・・・














序盤でクソ手を打つこしあんが帰ってきます ヽ( ・∀・)ノウンコー














一度BOOKを完全にとっぱらって、0からスタートさせてみたいと思います。もちろんこの数カ月で覚えてきた知識を応用することは可能ですから、きっと何か新しい発見ができる。はず。です。よね? とりあえず明日はあまり打ったことのない形を中心に狙っていきたいと思います。2勝4敗濃厚w














まぁこの結論に至る最大の理由は、

山から帰ってきた三段に指摘された

ってのが大部分なんですけどね('ロ')。ただ前々からちょっと思っていたことと、合致してしまったので・・・。明日が楽しみです(いろんな意味で)。
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)ちょっと通りますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U
ちょっと更新が遅れてしまいましたが、先日は天王洲SPに参加してきました。某履物系五段が品川の成功という題で色々語っていましたが・・・どうなんだろう、ここ最近、妙に人数が減ってきているような気がしてます。といっても30人以上は来ているんですけどね。最盛期に比べると、10人程度減っているような気がしています。これが一時的なものなのか、何かの予兆なのか。ま、どうでもいいことなんですけどね。俺は出る、それだけのことです。



さて、第一回東京ブロック予選で見事に散ったため、新たなる定石の模索と調整を主眼としながら参加した天王洲SP。5回戦で「勝てば決勝ラウンドへ!」 とはならず、龍見六段に撃沈させられ、ややテンションダウンしたまま迎えた最終戦。


++++++++
++++++++
++●●●+●+
++●●○○○+
+○●○○○++
+○○○○○++
+++●++++
++++++++

●こしあんのターン


第一感は●A4。単純にF3を狙いに行く一手なんですが・・・おお、どうせ狙うならこっちのほうがいいんジャマイカ!


++++++++
++++++++
++●●●+●+
++●●○○○+
+○●○○○++
+○●○○○++
++●●++++
++++++++

●C7


これで○E7に対しては●D8と、当ててとらせて満足をしている間に●F3で、おそらくはどっこいかやや優勢さえいけるのではないだろうか!














¨)・・・














対戦相手の石原三段が、(・∀・)ニヤニヤ してます。














ナンダコルアアアアアアアア('ロ')














返し忘れです (・∀・)ニヤニヤ


++++++++
++++++++
++●●●+●+
++●●○★○+
+○●○★○++
+○●★○○++
++●●++++
++++++++



いやああああああああああああああああああああああ!














ヽ    |-、      !/_,/゙ ヽ___  \\,
  `ー- ! , -\    _, -.!   ヽ   `ヽ \\_
    ゝ | , -''. ̄ ̄\ :::::ヽ   ヽ '、  |   .\\_
      /゛       \ :ヽ     ' 、 |  _, _、 \\_
     /  、       \l、         ! /  .!   \ \
   _,____,|,               |  \ ヽ    \_` . ‐-、
_,/                       !  .l─ヽ   .-/-  ● \
` ー 、      ``ヽ、             ヽ  !::::::.!  .ー \ .\ \.\
    `ヽ、  /-、   `'-、       ,_-‐‐'ヽ__|、::::::.!      `ヽ,\  \\
       \   ヽ、_       , ‐', -‐ ̄  .∥::::::ヽ       ー'   ''ー
        `‐‐-/:: ̄'''--、_  l :/゛       `ヽ,:::ヽ
             \ ::::::::\`ヽ|          \:|
               \ :::::::::`''ヽ--、    _,,.-‐ヽ !/
                 \_:::::::::::::::::.!  /'´::::::::::::::`_ .、 !ヽ 、
                   `'ー-、 ::| ./::::::::::, ‐'": : : :`'‐.! .|ヽ .!、 、``ヽ
                        !__|  ̄ / : : : : : : : : : :! .!iヽ !   /: :.!
                              !: : : : : : : : : : : .\.-、` ー'' /
                              !: : : : : : : : : : : : :/ `ー、 ゙̄ヽ
                    i: |      ヽ : : : : : : : : : : /`´    ̄'`
                    |: .!    , -─'ー-、______/
                    ヽ \,   ` ̄─ / l
                      ` ー-` ー‐‐/  /
                           /  ,/
                          / , /
                          ̄
こしあんは力尽きた!














