IT企業に勤める、オセロ四段、競馬ど素人のこしあんブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近暑いっすね・・・まぁ夏なんで当然なんでしょうけども、冷暖房のない自分の部屋にいると、季節の移り変わりがそのまま室温になって伝わってきます。なんて風流なんだ俺の部屋は(力涙)!

さて今日で7月も終わりです。ついさっき今日までが期限のレポート課題を提出し終え、本格的に夏休みが始まりました。8月の予定は・・・ってほとんど何もないんですけどね。とりあえず目の前には

オセロ合宿

というわかりやすいものがあったりするので、合宿に行って力をつけるぞー! というよりも、合宿に向けての準備はどうしようかな(もちろんオセロ的に)とか考えています。



さてそのオセロ合宿の前哨戦ともいえる、天王洲SP5回戦、榎本六段との試合から一ネタ。


+++●++++
++●●++++
●●○●○+●+
●○●●●○○+
●●●●●●○●
●●●●●●●●
++○●●○+●
+○○●+●++

●:榎本(六段)
○:佐藤(三段) 白番


縦取りからこんな局面になりました。既に詰まれてます(?)。髭男爵風にいうなら


「打つとこ無いやないかーい (・∀・)ノ ヽ( ・∀・) (カーン)」


って感じなんですが・・・。あれもダメこれもダメそれもダメ・・・冗談抜きで打つところがねぇ! くっそー、こうなったら・・・!














¨)ノ 「無謀なことしていいっすか!」














榎本六段「え、☆とかですか?」














+++●++++
++●●++++
●●○●○+●+
●○●●●○○+
●●●●●●○●
●●●●●●●●
++○●●○☆●
+○○●+●++

ほし


そうそう、☆っす。困ったらなんちゃらとは良く言ったもので、この場合消去法で(?)☆打ちしかないと思うんだ! じゃあ打ちますね!














+++●++++
++●●++☆+
●●○●○+○+
●○●●●○○+
●●●●●●○●
●●●●●●●●
++○●●○+●
+○○●+●++

G2に☆打ち


呆れかえる榎本六段。意図がわからないwww と長考を始めるのですが、もちろん意図なんかねーわけで。無いものを探しても見つからないですから、当然時間だけが過ぎていきます。その結果なんと


この手が勝着


といっていいんじゃないかというくらい時間を使ってもらい、こっから勝ててしまうんだからオセロはメンタルゲー。2回戦も中島八段が雑な読み? で自滅するなど、座して待っていたら勝ってしまったという局が多かった一日でした。
スポンサーサイト
まず最初に・・・





わし四段優勝おめでたう ヽ( ・∀・)ノ!





決勝 飯島四段vsジャンプ四段 なんて話をメールで知って、「なにこの品川シーサイドOPwww」とか思いながら会場到着。いい感じにこれから決勝戦ということで、横でじっくりと見せてもらってました。いやーあの☆打ちはすごかった! 思わず声がでそうになってしまいましたね。「これで勝ったらマジ歴史に残る棋譜になるんじゃないか('ロ')」とか思いながら見てました。まぁどっちを応援してたかっていうと、これはもう正直どっちにも勝ってほしく、でも若干ジャンプが勝つと賭けに負けて1000え・・・純粋に試合に見入ってました。盤面はやや白かなぁと思いつつ、でも空気というかなんというか、勢いはワシ四段にあったように感じてます。実際時間がそれを物語っていた節もありましたね。当の本人様のブログでも「勢い」のような記述が多々ありましたが・・・でも実際のところ、きっとそれだけじゃないんだと思います。もちろん勢いも大切ですけど、やっぱり事前の努力というんでしょうか。目に見えるだけじゃない勢いもきっともっていたんだと思います。本当は会場で挨拶したかったんですけど、なんか常に囲まれてたんで声をかけられずにいてすんませんでした(´ヘ`;)。

・・・なんて長くなってしまいましたが、ほんとうにおめでとうございますっ。




そしてジャンプもお疲れ様でした! なんだかんだ六段ゲットってすごいですよね。まだオセロ初めて3年? かそこらで全日本2位。安定性も抜群で、彼はきっと近い将来世界に出ていくことでしょう。優勝できなくて惜しかった! 残念かもしらんがそれでも大した成績を残したわけですからね。胸をはってこれからもがんばってもらいたい! おめでとう!














