第32回 品川シーサイドOP

ここでは、「第32回 品川シーサイドOP」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてー。1月13日以来のオセロ大会に参加してきました。ひっさびさで超楽しみでした。楽しみだったんですが・・・何故か当日


妙に胃が痛い


わけで。そのうちおなかのほうにきて・・・30分の間に、4回もトイレに駆け込む事態に。その後も気持ち悪くて、畳の上でうずくまっていました。このままだと大会は断念か。とも思ったのですが、なんとか痛みも治まってきたので、ギリギリ(1時)到着できました。さぁ、一度くらいは品川シーサイドでメダル取ろうじゃないか!!!!



1回戦:富永七段

シーサイドOPは『指名制度』というルールがあります。二段以下の人は、高段者と試合がしたいと申請できるわけですね。いつもは中島八段を指名しているのですが、今日は普段なかなか当たれない富永七段を指名してみました。

伏せ石の結果、黒になりました。富永七段にはロジステロは通じるのか・・・最近、大会でもネットでも、ぼちぼちロジステロが通用しなくなってきたので、一応黒の新定石を用意してあるのですが。富永七段相手にはまだ打ったことがないので、打ってみました。


++++++++
++++++++
++●○+○++
++●●○○++
+++●○○○+
++●●●○++
++++○+++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:富永(七段)


ネットでしばしば打たれ、暗記していたつもりだったんですが・・・やばい、すっかり忘れてる。ここで応手を誤り、あっという間に劣勢に。


++++++++
+++●++++
++●●●○++
+●●●●○++
++●●●○○+
+○○○●○++
++●○○●++
++●+●●●+

黒番


候補は3箇所。そのままウイングをつくりにD8か、それともA5かA6で種を消すか。

まずA6を却下しました。これ打つと、いつでも白はウイングを攻めれる形になる&B5で簡明に劣勢になるかなぁと。

次にA5を考えてみました。黒A5白A6と来たあと黒A7では・・・やっぱりB5と打たれて苦しいです。

ということで黒D8に打ったわけですが、検討時富永七段曰く、ここが疑問手になっていたそうです。この局面では、黒A5白A6だと、そのあと黒D8で白が少々嫌な形になるとのことです。


++++++++
+++●++++
++●●●○++
+●●●●○++
●+●●●○○+
○○○●●○++
++●●○●++
++●●●●●+

参考図


たしかに、白B5に対しては黒A4で戦えそうです。またこれは黒A6の場合でもいえることで、白B5のあと黒D8と打つことで、やはり戦える形にできそうです。

ここで自分の弱さの一つを見た気がします。それが


先入観


というやつなんですね。A5やらA6に打つ理由というのが

『D8に白がはいれないようにする』

ということになります。なるのですが・・・入れないから余裕手なのではなく、それでもスパっとD8に打ち込めるような思考も大事だと思うんですよ。思い込みで試合を進めては勝てないなぁと痛感しました。軽く1敗スタートです。



2回戦:小澤1級

最初の対戦は『暴走牛』を打ち、2回目の対戦ではドラゴンを打たれ・・・結局のところ


この子とまともなオセロをしたことがない


ということで、今日は普通の進行でいきました。黒だったのでまたまたロジステロ。初見には通じるだろうと思っていたのですが


『最近榎本が部活で打ってくる』


とか言い出しましたよこの子は・・・! 榎本君には散々ロジステロを打ったので、その影響も出ているのでしょうか。麻布でロジステロなんて流行らせないでください(涙)。俺が打っても浸透することは無いと思いますが、強い人が使うと浸透してしまうので(´Д`)。

さて、どっこいどっこいのまま進んだ終盤。とてもそそられる場面が出てきたんですよ。


++○○○+++
++○○●●+●
○○○●○●●●
○○●●●●●●
○+○○○●○●
+○○○○●●●
++●○○○++
++●+○+++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:小澤(1級)


ねぇ・・・? 打ちたくなるでしょ!

G8!

ちなみに打つとこんな感じになります。


++○○○+++
++○○●●+●
○○○●○●●●
○○●●●●●●
○+○●○●○●
+○○○●●●●
++●○○●++
++●+○+●+

参考図


こうなるとおそらく白はG7に。その後黒B5白F1と打ち・・・その後の黒がわからないですよ。白G7が効いているので、白D8に対しては黒H7があるわけですが、白D8を誘発させる黒の一手が浮かんでこないんですね。下手なことして負けてしまうと、いきなり2連敗スタートになってしまう・・・ということで、チキンハートもろだしで結局打ったのがG8ではなくB5。


++○○○+++
++○○●●+●
○○○●○●●●
○○●●●●●●
○●●●●●○●
+○○○○●●●
++●○○○++
++●+○+++

黒B5


はい。悪手みたいです。









ちなみに最善はG8だそうで。









++○○○+++
++○○●●+●
○○○●○●●●
○○●●●●●●
○●●●●●○●
+○○○○●●●
++●○○○++
++●+○+++

再掲


気を取り直して・・・ここの白は、予想通りD8。これで引き分けコースに入れるそうです。ただまぁそのあと黒F8のあと、白H7が最善という難しい話になるのですが・・・。ちょっと面白い展開になるので、暇な方はそちらも見てみるといいかもしれないです。