かと思いきや、なにこの次善手フラグ('ロ')














++++++++
++++++++
++●●●+●+
+○○●●●●●
+○○○●○○+
+○○○○●●+
++○●○+●+
+○+●●●++

盤面進み次白番


ストナーまで決まってるしね。完全に互角に戻してたみたいなんですが、すでにメンタルをやられていた黒が、やっぱり負けてしまいました。こんな致命的な返し忘れをしたのはいつ以来なんだろうとか、妙に感慨深くなる一戦でした。これが本番でなくて本当によかった。



さて、話題をガラっと変えて、こんなサイトを見つけました。


http://koiritsu.jp/


恋率と書きます。独自のアルゴリズムによって、相手の返信メールから、その人に脈があるのかないのかを判断できてしまうというもの。おもしろそうなので、早速自分も携帯のメールボックスにある中からピックアップして調べてみました。














こしあんによる送信メール

++++++++
++++++++
++++++++
+++○●+++
+++●●●++
++++++++
++++++++
++++++++














それに対する受信メール


++++++++
++++++++
++++++++
++●●●+++
+++●●●++
++++++++
++++++++
++++++++



サンプルでやってみたのは、東大オセロサークルGOROよりウニさんです。これは自分が暇なときに、メールでオセロでもしようという例のテンプレをメッセで流したところ、即効でうにさんから


終了のお知らせ


と言わんばかりに返信されてきたメールです。そして恋率の下した脈アリレベルは・・・!














0! イマイチ














やばい、意外にも的確な回答をよこしてきた恋率。みなさんも是非遊んでみてください。
木曜2限、スポーツマーケティング論。スポーツと経営学を結びつけた学問で、スポンサーシップや球団経営などを主な議題とし、毎回多数の写真や動画を教材として用いられながら行われる。

本日の授業内容は、千葉ロッテマリーンズの球団経営について。様々なファンサービスを行って、集客力を飛躍的に伸ばしたプロ野球チームである・・・。














教授「ということで・・・」














教授「今日俺はロッテの交流戦見に行ってきます。」














教授「しかもエキサイトシート!フィールドの中から観られるあそこだよ!」














¨)ノ おー














教授「さらに、今日はみんなに朗報だ」














教授「実はエキサイトシートのチケットが一枚あるんだわ!」














行きたいやつは手を挙げろ('ロ')!













(゜Д゜)ノ














教授「はい、そこの君。決定。」














ということで、見事俺が選ばれたので(選ばれたっていうか、手あげたの俺だけだったわけで)千葉ロッテマリーンズの交流戦を見に行ってきました。














¨)ノ 先生、チケットください。














教授「向こう着いてからでいいだろう














一緒に行くんかい('ロ')!!!














なかなか無いですよ? 教授と二人で野球観戦とか。しかもまともに話したこともない、ごくふつうの授業の先生です。ゼミとかではなく。まぁただ、そんなことはいちいち気にしない性格な自分は、道中経営のなんたるかについて熱く議論しつつ、昼飯と夕飯を見事におごってもらいながら、心おきなくロッテを応援してきました。



080612_2129~02




選手が近いー。球場が広いー。オーロラリボン(TOSHIBA製)がすげー。


広島が近いー(´ヘ`;)ハァ。


自分ロッテファンですが、先生が広島ファンだからこの位置取りはもう仕方ない。諦めて広島ファン多数の中、ロッテを応援していました。やっぱりいいですね野球観戦。






あ、今日はオチとかはないです。
参加してきました。目標の4勝はナントカ達成できたのがすごく嬉しかったっす。2試合目3試合目の僅差負けで非常にメンタル逝ったんですが、その後なんとか3連勝と、気持ちを立て直すことができました。なんというメンタルゲー。

