IT企業に勤める、オセロ四段、競馬ど素人のこしあんブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんていう記事を書こうとした矢先、一本の電話が。家電だったため、まず俺に用はないだろうという予測は容易にたつわけなんですが、さりとて自分以外家にいないんだから出るしかないわけで。














¨)ノ 「はい」














電話「・・・お忙しい中すみません、今回お電話させていただいたのは・・・」














¨)「はい・・・」














電話「化粧品のご案内をさせていただくつもりでし














¨)「はい・・・」














電話「お忙しい中失礼したしまし














¨)「はぁ・・・」














電話「・・・」
¨)「・・・」














『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』














電話「どうぞお切りください














なんでやねん\(^o^)/ !!!














電話で売りつけてくる商品、業者に優良なものはほとんどないと勝手に思っているんですが、なるほどこういう丁寧な業者もいるんですね。まぁこれも戦略のうちなんでしょうけども・・・。




さて本文。世界戦やらレートやらで、すっかり隅に追いやられた存在になってしまっていましたが、先週の土曜~月曜と文化祭がありました。まぁ以前の活動記録もブログに載せてあるので、興味がある人は過去のこの時期のブログをあさってみるといいと思います。シャバの空気はうめーぜ! みたいな客は今年は来ることもなく、また大量の有段者が荒らしに来ることもなく、全体的に平和な文化祭だったと思います。

で、実はというかわかりきっていることなんですが、自分にとってはこれが最後の文化祭です。まぁ社会人になっても遊びに来ることはできるんでしょうが・・・催しを出す側としてはこれきりなわけですね。最後の文化祭として大いに楽しむべく、昼休みに近くの教室でマイコンクラブがだしていた



ペーパークラフト初音ミク



を黙々と仕上げてたりしました。すごくかわいいのが出来上がったというのに、某コバケー初段は一言



「こんなもの作ってたの!?」



と、人手が足りなかったことについて怒ってました。














こんなにかわいいのに!














どうもすみませんでした。でも反省はしない。

で、オセロばっかりやっててもつまらないので(!?)、オセロの傍ら、「スクラブル」というゲームをやってました。詳しく知りたい人はググってくださいとしか言いようがないんですが、簡単に説明すると、



もじぴったんの英語バージョン



みたいなもんですかね。ランダムで配られるアルファベットを使って、盤上に英単語を作ります。次のプレイヤーは、盤上にある英単語にくっつける形で、別の英単語を作っていきます。点数計算は省略しますが、なるべく多くのアルファベットを使った、また難しいアルファベット(QとかXとか)を使うことで高得点を狙っていきます。

と、これだけの説明でも、



「勝つための最重要要素」



が何であるのかはすぐわかりますよね。そう、すべての基本となる、英単語の知識量がものをいうゲームなんです。当然 vs東大生 の構図では勝てるわけもなく・・・幾度となく(というか幾度もやってないんですが)敗北を喫していました。
さてこのゲーム、発祥の地がどこなのかは知りませんが、当然日本人より英語を母国語としている連中のほうが強いんだろうな、なんていう予想は前々からしていました。でも実際外人とスクラブルで勝負するなんていうシチュエーション、なかなかあるもんじゃないですかr・・・














外人イター!














さすが文化祭。外人さんも遊びに来てます。しかも我々が話しかけるよりも前に、「スクラブルやってんのかーい」みたいなことを言ったんだかなんなんだか、向こうからアプローチしてきたではありませんか。顔を真っ赤にして「いやいやカンベンしてくださいよw」みたいな態度をとる外人を、半ば強制的に参加させることにしました。さっそく卓を作って、東大生2名(勝負を挑む役)と明大生1名(やられ役)で、どっから来たのかもわからないような外人に勝負を挑むことになりました!














先攻は、これはある意味必然なのか! 明大生からスタートです! 中央に何でもいいので手牌から英単語を作って配置します!














¨)「・・・」














これだ!!!!!!!!!!














¨)ノ 「Do!」














外人大爆笑っていう!