結局ここで白が打ったのがG7。とりあえず黒D8でラインを切ります。しばらく進んで・・・


++○○○○++
++○○●●●●
○○○●○●●●
○○●○●○●●
○●○●○○●●
○○●○○○○●
○+○●●○○+
+○○○○+++

黒番


これでB7でいいという読みで、白についていったわけなんですが・・・そう、これ打っちゃうと、後々白パスになっちゃうんですね。白F8の後、黒B1くらいしかないのですが・・・それに対して白A1ならいいのですが、白B2と打たれるのが厄介なんです。


+●○○○○++
+○○○●●●●
○○○●○●●●
○○●○●○●●
○●○●○○●●
○●●○○○○●
○●●●○○○+
+○○○○○++

参考図


黒G1と打って、白パス。こうなってくると、とても数えきれるレベルじゃないですよね。
ということで急遽考え直し、黒F8で勝利。



3回戦:龍見五段

この方、暗記量はすさまじいものがあります。黒を持たされたので、実験には丁度いいと、実践での使用は初(のはず)の定石を試してみました。


++++++++
++++++++
++●●●○++
+○●○○○++
+●+○○●++
+++○○●++
++++++++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:龍見(五段)


ライトニングボルトからの変化です。まぁE7かG4と、縦か横に貫くのがメジャーなようなのですが、飲みの席で発見した形がこれ。


++++++++
++++++++
++●●●○++
+○●○○○++
+●+○○●++
++●●●●++
++++++++
++++++++

黒C6


もともとは、12月のグランドチャンピオン戦に用意したものなんですけどね。
隣で試合中の、鷹の指三段失笑。いやいや、俺のゼブラでみても評価地は-4と、至極まっとうな手なんですよ! ・・・たぶん。

龍見五段も『実践で初めて打たれたわぁ』とおっしゃってくれました。










・・・実践で?










知ってるのか(゚□゚;)









計り知れない知識量です。その後進んで、中盤手が止まった場面がこれ。


++++++++
++++○+++
++●●○○○●
+○●●○○●+
+●●●○●●+
++●●○○●+
++++○○++
++++++++

黒番


ぱっと見で、もう選択肢はD2かD7しかないですね。問題はどっちを打つかということです。なんとなくD2だと、白H6と打ったときに斜めが返らなくなってしまうというデメリットが目立つような気がするんですが・・・。かといって、黒D7だと、そのまま白D2という手が生まれてくるわけです。


++++++++
+++○○+++
++○●○○○●
+○●●○○●+
+●●●○●●+
++●●●○●+
+++●○○++
++++++++

黒D7白D2


白H6という手を許すのか、この形を許すのか。なかなか判断できませんでしたが・・・まぁH6が残るよりはいいだろうということで黒はD7に。










不正解だそうで。










が、龍見五段はこれを見逃していたのか。結局D2に打たれること無く、黒有利の終盤を迎えました。


++○++●++
++○○○○+●
●+○●○○●●
●○○○●●○●
●○○○○●●●
●●○○○○●+
++○○○○++
++○+++++

黒番


勝ち筋は何通りもあると思うんですよ。みなさんなら、どんなウイニングロードを描きますか? 個人的には、復習時に見つけた

黒G1白H7黒D1

という手順が簡明かなと思いました。そう、復習時には見つかったんです。










++○++●++
++○○○○+●
●●●●○○●●
●●○○●●○●
●●○○○●●●
●●○○○○●+
++○○○○++
++○+++++

黒B3


そうですね。あきらかに疑問手です。B2A2という連打を浴びます。それは別に問題ねーじゃんとか思っていたんですけどね・・・。


●○○++●●+
●○○○○●+●
●○●●●○●●
●●○●●●○●
●●●○○●●●
●●○○○○●+
++○○○○++
++○+++++

黒番


偶数理論忘れてましたorz

一応まだ黒+2らしいのですが・・・黒B7白A8黒E8・・・










読めるかあああああああ(涙)!!!!!!!










無念の独り相撲負け。本日全てのやる気が消し飛ぶ一戦になりました。ちなみにこの後、



黒は打てるのに『パス』をし

白もそのまま4連打をし

結果、白の大差勝ちになるはずが、逆に2石差になる。



という道化っぷりを、龍見五段と演じたことを報告しておきますね。



4回戦:中野三段

対戦した記憶はあるのですが、内容は忘れてしまいました。なんでも、前回は俺が勝ったそうです。

ベルクタイガーを打たれました。以前これで、大内二段にボッコボコにされた記憶があったので、覚えよう覚えようと思いつつ・・・覚えずにきてしまいました。四苦八苦しながら打っていくと


++●●●●●+
++●●○●++
○○●●●○●○
+●○●●○○○
●●○○○○○○
●●○○○○○+
++○+○○++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:中野(三段)