追記

二人の激闘を見ていた会長が、試合直後に注目していたのが、盤面でも二人の感想でもなく、


残り時間


だったことに、一人コッソリうけてました。
さて、今週は金曜土曜と、ひたすら麻雀を打ち続ける、マージャンデイズな日々でした。正統なるオセロブログを目指しているわけではないんで、ここんとこオセロネタに乏しい日記ばかり書いてますが、別に大丈夫でしょう。






~金曜日~

この日は人生初のフリー麻雀をやってきました。大学の授業間に空白が生まれたので、友人と2人で


「フリーで打ってみようか!」


という話になり、軽く二時間ほど打ってきました。卓に座った4人はそれぞれ・・・


・こしあん
・の友人
・知らない明大生
・知らないヤンキー風あんちゃん


こしあん&友人が、ややヤンキー風にいちゃんにビビり気味。つか自分の場合はもう初フリーという緊張で、ビビるどころですらなかったわけですが。

さてハンチャンスタート。ガチガチに緊張したこしあん、こなれた友人。実力が分からない明大生。ノリノリのヤンキー風。フリーは基本私語禁止(あまり好かれない)ため、静かな麻雀が続いていきます・・・。














¨)・・・














¨)ノ ろん!














こしあんが軽快なスタート。親リーチにもカンとかしちゃうくらい暴れてます。ヤンキー風が「それはないよwww」的に笑ってますが問題ありません。あいかわらず友人はポーカーフェイスで、なにがどうなってんのか読めません。














・・・














・・





























ヤンキー風「しかしなぁ・・・」














ヤンキー風 「 こ し あ ん も 麻雀やるのかぁ」














¨)・・・














え('ロ')?














いま、この人、こしあんって呼んだ?














なんのことはない。ヤンキー風のあんちゃんは、浪人時代の知り合いだったわけで。「え、何でこんな人と知り合いなんだよ」的な目で友人がこちらを見てますがそんなものは関係ありません。いい人なんです。でもあまりにも昔の話(4年ぶりに再開?)の知り合いだったので、すっかり忘れていました。

そんなサプライズもありながら、初フリー麻雀終了。1着3着と、まずまずの結果でした。














~土曜日~

りんかいCCの出場権がなく、暇を持て余していました。というわけで必然的に(?)麻雀やってきたわけです。金曜とおなじ雀荘で、今日は明大生麻雀仲間4人でのセット麻雀。














¨)・・・














¨)・・














(´ヘ`;)ハァ














打てども打てども勝てず。テンパっては振り込み、リーチをすれば他家に先にあがられ、逃げればツモられ、自分の親の前に他家が飛び・・・短いながらも、麻雀人生初の-3ケタを経験。これほどまでに勝てない麻雀があったのか! もう二度と麻雀なんかやんねぇ! というトラウマになりかねない日でした。振り返って考えてみても、敗因が思い当たらないのがなんとも無意味な損失だったなと。














意気消沈し、帰宅。夕飯を食べていたところ、妹にこんな質問をされました。














妹「今着てるそのTシャツに書いてある英語、なんて意味?」














なんとなく色合いで購入したので、書いてある内容までは気にしていませんでした。首を曲げ、一文字一文字読んでいきます。














斜自体なので、読みにくかったのですが














S・・・T・・・・・・U・・・・P・・・・・・・・














『Stupid』














敗因はこれか('ロ')
http://www.nenshu.jp/code/9046.htm


神戸鉄道もすごいことに。これをみつけたマイミクの人に、表彰状とかあげたいっすね。
http://www.nenshu.jp/list/r0001a.htm




ワタミの年収にワラタwwwwwwww
080707_1941~01




大した話ではないんですが。ここ最近やたらと「四隅がひとつも埋まらなかったオセロを見たんだよ!」「めずらしくね!? ね!?」と騒ぐ微弱さんがいたので、都合よくネットでその場面に出くわしついつい写メールとかとってしまいました。よくあること・・・ではないけど、起こるか起らないかでいったら


ボスコフと同頻度程度


には起こる現象なんじゃないでしょうか。ちなみに自分のボスコフ経験は


1.やっちまった回数:1回
2.やってくれた回数:3回


計2回。隅埋まらずオセロを見たことが2~3回。近いものがあると思います。














どうでもいい話ついでに、自分の勝手な経験上の

・オセロいろんなことが起きたよ順位

とか考えてみました。その中での4隅空き順位ってこんなかんじ?




