上野OP 

ここでは、「上野OP 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、上野OPの結果でも書きましょうか・・・と思いつつ、やっぱりみなさんが一番気になっているであろう棋譜は、まぁ、ぶっちゃけて言うと



vsでかなべさん戦



なんだと思うんですよ。vs長崎四段戦は、長谷川会長の一声により、なんやらかんやらで提出してしまったので(長崎さんサーセンw)、ここで載せる必要もなさそうですし・・・石原二段戦は、なんというか




おれらって、やっぱり二段だよな(・∀・)




という、まさしく竜頭蛇尾のような結末を迎えたに過ぎない試合でしたし。つーことで、今日は全精力を、vsでかなべさん戦に費やして検討していきたいと思います。



3回戦:渡辺二段

対戦するのは凄く久しぶりでした。今のところ、まだ黒星はつけられていない相手というものの、前回は危ういところで勝利を拾った記憶があります。確かに品川のレート的には差がありますが、決して油断できる相手ではないことは重々承知。じっくり落ち着いて打とうと思いました。


伏せ石の結果、渡辺二段は黒を選択。ヘビ定石からの進行になりました。


+++●++++
++●●○+++
+●●●○○++
○○○●●●++
+○○○●+++
++●++●++
++++++++
++++++++

黒:渡辺(二段) 
白:佐藤(二段) 白番


第一感は、なんとなくA3だったのですが、黒のD6B6という連打にどう対応していいか分からず却下。F5に打とうかどうか悩んでいたのですが・・・これでいいかどうかは別として、ちょっとした3手読みから、白E1を選択。黒はF1と辺を取ってきました。

+++●●●++
++●○●+++
+●○●○○++
○○○●●●++
+○○○●+++
++●++●++
++++++++
++++++++

白番


どうせ打つなら、ここでF5のほうがいいのではないだろうかという読み。黒C1をF5で封じつつ、黒F2も封鎖。右辺の捌きで、黒に悪手を打たせようとしたわけですが・・・これはあんまりいい読みではなかったようで(涙)。黒D6、白E6、黒E7となり、


+++●●●++
++●○●+++
+●○●○○++
○○○●●○++
+○○○●○++
++●●●●++
++++●+++
++++++++

白番


右辺を捌いてもらう前に、自分が下辺の捌きで苦しめられてしまいました。
さて、ここで白はF2に打ちました。もしG1と取ってきてくれれば、白E8でラインを通しつつ、黒に右辺進出を強要できます。


+++●●●●+
++●○○●++
+●○●○○++
○○○●○○++
+○○○○○++
++●●○●++
++++○+++
++++○+++

参考図:黒番


こうなってくれれば、たぶん白のほうが打ちやすい中盤になるだろうと思っていたのですが・・・普段の渡辺二段の棋風ならこうなると踏んでいたのが甘かった。冷静にG5と対処されてしまいました。


+++●●●++
++●○○○++
+●○●○○++
○○○●●○++
+○○○●●●+
++●●●●++
++++●+++
++++++++

白番


C1B1の交換は、結局また白番になるので、あまり得ではないと判断。黒C1に対しては、白G4で戦えそうという読みから・・・ここでは白C7を選択しました。黒は『だまされてそうだな・・・』といいながらもD7に。


+++●●●++
++●○○○++
+●○●○○++
○○○●●○++
+○○●○●●+
++○●●●++
++○●●+++
++++++++

白番


ここで白C1に。当然黒はB1と取ってきます。


+●●●●●++
++●○○○++
+●○●○○++
○○○●●○++
+○○●○●●+
++○●●●++
++○●●+++
++++++++

白番


白D8。Cラインを通して、様子を見ようと思っていました。


+●●●●●++
++●○○○++
+●○○○○++
○○○○●○++
+○○○○●●+
++○○●●++
++○○●+++
+++○++++

黒番


A3かA6か、どっちから攻めてくるのかは読みきれませんでしたが、ここで黒はA6にきました。


+●●●●●++
++●○●○++
+●○●○○++
○○●○●○++
+●○○○●●+
●+○○●●++
++○○●+++
+++○++++

白番


A5かB6で悩みました。結果的にはA5に打ったのですが、後々考えると、これが敗着になったような気がします。A5に打てば、一本道でA3B6となり・・・


+●●●●●++
++●○●○++
●●○●○○++
●●●○●○++
●○○○○●●+
●○○●●●++
++○○●+++
+++○++++

黒番


たぶんC8に来るだろうと。まぁこれで形的には充分だろうと踏んでいたのですが、いかんせんA7とG1の黒の2つの余裕手が重過ぎました。

一方、もし白A5ではなく、B6から打つと・・・


+●●●●●++
++●○●○++
+●○●○○++
○○●○●○++
+○○○○●●+
●○○○●●++
++○○●+++
+++○++++

黒番


黒A3なら白A5で、黒の余裕手はG1の1箇所になります。が、その余裕手に見えるG1も、白F8という手があるため、脅かされることになります。

また黒A3ではなくC8なら、B8でもF8でもいいとは思うのですが、形的にはおそらくF8か。いずれにせよ、この場合も黒の余裕手はG1の一箇所になります。この差を甘くみていたために・・・


+●●●●●++
++●○●○++
●●○●○○++
●●●○●○++
●○○○○●●+
●○○○●●++
++○○●+++
+++○++++

再掲。黒番


予想通りC8と打たれ・・・


+●●●●●++
++●○●○++
●●○●○○++
●●●○●○++
●○●○○●●+
●○●●●●++
++●●●+++
++●○++++

白番


あれ・・・F8打てないよ(´ヘ`;)?