ここが勝負を決定付ける手になったんだと思います。黒の詰み手順がありました。

正解(?)は、黒A4です。簡単ですね。白A7ならば、その後黒G2で、白を手詰まりにさせることができます。


++●●●●●+
++●●○●●+
○●●●●●●○
○●○●●○○○
○●○○○○○○
○○○○○○○+
○+○+○○++
++++++++

白番


白A2のあと、黒B2でもいいと思ったのですが、ライン通しのD7にしました。この方が多く取れそうですからね。今回に関しては、白のA7A2の連打を打たれるのは悪手である。という

先入観

もなく、2勝目ゲットです。



5回戦:綿引初段

前回は、かなり強引、というか無茶苦茶な逆転でかろうじて勝った相手。どうもこの子苦手なんですよ・・・。一言でいうなら

ポーカーフェイス

とでもいうんでしょうか。全く表情を変えてこないんですね。これがなんともやりにくい。
おまけに、俺はたまに相手の目を探ったりするのですが、この方




盤面を見てないんですよ(´ヘ`;)




え、どこどこ。なにみてるん? なんてやってると・・・どんどんペースを乱されてしまいます。もちろん棋力も充分。そんなわけで今回は、いいところ無く負けてしまいました。これで2勝3敗。前年9月以来の負け越しの可能性が出てきました。最終戦だけはなんとか勝たなければ。幸い相手も2勝組み。

勝 て な い 相 手 で は な い は ず 

なので。










6回戦:戸田四段









¨)・・・










ヽ( ・∀・)ノウンコー









いや、いくらなんでもそれはないだろ・・・。ということで、最終戦は戸田四段。奇しくも2006年終了時の連盟レート


41位 vs 37位


という試合が、『品川シーサイドOPで3勝ゲットだぜ』対決という形で開かれました orz。

結局6戦全て黒になりました。懲りずにロジステロ打ったのですが、ズルズルと劣勢に。個人的に感じる敗着はここですかね。


+++●+○++
++○●●○++
++●●●○○○
++●●○○○○
++●●●○○○
○○●●●●○○
++●●●○+○
++●●●+++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:戸田(四段)


小考の後、結局C1に打ったのですが・・・この後、特にいいところもなく完敗。第一感だった黒G1を打ったほうが、色々紛れるみたいです。それでもゼブラは


全てLOSE表示


になってるんですけどね。負けたら2勝というプレッシャーに押しつぶされ、C1というチキンな手(?)を打ってしまったのが痛すぎました。



<総合結果>

2勝4敗 28位/42人

久々にこんな成績取りました・・・。引退したくなりますね。まぁそんなこんなでも続けていくのでしょうが。

でもまぁ負け試合のほうが、学ぶことも多いのも事実。3月の名人戦に向けての調整と考えれば、むしろここで一度、原点に戻ってオセロを考えるということも大事なのではないでしょうか。最近勝ってばっかりでしたからね。二段相応の結果として受け止め、3月に向けて調子を上げていけたらいいなと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
どんまいw品川勢がどんどん3段になっていく中
僕とこしあんはどっちが最期まで2段に残るかな(▼ー▼メ)w

ちなみに龍見5段戦のd2とd7の選択はな、、
d2に打つことで「h6h5h4と3連打される」という状況じゃなければ
d2で(・∀・)イイ!!と思うじぇ。
つまりh6なんて別に打たれてもまだh5とh4は見合いだろ?
 こしあん:d2打d7打 龍見さん:h6打 両者満足
一方こしあんがあそこでd7だと・・
 こしあん:d7打 龍見さん:d2打 ちなみに右の3個黒壁は残ったまま、白よし
明らかに1手少ないよなΣ( ̄口 ̄;)天王山は大事ということですよ(▼ー▼メ)by永久2段orz
2007/02/05(月) 03:15 | URL | 魔手 #Ty2av2sE[ 編集]
 すまん。
 女王様に、いろんな変な形見せたのは私です。
 かれこれ4~5年前のどこぞのサイトだけど。

 いろいろ変化して、そして負けたら解析させて暗記してかかってくるというのを繰り返していたという過去がありました。謎
 ありうる、すれすれの変化はほとんど見せちゃったはず(謎
2007/02/05(月) 15:22 | URL | てぽどん。 #-[ 編集]
 ちなみに、私も盤面ほとんどみません。
 相手の視線からどの辺読んでる、あの辺の種思考から抜けてる可能性が高いとかの判断。あるいは体力消耗防ぐために寝てる、あるいは、自分の時間の時にしゃべってる。(普段2~3分しか使わないので・・・5分以上使った時はどっかで寝てます(ぁ)

 っていうか、こしあんさんその順位で2段って最強の2段じゃない?
 とっとと3段とっちゃいましょうよ(他人事
2007/02/05(月) 15:40 | URL | てぽどん。 #-[ 編集]
>>ますたにさん
んー。そういう理論的な考え方が、オレには欠如してるんですかねぇ。

こうなったら、オレは最期まで二段を貫き通す所存であります(え。


>>てぽどんさん
女王様の暗記量は、もう変態の勢いにまでなっていますよ・・・。責任とってください。

41位時点では最強二段とかいう話もありますが、ココにいたって、極普通の二段に戻りました。
2007/02/06(火) 19:16 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。