「ああまぁ確かにそれも英語だよねw」みたいなことなんでしょうね。考えてみれば、日本人からすれば「Do」ってのは基本中の基本英語なんですが、向こうの人からすれば、いわゆる「する」という言葉に見えるわけで・・・いや、それ日本語ですけどねw? みたいに感じたんでしょう。で、あっさり次の東大生に、DoからDoorと発展させられて高得点を奪われてしまいました。「おいしっかりしてくれよw」と外人は愚痴りながらも、いきなり「resign」と長い英単語を作ってくる、トリッキーなプレイ。流石です。

して東大生を挟み再び明大生の番。もちろん、順番がくるまでにしっかりと考えていましたよ!














¨)・・・














¨)ノ 「in!」














外人だいばくsh・・・














日本語で言えば「で」とか「の」みたいなもんですかね。完全にツボに入ったのか、顔を真っ赤にして笑っていました。笑いは万国共通ということですかね! 














外人「辞書使うかw?」














「必要ない('ロ')!」














ま、そんなこんなで1時間ほど楽しみ、やっぱり外人がダントツの1位でフィニッシュ。知らない単語をどんどん出してくるので、「ええ、これ何だよwww」とか何度も思うわけなんですが、でも日本人が英語圏の人間に対して、「その英語はないんじゃないのw?」なんていうお門違いな質問もできるわけもなく。 いあ、実際辞書で引いてみてる人いわく、ちゃんとある単語ということなんでいいんですけどね。学生生活最後の文化祭は、異文化交流もあったとても楽しいものになりました。



最後に、遊びに来てくれた有段者の方々、ありがとうございました! 特に○弱さんカンパ金ありがとうございます! またブログを見てないとは思いますが、遊びに来てくださった一般の方々も、どうもありがとうございました。我々としても、驚いてくれたり自信満々に挑んできてくれたりと、知らない人とオセロをするというのは非常に楽しいことです。自分は今年で卒業ですが、是非来年も遊びに来ていただけると幸いです。














さて、同じ理由ですっかり滞ってたアメリカ旅行の続きはどうしたらいいんだろう('ロ')?
スポンサーサイト
 さてその前に、たくさんのコメントありがとうございました。一人ひとりにお返事をと考えていたんですが、それぞれがそれぞれの意見を語っていただいているので、自分が何か付け加えるのも無粋かなと思ったため、控えさせていただきます。まぁ意思表示の場として使っていただけたことにも大変感謝しています。みんなでつくろうこしあんブログ('ロ')。



 ・・・ということで(?)、掲示板に書いたとおり、これ以上は連盟の判断を仰ぐしか現段階で何とも言えないですよねと思ったので、しばらくこの件に関しては保留にしたいと思います。レートの存続うんぬんに関しては、もうすでに自分の思うところは充分書いたつもりなので、これまたこれ以上言及することもないかなと。読んでる人で「一言いいたい!」と思ったとしたら、どうぞ遠慮なくレスりまくってください。まぁ今回のぷち騒動? で得た教訓というか感じたことは、「自分は周りの人たちに恵まれてたな」ということですかね。馬鹿にされたことないですし。無知でよかったなと。・・・いや、あるのかもしれないけど自分では気づいてないという可能性を考えれば、単なる頭の中が幸せクンなだけなのかもしれませんが。



で、こんな辛気臭い話題ですっかり忘れて(?)ましたが、明日からですよね、世界戦。自分は海外プレイヤーのことはよく分からないので、誰が勝つかトトカルチョをやりたくっても予想が立てられない状態です。誰か一人ひとり、海外プレイヤーの情報とか書いてくれる人いないんですかね? 年に一度のイベントなので、決勝戦とかまたリアルタイムで見たいものです。でも向こうとの時差って何時間なんだろう。