さて内容について。土曜の悲惨なオセロとは打って変わって、勝っても負けても満足のいくオセロができました。土曜は持ち時間を5分~10分は余らせていたのに対して、予選ではほとんどが残り時間10秒前後ということで、しっかり考えて打ててたんだなぁというのを目でも確認できました。せっかくあれだけ考えて打った試合なので、ひとつひとつ検討していきたいと思います。



1回戦:石原三段

今年晴れて二段から三段になったわけですが、この「上と下を当てる対戦方式」において、この一段の差は大きいなぁとつくづく思いました。唯一二段参加のでかなべさんは、後の予選通過者山田四段と対戦。一方の自分は、同ランクとの対戦。どちらが勝ちやすいかは言うまでもなくです。ほのかに予選通過の可能性を感じ、そのためにはまずこの初戦を制することが大きなリードになります。誰もが気合を入れる試合ですね。


++++++++
++++++++
++○○○+++
++○○○+++
+●●●○+++
+++●++++
++++++++
++++++++

●:石原(三段)
○:佐藤(三段) 白番


この日のために用意した定石ってのが、○D7だったわけですが・・・あまりの弱さに失神するかと思いました。という学習をしたので、今日はごくふつうに○E6で。今から思えば、土曜日にこの定石を試しといて本当によかったと思います。本番で「つかえねーw」とかなったらもうやる気もなにもあったもんじゃないですからね。


+++●+○++
+++○●●++
○○○○○○○+
○○●●●○++
○●●●●●++
○○●●●●++
++++++++
++++++++

黒番


なんだかんだここまで最善、今だに両者+0。別にお互い暗記していたわけじゃないんですけどね(相手はしてたんだろうか)。
ここの●最善は、ゼブラ先生いわく●H4と打ち、○H3●G4○H5と流して、●C1の手を作るのが良いそうで。確かにこのC1~F4のミニラインは黒何とかしたいところ。逆を言えば白としてはこのミニラインを通すのが一つの打ち筋になるのか。ここで石原三段は●G4と打ってきたので、その打ち筋を信じて○H4と打ち返しました。


+++●+○++
+++○●●++
○○○○○●○+
○○○○○○○○
○●●●●●++
○○●●●●++
++++++++
++++++++


黒は先のミニラインを切るために●C2と打ちますが、これで上辺は明らかに黒劣勢。次は右辺の処理が焦点になるのかなぁと。○G5、●G6となり、


+++●+○++
++●●●●++
○○●●○●○+
○○●○●○○○
○○○○○●○+
○○●●●●●+
++++++++
++++++++

白番


さてこの黒壁、どっから壊していけばいいのかなぁと。現状上辺に加えて左辺も白有利なので、C列に触るのは厳禁と判断。よってE7とF7で激しく迷いましたが、ここで視点を少し変え、どちらに打っても警戒すべきは●H3ではないかと思案。上辺○G1という好手を生かすなら右辺は白が取るべきであり、●H3○H2●H4○H5のウイングにされる可能性が考えられます。仮にそうなったとき、


○がE7にある
→●F7、●G7と、2手使ってウイングを攻撃できる

○がF7にある
→●がE7と打つ→G7に打つと黒一色になりウイングを攻撃でない
もしくは
→●がG7と打つ→○H8と打たれて連打筋。乙。


という筋書きを想定して○F7にしてみました。まぁ最終的には「やっぱり開放度っぽく考えてもF7じゃねw?」という、よくわからん1手読みで決めたわけなんですが。これが幸いしたのか、以降ほぼ一本道で白のウイニングロードまっしぐらでした。見た目は怪しいところもあったんですけどね。一応脳内で打ち切ってみて、見た目足りてるという判断が正しかったみたいです。よかったよかった。
  