1位:ウイング攻め(攻められ)の☆打ち

2位:ブロック&ブロックの☆攻め(攻められ)

3位:ストナー牽制(発動せず)

4位:ピュア山にされて☆打てないアボーン

5位:爆弾暴発アボーン

6位:ストナー狙ったら種消されて狙えなくなったアボーン



            ・
            ・
            ・



x位:ボスコフ見たよヽ( ・∀・)ノウンコー

y位:四隅空いちゃったよヽ( ・∀・)ノウンコー



            ・
            ・
            ・














z位:60手目針落ちアボーンヽ( ・∀・)ノウンコー
どうもー。麻雀をしたら筋肉痛になりました、こしあんです。これといった目標もなく品川シーサイドに参加したわけですが、1回戦で辛くも渡辺三段に勝利すると、石数の関係から2回戦は村上九段と当たりました。予想外の強敵にあたふたしながらも、残り5試合分すべての力を費やしてでも「勝ってやるぞ(゜Д゜)!」という気持ちで特攻開始!



2回戦:村上九段

++++++++
+++○++++
++○○++++
+●●○●+++
++●○○+++
+++●++++
++++++++
++++++++

●:村上(九段)
○:佐藤(三段) 白番


村上九段とよくなる展開。ここから自分はいつも○B3と打っていたのですが、どうも裏蝙蝠系(どこから裏蝙蝠なのかは知りませんが)だと白が不利なんじゃないか。と最近思うようになってきたので、かわりに最近始めた○C6に打ってみました。九段に対してNO BOOKで挑むのがこしあん流('ロ')!


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
++○○○○++
++○●++++
++++++++
++++++++

黒番


とはいいつつ、一応最善の1通りくらいは知ってましたけども。ここは確か●B6が最善d・・・と思ってたら、●F6と打たれました。


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
++○○○●++
++○●+●++
++++++++
++++++++

白番


完全にNO BOOK突入。第一感は●B5を防ぐ、○G6だったのですが、それはどうにも「あまりに普通すぎる」と却下。別に拗ねてるわけじゃないんでしけど、おそらくその先まで知られているだろうという勝手読みで、なんとかここらで外し返せないだろうかと。

そんな流れで、第二感はD6の黒を消す3マスのどれか。ただ○E5は明らかに●B5で不利になるので却下。○D7 or ○E7で迷いました。諸々考えた結果○D7をチョイス。


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
++○○○●++
++○○+●++
+++○++++
++++++++

黒番


ここは大方予想通り●B5。


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
+●●●●●++
++○○+●++
+++○++++
++++++++

白番


当初○E6を保存する、○B6で充分だと思っていたのですが、それに対しての●F3がどうにも強烈に見えて却下。○B6●F3○E6となると、続く●E7と打たれることで黒はE3をゲット。対する白はめぼしい好手が見当たりません。ということで強引に(?)○E6と打ちました。●E3○F3となり、


++++++++
+++○++++
++○○○○++
+●○●○●++
+●●○○●++
++○○○●++
+++○++++
++++++++

黒番


この時点で黒番! 白有利('ロ')! とか思ってたんですけど、いやはや驚きの(?)一手が!


++++++++
+++○++++
++○○○○++
+●○●○●++
+●●●○●++
++○●○●++
+++●++++
+++●++++

●D8


きた! 単独B打ちに悪手なし(本物バージョン('ロ')!)

いやべつに「悪手なし!」は俺が勝手に付け加えただけのものなんですけども。予想外の一手に少々ピヨりながらも、ここは○B6と様子見の一手。●B3と返され


++++++++
+++○++++
+●○○○○++
+●●○○●++
+●○●○●++
+○○●○●++
+++●++++
+++●++++

白番


ちっとも有利じゃなかったお(´ヘ`;)。下辺のさばき方が非常に難しく、結構な時間を使ってしまいました。左辺に白から手をつけたくない。●E7と打たれる手順があっては困る。といった考えから、結局ここは○E7と打ち、●C7と打たれたので○A4、●A6○A3としました。


++++++++
+++○++++
○○○○○○++
○○○○○●++
+●●●●●++
●●●●○●++
++●●○+++
+++●++++

黒番


種作りとライン通しあたりが目的か、というかただの手筋的なものか。●C2と打たれました。●C2に対してはかねてから用意していた○G6で対応。


++++++++
++●○++++
○○●●○○++
○○●○●●++
+●●●●●++
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


これで●A5と打ち、白にウイングを作らせてくるのかと思いきや、●D1と予想外の一手。余裕手として残しておく作戦のようです。この左辺はどう頑張っても●A5○A7の流れは回避できないため、せめてラインが通っているうちに自分も手得(?)させてもらおうと○G5。


+++●++++
++●●++++
○○●●○○++
○○●○●○++
+●●●●●○+
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