最後に告知。今週の土曜~月曜の3日間、駒場にある東大で文化祭があります。例年通りフリー対局くらいしかないんですが、暇な人はぜひ遊びに来てくださいね。
 巷で大変話題になっているこのネタ、自分がある種着火点になってしまった? とか思わなくもないんですが、各方面で議論されることは決して無意味ではないと思っているので、その点で言えば水面に小石を投げ込んだ形になったのかな? 波紋が広がって、ある一定の解が出されることを期待してます。



ちなみに詳細はオセジャからとべる掲示板にあるので、興味のある人はチェックしてみてください。



 で、いきなりですが個人的見解。まぁ掲示板のほうでも示唆している通り、自分は開示に賛成しています。まぁ開示するべきである! なんていう強い姿勢を取るつもりもないんですけどね。純粋に面白いじゃないですか。特に自分なんて大会参加数が半端ないので、そのデータも豊富になってきます。思い出の写真、というほどではないですが、今まで自分がどんな道のりでオセロをしてきたのか、その過程が戦歴であり各種データで、現在位置がレートなわけで、それを日本という広い広い枠の中で照らし合わせることができる・・・こんな面白いこともなかなかないんじゃない? と思うわけです。オセロを楽しむ目的・理由は様々ですが、やっぱり「勝ってうれしい」「ここまでこれた」という達成感は外せないもののひとつだと思います。

 なぜこれがいけないことなのか。掲示板では捉えようによっては「悪である」ともとれる書きこみも見受けられました。非常に残念なことだと思います。事実、連盟の公式レートが更新されると、多くのオセラーが興味深げに閲覧し、ブログでネタとして書いています。「人の嫌がることはしてはいけない」という意見も最もだと思うのですが、レーティングというのは同時に多くの人の楽しみの一つなんじゃないかなと思うわけです。自我の欲求、自己実現の欲求とも言うみたいですが、他者より秀でることができたという喜びを味わってはいけない理由はどこにもないはずです。

 それを一個人の勝手な「私はいやだから」などという理由で、存在を曲げられてしまうことが非常に残念でなりません。もちろん自分が良い成績をとったからといって、他人を馬鹿にするような発言は断じてするべきではありません。が、レート公表と他人への侮蔑は必ずしも同じ土俵で考えることではないように思えます。犯罪で使われる包丁を作るメーカーは悪ですか? 包丁なんてものがあるから、犯罪は起こるのでしょうか。そうじゃないですよね? 包丁を使う人のモラルに依るわけです。

 


 ・・・なんてのが個人的な見解です。まぁあえて俺があーだこーだ言う必要性はみじんもないんですけどね。せっかくいわたさんが好意で作ってくれたレーティングシステムが批難されていることに、どうしても一言いいたくなってしまったというだけの話です。まぁ話の流れの一部では解決の糸口もみえつつあるようなないような、そんな感じなので、黙って見守っていればそのうち解決しそうな気もするんですが。でもなんか早速他人のレートが見られなくなってたみたいで、それが残念だなぁと思ったので、あえてブログで書きました。


さて、見てないかもしれませんが私信を少々。私は別に一言も「大会に出るな」なんて言った覚えはありません。どうしてもレート開示されたくない! というのであれば、上記のとおりレート開示をとりやめるべき理由が見当たらないという一個人の見解のもと、何かしらの対応策を考えるとすれば、実力を上げるか、それとも大会に出ないことくらいしかないんじゃないですか? という提案をしただけです。別に私にとっては、誰が大会に出ようが出まいが関係のない話なので、出るなとも出てくれとも言いません。無論ことを構えるつもりもありません。他の方同様、一個人としての意見を述べさせてもらっただけです。
++++++++
++++++++
++++++++
+++○●+++
+++●○+++
++++++++
++++++++
++++++++


そろそろブログのテンプレートを変えてみようかな、とか思い始めた今日この頃です。いままでずっと2chプレートだったんですが、なんというか自己紹介部分の情報を増やしすぎたためか、肝心の記事までの距離がだいぶ増えてしまったように感じています。というわけでオセロの盤が見やすいかどうかのプレビュー実験のため、こんな無意味な記事をうpさせてしまったことに対して申し訳。つーか最近オセロネタが少なくって、プレビューでオセロ盤を見ようと思っても載せてないからわからないという。なんというオセロブログか。
書くぞ書くぞと言いながらすっかり間が空いてしまいました、アメリカ旅行。徹夜麻雀やら流山OPやらですっかり時間をくってしまいましたが、ぼちぼち書いていこうかと思います。まぁ流山OPに関しては、