2回戦:榎本六段

再び大量定石。もちろん今日のために研究してきた定石は完全封印してあるんで、フツーに打ちました。序盤かなりあやしくなったのですが、なんとか持ち直して以下の場面。これはみなさんも考えてみると面白いかもしれません。


++●●●●●+
++○○●●++
+●○●●●++
+○○○●●●+
○○○●●●++
○○+●●●++
++++++++
++++++++

●:榎本(六段)
○:佐藤(三段) 白番


ここで小考。C6には果たして黒が打つのか白が打つのか・・・と考えたところ、これはもう1手間に合わず黒に持っていかれると判断。焦点を別に当てて盤面を対処していく必要があると思いました。後の○G3●C6○H5を成立させるため、先に左辺を処理し切る必要があるわけですが・・・A2とA4、どっちに打ったらいいんだろうとうことで悩みました。さて、打つべきは○A2? ○A4?




実践では、○A4だと形が不安定なのと●A2という手が生まれそうで嫌だという感覚読みが非常にまずかったか。結局打った○A2が緩手で、せっかくのリードを戻してしまいました。○A2●B1○G3●C6○H5と想定通り進み・・・



+●●●●●●+
○+●○●●++
+○●○○○○+
+○●○●●○+
○○●●●●+○
○○●●●●++
++++++++
++++++++

黒番


まぁぶっちゃけ●B1の時点で「しまった」と思ってたわけなんですが・・・てっきりこれで●H3と打たせて白充分という判断がとても甘かったですね。ここは●A4と打つことで、●H3の手を好手に変えることができます。


+●●●●●●+
○+●○●●++
+●●○○○○+
●●●○●●○+
○●●●●●+○
○○●●●●++
++++++++
++++++++

白番


○A3と取ると、●H3で3の列が返らないわけで。次いで●h2とか打たれるともうね。ないね。ってことで、非常に困った事態になってしまいました。


ということで正解は○A4。比べてみると一目瞭然です。


++●●●●●+
++○○●●++
+○○●●●++
○○○○●●●+
○○○●●●++
○○+●●●++
++++++++
++++++++

○A4バージョン


以降先ほどと同様の手順を踏んだ場合、以下のような形になり・・・


+●●●●●●+
++●○●●++
+○●○○○○+
○○●○●●○+
○○●●●●+○
○○●●●●++
++++++++
++++++++

黒番


今度は3の列を真白にすることができず、黒はかなり厳しい状態になります。6手先の3列の状態をよく読めたかどうか・・・というのがこの進行を選べるかどうかのポイントですね。

さて、自分は間違えてしまったので、先の状態から再度出発です。


+●●●●●●+
○+●○●●++
○○○○○○○●
○●●○●●●+
○●●●●●+○
○○●●●●++
++++++++
++++++++

白番


●A2の余裕手を相手に、この局面を乗り切れるとは到底思えず。仕方なく右辺を処理しきるため、○H4●H6○G2●H1○H2●G5。


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●●●
○●●○●●●●
○●●●●●●●
○○●●●●+●
++++++++
++++++++

白番


やべ、足んなさそうwwwww

これどうすんねん・・・半分あきらめモードでした。どこから壁を壊しても良くならないわけで、とりあえず種でも残しとくかーと、色々考えた挙句最後はまたもや感覚打ちで○C7に。しかしこれが偶然にも一つの好機を生むことになりました。


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○○●○●●
○●○●○●●●
○○○○●●+●
++○+++++
++++++++

黒番


ここの黒の最善は●B2。このラインを最後まで守り切ることで快勝できるらしいです。個人的には●E7がすごく嫌だったのですが、ここで黒が打ってきたのは●D7。何やら怪しそうな雰囲気があります。


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○○●○●●
○●○●○●●●
○○●●●●+●
++○●++++
++++++++