●A5○A7の交換を入れてくると思っていたところ、村上九段「単純なミスをした」というように、自分が言うのもなんですが、村上九段らしからぬミスで●G4と打ってきました。G5が種石の役割も兼ねていたのを見落としてしまったか。これはラッキー! と、すかさず○A5。


+++●++++
++●●++++
○○●●○○++
○○●○●●●+
○○○○○○○+
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


仕方なく●A2と取りますが、これで盤面は明確に白有利になりました。○E2。


+++●++++
●+●●○+++
●●●○○○++
●○○○●●●+
●○○○○○○+
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


1手のミスでゲームが傾いてしまうのがオセロ。これは当然自分にも言えるわけで、ここで有利になったからといって安心するつもりは微塵もなく、終局に向けてどんな形にするべきか考えながら、慎重に打ち進めていきました。●H5ときたので、○H6●H7と辺を取らせて・・・


+++●++++
●+●●○+++
●●●○○○++
●○○○●○●+
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

白番


ダイレクトに○E1でも充分だろうと思ったのですが、何か明確な意図のようなものがなければマズい! と思い、ここで○H4●H3の交換を入れ、○E1●F1○C1●B1○と進め・・・


+●●●●●++
●+●○●+++
●●○●○○+●
●○●○●○●●
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

白番


どちらのウイングを攻めるべきか非常に悩みました。結局のところどちらもそれなりだと判断し、なるべく簡明に終われないか・・・という流れに。種を消してくるオセロの脅威は何度となく味わっているので、ここはB8~H2のCライン通しがいずれ重荷になりかねない! というのと、黒から手をつけられるのは右下であり、右下から処理をしなければ何か黒の手順が生まれかねない! といった事情から○F2と打ち、右辺を攻めることにしました。


+●●●●●●+
●+●○○○○+
●●○●●○+●
●○●●●○●●
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

●G1○G2


●G2と打たれたら、どっからどう種を作ればいいのか非常に悩ましかったのですが、ここで●H1と打ってきました。特に考えることもなく○H2●G3。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●●
●○●●●●●●
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

白番


とりあえず○H8と取るしかないわけですが・・・どうにもキナ臭いブラックライン。うまく通されたうえでの●A7と打たれると、せっかくの偶数が使えなくなってしまいます。なにか有効な対策はないものか・・・でもやっぱりここは○H8以外考えられないし、とりあえず打ってから考えよう!


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●○○●○
++●●○++○
+++●+++○

黒番


●G7に。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●○●●○
++●●○+●○
+++●+++○

白番


本当にただやすっとけばいいんだろうか? 妙に確定石っぽいものが増えてて非常につらい気も。未だブラックラインに対する有効打が見えないので、非常に恐怖でした。でもやっぱりヤスる以外考えられないので、○G8。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●○●○○
++●●○+○○
+++●++○○

黒番


●F8。白に選択肢が出てきました。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●●●○○
++●●●●○○
+++●++○○

白番


とはいえ、これはもうどう打ったって白勝ちなんですが。ただ残り時間が少なく、どれか一通りだけでも数える時間すらなく、確実に偶数にできそうな手! それにななめとれる! ということで、○C8とか打ってしまいました。また妙な手を・・・と打ちながら自分でも落胆。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○○●●●○○
●●○●●○○○
●●○●○●○○
++○○●●○○
++○●++○○

黒番


ライン通し。●B7。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○○●●●○○
●●○●●○○○
●●●●○●○○
+●●●●●○○
++○●++○○

白番


ななめ更に返って満足! というのは○C8時点での構想。ラインを通されてヒヤっとする場面ですが、○B8でB5に種ができるため、続く○E8でしっかりラインが切れ、59手目●B2、60手目○A1が確定。無事勝つことができm・・・


+●●●●●●●
●●●○○●●○
●●●●●●○○
●○○●●○○○
●○●●○○○○
●●○●○●○○
●○●○●●○○
○○○○○●○○

最終手、白番














残り時間2秒 ヽ( ・∀・)ノウンコー














勝つことができm・・・ませんでした(´ヘ`;)ハァ。














たぶん生まれて初めての「勝ち局面での針落ち負け」だったと思います。なにもこの大事な一戦でやらなくても・・・。なんというか、どうでもいいというか何でもない手に対しても、「相手が九段だから!」という理由で立ち止まってしまうんですよね。時間の使い方が下手すぎました。あと1手、というかあと4石が返せずの60手目敗着。幻の1勝となってしまいました。これも器の違いか・・・。














これからは、


2秒で9石返せるように


練習していきたいと思います('ロ')!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。