優勝した! ・・・という夢を見たんだ。




程度のことだと思ってます。最終戦で村上九段に勝てていれば(一時期+20までいきながら・・・)また違った感慨もわくというものなんでしょうが。あきらかに俺には分不相応すぎました。出直してあらためて優勝を狙っていきたいと思います。




で、題名の通りアメリカ旅行1都市目はサンフランシスコでした。日本を17時に出発し、ずぅーっと飛行機でブンブン飛ぶこと約9時間。寝るほどの時間でもなかったので、フライト中は飛行機内をウロウロしてました。この飛行機の中ははたして日本なのかアメリカなのか、どっちなんだろうと一角の疑問を持ちつつ、スッチーにコーヒーお願いしたら、日本では考えられないくらいの大量のミルクを注がれてヌルいコーヒー参上!






ああもうココはすでにアメリカなのか






と、早くもアメリカ旅行を満喫していました。

あと機内はやたら乾燥しているため、すぐに喉が乾いてしまいます。よって



¨)ノ 「みずくれ!」

→トイレ

¨)ノ 「みずくれ!」

→トイレ



を延々繰り返すハメに。なんというデトックスかと、エコノミー症候群もどこ吹く風、健康的なフライトを楽しませていただきました。

で、水くれーと何度もやっていると、そのうちスッチーにも顔を覚えられたのか、トイレの前でストレッチとかしてると、スッチーから話しかけられました。














ま、何言ってるか分かんねーんだけどね\(^o^)/ オワタ














聞き取れた範囲では、「どっからきたのー?」「おかし食べる―?」「なに、旅行???」くらいのもんでした。わかんねーところは笑顔で乗り切る日本人気質炸裂! こりゃはたからみたら馬鹿にしか見えませんわな。日本人乙。俺乙。



で、そんなこんなで濃いぃ飛行機の時間を堪能しつつ、思いのほかあっという間にアメリカ到着。現地旅行代理店職員(日本人)と合流し、早速


危険地帯について説明


を受けました。どうやら日本と違い、歩いてはいけない区域があるようです。アメリカはホームレスが道端にワラワラといたりするらしいのですが、まぁそれは風物詩というか観光名所みたいなものらしいんで、


観て楽しんでくれと。


ひでーこと言うなぁと思いつつ、要はそのホームレスを食い物にしている悪鬼共が危険なんだそうな。
つーわけで必然的にホームレスの多い地域=悪鬼の多い地域ということで、あんまりそういう区域に近寄るなっていうことなんだそうです。














・・・ちなみにその時アメリカは朝11時。日本時間的には夜中の3時くらいなわけで。眠くてショーがないというか、もう今何時なんだよ\(^o^)/ と、時差ボケ120%でした。こりゃ遠征したスポーツ選手が成績振るわない理由もわかるってもんです。軽く混乱しながらも滞在中の注意事項を聞き、午後からはいざサンフランシスコの街へ! ツアーで申し込んでいるわけではないので(一部ツアーもあるんですが)、朝昼夕飯その他全ての観光は自分たちでなんとかしなければなりません。マップ片手に恐る恐る出発です。




DSC000421.jpg

サンフランシスコ、パウエル通りより



ここら一帯はかなりの坂の名所なんだそうな。あっちをみてもこっちをみても、上ったり下ったりと忙しい道です。どうでもいい話、たぶんここらの景色はゲーセンにおいてあるガンシューティング「タイムクライシス4」に出てくるあのシーンなんじゃないかなと思ったり思わなったり。どうなんでしょう? 下ってくる路面電車をマシンガンで木端微塵にしたくなるのは俺だけでしょうか('ロ')?