白番


第一感は○E8●D8○C8と辺を取り・・・おそらくは●B8と来るのでそのまま○A8●A7○B7、●A1○B2となるのが一般的なの? とか思ってたんですが、それだと○B2の後黒はパスとなり、白の特権である偶数理論が使えなくなってしまいます。となれば唯一の頼みの綱である右辺は、○H7●H8という最も悲惨な形で終わらされてしまう危険が非常に高くなるわけで、この手順は却下するしかありません。

ということでここでさらに長考。うまく偶数理論を使うには、どうしても右下の空白を左下と同時に処理していく必要があります。かといって下手に手を出せば事態は悪化するばかり。最終的に●G8と打たれてH7H8をハイパー偶数にされるとどうにもならないので、とにかくそれを回避できるような状態を作らなければなりません。そこで思いついたのがこれ。


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○○●○●●
○○○●○●●●
○○○●●●+●
++●●++++
+●○○○+++

白番


ここまでは第一感と同手順。ここから一ひねり加えて


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○○●○●●
○○○●○●●●
○○○●●○+●
++●●++○+
+●○○○+++

○G7


これなら○A8を伺いながら、●G6~●G8に対しては○H8○H7という連打で対抗できます。2辺vs2辺で大変際どい勝負になるはずですが、雰囲気というか勢いというか、なんとなく勝てる気がしてきました。黒もこの雰囲気を悟ったのか、●B8までの即打ちから一転、長考に入りました。こちらの残り時間は既に1分を切っており、相手のこの長考の間にすべて読み切る必要があります。とはいえ難しすぎてとても読み切るには至れず、答えが出せないまま、やはりもう時間の残っていない黒の手がきてしまいました。


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○○●○●●
○○○●○●●●
○○○●●●+●
++●●+●○+
+●○○○+++

●F8


ここは○A8と打って偶数理論+右辺ゲットで事なきを得ることができます。せっかく勝勢に持ち込んだというのに・・・時間に追われた自分は、なぜか○G8という再び怪しい手を打ってしまいました。


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○○●○●●
○○○○○●●●
○○○●○●+●
++●●+○○+
+●○○○+○+

黒番


この手そのものがそこまで悪いわけではないと思います。相変わらず○A8も右辺も狙えていますからね。が、ことこの局面においてはそれが許されない手順が存在していました。●E7○A8、●A7○B7と進み・・・


+●●●●●●●
○+●●○○●○
○○○○●●○●
○●○●●○●●
○○●○●●●●
○○○●●●+●
●○○○○○○+
○○○○○+○+

黒番


完全に読み落としていた一手を打たれてしまいました。ここで黒の強手●B2!

+●●●●●●●
○●●●○○●○
○●●○●●○●
○●○●●○●●
○○●○●●●●
○○○●●●+●
●○○○○○○+
○○○○○+○+

白番


愕然としました。てっきり●A1○B2と進み、●にF8なりH8を打たせて偶数にしてやれば勝ちだと考えていたわけですが、この●B2で、○A1と打たされてF6を白くさせられ、黒がG6に打てるようになるのです。


○●●●●●●●
○○●●○○●○
○●○○●●○●
○●○○●○●●
○○●○○●●●
○○○●●●●●
●○○○○○○+
○○○○○+○+

●G6まで


右辺の爆弾を暴発させられての黒の連打で、結果は33-31で黒の勝ち。●F8以降すべて黒は即打ちという榎本六段の読みの深さに、ただただ感心するばかりでした。




長くなってしまったので、明日また続きを書きたいと思います。
今日は明日の調整ということで、流し運転で参加してきました。勝ちに行くというよりは定石の確認といったところでしょうか。一応明日のために用意した定石があったもので。運よく6戦中3回使うことができました。














全部敗勢 ヽ( ・∀・)ノウンコー














使うのやめるわ オワタ\(^o^)/














散々なものでした。まぁ「これは使えない」という確認がいろいろできたというだけでも参加した意味があるというもの。明日はとりあえず4勝を目標に、プレイオフでなんとか勝ち抜いていく方向で頑張っていきたいと思います。
以前話した某IHI系アルバイトの、人よりやや大きくてメガネとか汗とか付属品で付いてたりしてる、あの電話番号騒動の人が、今日も今日とて色々とやらかしてくれています。