仕方なく白B8に。黒はG1と、余裕手をいきなり放出。いやしかし・・・


+●●●●●●+
++●○●●++
●●○●●○++
●●●●●○++
●○●○○●●+
●○●○●●++
++○●●+++
+○○○++++

白番


第一感はB7でした。というかこれしかねーだろと思いつつも・・・上辺が山になっているので、後に白B2と打っても、A1と打たれて足りる自信がありませんでした。
悩んだ挙句、なんか悪手臭い空気ムンムンのG4に。

+●●●●●●+
++●○●●++
●●○●●○++
●●●●●○○+
●○●○○○●+
●○●○○●++
++○○●+++
+○○○++++

黒番


まぁ黒に

G6、F7、E7

と、分岐を用意しておいて、どこかで間違えてもらおうと。黒はE8に来ました。下辺が不安定だったので、これは若干助かったような気がします。即白F8と打ち、


+●●●●●●+
++●○●●++
●●○●●○++
●●●●●○○+
●○●○○○●+
●○●○○●++
++○●○+++
+○○○○○++

黒番


ラインを武器に、黒はF7ときました。さてさて・・・


+●●●●●●+
++●○●●++
●●○●●○++
●●●●●○○+
●○●●○○●+
●○●○●●++
++○●●●++
+○○○○○++

白番


B7しかないのか・・・とも思ったのですが、これには黒G6という、非常に簡明な手が残されています。あっさりラインを切られ、再び白番・・・勝てる気が全くしませんでした。H6に打っといて、G6を打たせてからB7も考えたのですが・・・これもすぐ切られそうで、右辺が白いというのも納得がいかず、結局ここで白B2と打ちました。


+●●●●●●+
+○○○●●++
●○○●●○++
●○●●●○○+
●○●●○○●+
●○●○●●++
++○●●●++
+○○○○○++

黒番


まぁ打ってから思ったのですが・・・


もうどうしようもないな(´ヘ`;)ハァ


依然として黒A7が残る中、黒G6に打たれ、白の手がいよいよ詰まってきてしまいました。


+●●●●●●+
+○○○●●++
●○○●●○++
●○●●●○○+
●○●●○●●+
●○●○●●●+
++○●●●++
+○○○○○++

白番


A7をつぶすために、白B7に。何か黒が粗相をしてくれないだろうか・・・。もしH4などでラインを切ってきたら、


+●●●●●●+
+○○○●●++
●○○●●○++
●○●●●●●●
●○●○○●●+
●○○○●●●+
+○○●●●++
+○○○○○++

参考図:白番


H3と様子を見ようとも思い、またもう少し考えてみて、いけそうなら白H7でラインを無理矢理通してみる。なんていうのも構想にあったわけですが・・・ここも黒は冷静に、H3と間を空けてきました。


+●●●●●●+
+○○○●●++
●○○●●○+●
●○●●○○●+
●○●○○●●+
●○○○●●●+
+○○●●●++
+○○○○○++

白番


これなら白G2でラインを通sh・・・うは、2列通るし(涙)。もはやどうすることもできず、しばらく進み


+●●●●●●+
+○○○●●+○
●○○●●●○○
●○●●○○●○
●○●○○○●○
●●●●●●●○
+○○●○○+○
+○○○○○○+

黒番


一応偶数理論は成立してるのですが、これだけ隅を取られたら・・・足りるはずがありません。もうだめかと、観念していると、


●●●●●●●+
+●○○●●+○
●○●●●●○○
●○●●○○●○
●○●○○○●○
●●●●●●●○
+○○●○○+○
+○○○○○○+

黒A1


緩手キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


ここは先に黒A8と打つべきでした。ポイントとなるのはCラインで、A1から進めると


●●●●●●●+
○○○○●●+○
●○●●●●○○
●○●●○○●○
●○●○○○●○
●●●●●●●○
+○○●○○+○
+○○○○○○+

参考図


黒A8のあと、先にA7ではなく、白G2と打つことで、後にA7に置いた時に斜めが返るわけです。逆ったあああああああ! と内心思っていたわけですが・・・











31対33 負け










ヽ( ・∀・)ノウンコー










足りませんでした。引き分けなら勝ってたんですけどね・・・。いやしかし、このときの渡辺二段は、これ以外に緩手らしい緩手がほとんどなく、終わってみれば渡辺二段は


4勝1敗(しかも引き分け負け)


という驚異的な結果を残していました。まぁ白の


独り相撲


みたいな流れともいえますが・・・それにしたって、ホントに強かったです orz 。完敗しますた。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
記述ありがとうございます。

>前回は危ういところで勝利を拾った記憶があります
これは前々回です。(11月シーサイド)

前回は(11月天王洲初戦)はネタになってしまったので
良く覚えています。
2007/03/13(火) 21:35 | URL | でかなべ #-[ 編集]
d6は返し過ぎですか?
2007/03/16(金) 21:01 | URL | 傍観者 #-[ 編集]
>>でかなべさん
そうでしたか。それは失礼しました。時が流れるのって早いですよねぇ(謎)


>>傍観者さん
え、どこのD6でしょう。置いた時? どっか返した時? 
サクサク書いているので、ひょっとしたら俺の記入ミスかもしれません。
実践検討における限り、返しすぎ等は無かったように思えます。
2007/03/17(土) 00:59 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。