ということで、早速自分も景色に溶け込んでみました。


aa.jpg


浮いてますね、はい。


ところでどうでもいいんですけど、ここらって写真に写ってるように、かなり路上駐車が多いです。ってかもう路駐っていうか「俺の駐車場」化してます。さすがアメリカ、道が自分の家の駐車場なんでしょうか。



で、この道というのはどこまでも進むと、観光地として有名(?)な、フィッシャーマンズワーフというところに行きつきます。名前の通り港町みたいなもんで、たくさんのヨットが集まる海辺のレストラン街ってとこでしょうか。まぁそこに関しては「大したことないな」というのが正直な感想だったので基本的に割愛。慣れないレストランでの昼飯で出てきたサーモンバーガーに胃をつぶされたという記憶が一番鮮明ですね。あとなぜか大量のオットセイ? が群がっててとても臭かったです。



そして帰りは、来た道とは一本違うストリートを歩いてみました。建物が基本的にヨーロッパ調? っていうんですかね、アメリカなのに。ずいぶんとのんびりした空気が流れてました。途中教会を一望できる広場をみつけたのでパシャリ。


aab.jpg


外人さんたちも非常によくリラックスしていらっしゃる様子で。天気もいいし気持ちいいですーとか言いたいんですが、天気がよすぎたのか、サングラスなしではとてもリラックスなんてできないような日差しでしたけどね。海ありビルあり民家あり教会ありと、結局ここは何が目玉なんだいと聞きたくなるほどの観光スポットでした。夜は路面電車とか乗ってみたんですが、日本と違い非常にテキトー。


電車の外側に立たされました。


棒にしがみつく形で乗車。体の横数10センチを車が通り抜けていくスリルと、凍えるような寒さが印象的でした。つーか夜寒すぎる。昼間は軽く20℃超えてそうな気配出してるのに、一方夜は夜で軽く10℃を下回ってる気配。あまりの寒さにマフラーとか買っちゃいました。ちなみにこの日の夕飯は、いまだ胃に残るサーモンバーガーのため水飲み。気持ち悪くてさっさと寝ました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





で、翌日はまだ暗いうちからヨセミテ国立公園にツアー観光。世界遺産登録されている、東京都と同程度の広さを持つ自然公園ですね。エルキャピタルというロッククライミングの聖地としても有名だそうです。たしかPS2のレースゲー、グランツーリスモ4にも「エルキャピタル」というコースがあったはず。2000円くらいで格安ヨセミテ観光がしたい人はそちらをどうぞ。

さてこのヨセミテ、最寄の町がサンフランシスコなんだそうですが、車で片道4時間、距離にして350キロほどかかります。これのどこが最寄やねんと思いつつ、まぁこれがアメリカサイズなのかと、こんなところでもアメリカを堪能。4時間かけて移動して、4時間観光して、4時間かけて帰るという非効率極まりないツアーですが、まぁこれがデフォなんだから仕方ない。


そんなこんなでヨセミテ到着。まぁ大体こんなところです。



abb.jpg



奥に見えるでっかい岩(ちっさく映ってるやつ)がハーフドームというヨセミテの名物。なんか逸話っていうか神話っていうか物語がハーフドームには付属してるらしいんですが、ガイドの話は基本的につまらなかったので聞いてませんでした。勝手にググってください。

で、この崖と森がメインのヨセミテ国立公園。要所要所で綺麗な景色が観光客を待ってくれています!


abc.jpg


水面に景色が映るのは、晴れてるこの時期くらいだとかなんだとかガイドが言ってましたね。ちなみにこの日の翌日からヨセミテは雨らしいので、ギリギリ良い時期に来れたそうな。