まぁとりあえず、電話番号をコッソリ入れられた被害者が

3人に増えたということを

先にお伝えしておきますが。22歳では釣り合わないと思ったのか、29歳に手を出し、再び若いのに手をだしたとかどうとか。この行動力に一角の敬意を払うべきか真剣に悩み始めているこしあんですが、とにかく暴走しまくりなんです。あ、ちなみに



そいつの電話番号を横流ししてもらったんで



どうしても興味がある! という人には差し上げます。take free。




さて、その行動力は仕事にも向けられているのか・・・というと、それが意外なことに、かなり仕事には意欲的なんですね。むしろ自分の場合など「どうせアルバイトだしー。頑張っても給料かわんないしー。」と、半分サボタージュ状態。それでも頭は効率的に仕事を進められるよフルに使ってるんですけどね。そして一方電話番号野郎(以下テル男)はというと、仕事を求めて常に右往左往していたりします。














この右往左往が非常に邪魔だったりするわけなんですけども














まぁやる気があるのは良いことで。ということで、色々と仕事を与えてみました(上から目線)。














¨)ノ 「この封筒の中にある書類の番号を、封筒に記載してください」














テル男「はい、わかりました!!!」














そして自分は自分の仕事に戻ります。














¨)・・・














ビリビリビリビリビリビリ・・・














ビリビリビリビリビリビリ・・・














なんで番号メモれって言ってんのに、

紙をちぎる音が聞こえてくるんだろう('ロ')














¨)ノ あのう・・・番号書いてくれましたか???














テル男「ハイ、今書類をちぎっています。














ハイじゃねぇよハイじゃ('ロ')!!!














お願いした作業の2工程も3工程も先の仕事を勝手に始めるテル男さん。足並み揃えないと後でミスの温床になるんでやめてください。














テル男「でも、私は書類をちぎっているんです














もう何言ってるかわかんねぇよ('ロ')!!!














言葉のキャッチボールができないというか、

言葉のドッヂボール状態なわけで。

「もうわかりました。じゃあメモったあとちぎってくれて結構です」と、半ば投げやりに仕事を任せて再び自分の仕事に戻りました。

そしてメモ取りの仕事が終了し、今度は先ほどテル男がやっていた「封筒に入っていた書類をちぎる→(次工程)ちぎった書類を番号順にならべる→封筒に戻す」という作業です。














¨)ノ 「ではみなさん、『ちぎる→ならべなおす』の作業をやりましょう」














一同「はーい」














なし崩し的にまとめ役をやっていたりします(最年少なのに)。














¨)・・・














¨)・・














¨)














部屋は静かなもので、ビリビリと書類をちぎる音と、それを並べるペラッペラッっという音だけが響き渡ります。100枚はあろうかという書類の束を番号順に並び変えるにはそれなりの労力と時間がいるわけで、みんな苦戦しているようです。














¨)・・・














なのに、どうして

テル男だけやたら作業が進んでいるのか














¨)ノ あのう・・・














テル男「はい」














ちゃんとちぎった後、並べてますよね???














テル男「はい。並べます! 」














¨)














え?