で、メインともいえるエルキャピタル。写真で撮るには撮ったんですが、あまりの大きさに写真にはうまく入りきりませんでした。かなり真下のほうまで行って見学。見上げてもただの崖にしか見えないんですが、双眼鏡で崖を覗くと・・・いるんですよ、かなり高いところにロッククライマーが。双眼鏡でさえミジンコみたいにちっさくしか見えないんですが、それでもしっかりと3人くらいで崖にへばりついて登っているのが確認できました。すごかったですねー。あいつら一体あそこで何を話しながら登ってるのかなーと純粋な疑問を抱きつつ、職人というか玄人というか、スペシャリストの人たちの一端を見たような気がしました。ちなみに平均でエルキャピタルを登るには4日~1週間程度かかるそうです。夜はロープで寝袋を吊るして寝るんだそうな。すごい根性ですね。




そんなこんなでヨセミテ観光終了。夜は地元のステーキ屋みたいな所に入って食べました。メニューを指して「あれをくれ」とお願いしてるのに、




「ポテト?」




とか意味のわかんねーレスしてきやがるからさぁ大変。ポテトじゃねーあのステーキセットをよこせと言ってるんだよなんでそこで聞き返してくる言葉がポテトなんだおまえ俺のことポテトだと思ってんのかどこに目つけてんだこのやろう('ロ')!














・・・後で考えたら、あれはたぶんオプションのことを聞いてたんでしょうね。まったくネイティブ英語は文法もクソもないから難しい。前後の会話で(後は無いか)単語の意味というか使われ方を推測しないといけないのは日本語でいつもしていることですが、それを英語でやれと言われると途端にできなくなるから面白いものです。




で、なんとかお腹を膨らまし(案の定必要以上に)、満足してホテルに戻る途中、これもアメリカの観光名所というべきかなんというか、



ホームレスに絡まれる



というイベントも体験できました。「おまえクオーター(25円)もってるか('ロ')?」と執拗に問い続け、あまつさえ一緒に歩きだす始末。もってねーよと言うと今度は連れのほうにターゲットを変更。友人も同様にもってねーよと流すと、今度は「お前じゃねぇ! その奥のやつに聞いてんだ!」と逆切れしだす始末。最後には溜息までつかれてしまいました。お前何様だよ・・・と若干の心のしこりを残しつつ、無事ホテルに帰れたことに喜びを感じました。



さて、翌日からはいよいよメイン(?)のラスベガスに出発です('ロ')。




                                   つづく
お久しぶりです。題名の通り、実は9日間ほどアメリカに遊びに行ってきました。行く前はもう



生きて帰ってこれる気がしねぇ\(^o^)/



と不安たっぷりだったんですが、いざアメリカに到着してしまえば「楽しい!」の一言でした。もっと直感的にいえば「スゲー!」でしたね。感動が薄れる前に日記とか写真付きでバシバシ書いていって大いに自慢してやろうとも思ってるんですが、あまり需要がないようなら(足跡が伸びないようなら)打ち切りもこれまた大いに考えています。

ちなみに行ってきたのはアメリカ西海岸。サンフランシスコ2日間+ラスベガス2日間+ロサンゼルス3日間+飛行機で約2日分って感じですね。3回に分けて書くとちょうどよさそうな雰囲気ですね。今日はこれからサークルなんで、明日からちょこちょこっと書いていこうと思います。今回は初の海外旅行ということで、写真もいつものケータイではなく、しっかりとデジカメ(ソニー、サイバーショット)で撮影してきました。なるべく良く撮れたものを載せていこうと思ってます。



・・・で、少々先走りますが、みなさんが毛ほどには気にしているであろうお土産について。一応少量ながら買ってきています。大会の景品にでもしよーかなーと思ってた、日本円にして約3000円相当のチョコレートなんですが、














これがまた大層おいしそうなんですよ













つーか、おいしかったっす!














はい、我慢できずに食べちゃいました\(^o^)/ 














ということで、まさかのお土産無しという事態。いや、やすーいちっちゃいチョコレートくらいならあるんですけどね。そんなもん景品にしても誰も喜ばないかなーとか思っちゃうわけで。ちなみに冗談でもなんでもないです。あまりにおいしそうだったんで、つい開けて食べちゃったんです。ごめんなさい。


では、明日からちょっとアメリカ旅行について語りたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。