自分は日本人なんでね。あんまり時制とかそういうのにはうるさくないですよ? でもね? やったかやってないかで聞いた時に「やります」っていう返しは英語に限らず日本語であってもおかしいとおもうわけですよ。そのままの意味で英語ちっくに受け取るなら「やっていない。これからやります」という意味です。














¨)ノ 「並べたんですか並べてないんですか?」














テル男「はい。並べます。」














もうね、聞いた俺が悪かったよ(´ヘ`;)ハァ。














結局どっちなのかは問答の末わからず。のちにもう一度チェックしなければならないという無駄足を踏まされました。なんというかこう、


やる気のない○鹿


っていうのは扱いやすいんですよ。ほっとけばいいんで。それよりもこういう


やる気のある馬○


の扱いが非常に難しい。仕事を欲しがる割にできない。ミスをするから仕事が余計に増える。本人に悪気もなくまた別に悪いことをしているわけではないというのが余計にダルかったりするわけで。毎日苦労が絶えません。














と言いながらも、














他のアルバイトの人たちの頑張りようがなかなかのもので














予定では来週までの契約だったんですが














仕事がなくなったんで、今週にて

全員解雇されました ヽ( ・∀・)ノウンコー














× 頑張っても給料変わんないしー。
○ 頑張ると給料減るしー。
某でかなべ系二段がブログに書いていましたね。






品川クーリエ会員ヽ( ・∀・)ノ





SOSの定期購読を申し込むとなれるみたいで、その特典をざっとまとめると

http://www.othello.org/special/courrier.html

1.送料無料
2.成績閲覧可能
3.専用掲示板
4.専用ネット対戦(未定?)


ってことらしいです。まぁなんでこれをおれが取り上げたかって、単純な話、














めっちゃ会員になりたいんですよ!!!!!!!














特に2番目の「成績閲覧」がすごく魅力的です。まぁこれは品川の大会に出てないとほとんど価値のないものなんですが・・・月平均3~4で品川に足を運んでいる自分としては、そこに膨大なデータが眠っているわけです。以前は「対戦段位成績、月間・年間成績」を個人的に算出していましたが、このクーリエ会員になると以上のデータに加えて、「対人戦績、連続○○大会記録」などなど、自分じゃ気づきもしなかったような詳細なデータを閲覧することができるんです

ちなみに自分が以前のように月間成績を出さなくなった理由ってのは、すげーめんどくさくなったから勝率60%から上下しないということがわかったからなわけで、データを集めて解析する必要がなくなったというのが正直なところなんです。

ここからさらなる高みを目指すなら、今以上のデータを集める必要があるわけで、そのためにもクーリエ会員になることで得られる情報価値は想像以上なんじゃないかと思ってます。
例えば対人成績。「あー、この人にこんなに負け越してるじゃないかー。テヘッ」で終わらせるのではなく、そこから


1.その相手の持ち定石は何か
2.どのような棋風の持ち主か
3.過去の棋譜を見直し、どのような負け方をしているのか


を研究していくことで、「その人」との勝率を上げるだけでなく、自分の足りない部分が見える→克服することで他の人との対戦において、逆に強みに変えていけるわけです。情報をただ見るのではなく、そこから意味を汲み取ることで棋力向上につなげることができるのです。ね?すごいでしょう?














じゃあそれだけ価値のあるクーリエ会員に、なぜ「会員になりたい」であって、現状「会員ではない」のか。これにも理由がちゃんとあります。














オセロジャパンポイントカードが使えないから!














これすごい納得いかないんですよね。ポイントカード(以下PC)は1枚につき500円相当の価値があり、SOS1冊と交換することができるわけです。つまりこれを6枚集めれば、SOS6ヶ月分の価値に相当するわけで、その6枚(もしくは数枚+キャッシュによる補填)でクーリエ会員になることに何の問題もないのでは? と思うわけですよ。PCをためるのにしっかりと棋譜を提出しているわけで、そのおかげで(少々おこがましい言い方ですが)SOSが出来上がっているわけです(もちろん見る価値のない棋譜までカウントしていただいていもらっているわけですが)。そうして苦労して集めたPCが、クーリエ会員になるうえではこの上なく可燃ゴミと化してしまう、この状況がどうにも自分がクーリエ会員になるうえで

デメリット>メリット

という状況を生み出しているわけです。送料に現金が絡むからという理由なら、送料は現金負担とかでも全く問題ないんで、なんとか一考してもらえないんでしょうかね、管理人さん・・・!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。