勇者つぶあんの物語

ここでは、「勇者つぶあんの物語」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、買いました。先週の土曜日ですか。品川に行く前に買って、電車の中でやろうと思いまして・・・。お金に余裕があまりなかったので、手持ちのソフトを2つほど売りさばいて、その足しにしました。
地元の店では、値段が3700円。大体相場が3400円前後なので、若干高めの設定でした。まぁ売った金が2300円になったので、実質1400円。わざわざ安いところまで行って買うのもいいのですが、



今買う→電車の中でわくわくプレイ



という妄想を。まぁ400円そこら高くても、そこは特急料金つーことで、買っちゃえ買っちゃえ!










・・・










購入後、京浜線車内にて。さっそくプレイ開始です!










¨)










『このソフトを起動するには、アップデートが必要です』










¨) お・・・おぅ。










『アップデート確認中です・・・』










・・・










・・





















『バッテリーが足りません』










えっと、つまり


できないんですか(´Д`)?










特急料金払って買ったのに、プレイできません! 結局高い金を払って先んじることができたのは、


説明書を読むことだけ


という、なんかもう生殺しみたいな状態。うおおお! やりてぇのにやれねぇえええええ。



さて、そんな俺とファイナルファンタジーの出会いもありましたが、一応4~5時間くらいプレイしました。簡単な評価をば。


1.音楽

音楽に関しては全く文句無し。いいんじゃないでしょうか。音に奥行きが感じられ、素人耳にも美しく聞こえてきます。


2.画質

ドットを向上させたとか言ってましたが・・・かなり綺麗に見やすく仕上がっています。仕上がっているんですが、










何なんでしょう、この違和感










簡単なドット絵が、無駄にハイクオリティに直されているので・・・とても綺麗なんですが、その分逆に、妙に作りの安さが目立つ。とでもいうんでしょうか。微妙です。どうせなら3D仕様にしていただけると嬉しかった。


3.シナリオ

これはまぁ、基本的には移植だからでしょうか。薄いです。薄すぎです。というかどこに行けばいいのかわからない。フラフラと歩いていると、なにやら洞窟らしきものを発見。意味もわからず探索していると、突如



クラウンを手にいれた! テーレッテレー♪



なんてファンファーレが。なにこれ、何に使うん? なんて考えていました。
さてその洞窟を出て、行くアテもなくフィールドをさまよっていると、なにやら古城を発見。中には王様が一人立っていました。










王様『フフフ・・・』










王様『まんまと騙されたな!』










え、あの、何の話ですか????










王様『この水晶の目と、そのクラウンがあれば、わたしは真の王になれるのだうんぬんかんぬん・・・』










いやもう何がなんだか(´ヘ`;)ハァ










とまぁこんな具合で、シナリオというか話の流れがテキトーすぎます。基本的に村人は20文字以上話せない仕様になっているみたいで。ま、あくまで昔のゲームって感じですね。



4.実際にプレイするにあたって

さて、主人公はもちろん『こしあん』です。この作品は、物語の始めに4人の名前を決める必要があります(何故この4人が群れているのかも不明なあたり、シナリオてきとーですよね)。
ここはやはり『あんこ』シリーズで固めようということになり、とりあえず現に存在している(実際この名前で活動してもらっています)


・つぶあん
・うぐいすあん
・しろあん


がパーティに参加です。問題はそれぞれの役職ですが・・・実際の特徴からひっぱってくると、こんなかんじになりました。



つぶあん:戦士(スマブラでのロイの扱いに長ける)

うぐいすあん:モンク(筋トレ大好きっ子)

しろあん:白魔法使い(しろだから)



・・・あれ? 俺の役職って、残った



黒魔法使いで決定ですか?



主人公が黒魔法使いですか。まぁこれもス○イヤーズみたいなノリと考えればいいのかもしれません! 魔法使いこしあんの物語が、今始まるのだった・・・!










¨)










ウワァー










ギャー










魔法使いこしあん、戦死しまくり ヽ( ・∀・)ノウンコー









ターゲットの優先順位と隊列には、何か関係があるのでしょうか。先頭に立った黒魔法使いこしあん、敵からの集中砲火を食らい、すぐ死にます。仕方が無いので、防御力の高い、つぶあんさんが先頭。こしあんは最後尾で



選択→防御



を繰り返すだけの、もうほとんど


村人状態


お荷物です。彼に活躍の場は現れるのか・・・。ということで、今のところ、勇者つぶあんが先頭たって暴れまわっています。俺ってどこに消えたんだろう(´ヘ`;)ハァ 。黒魔法使い活躍の場を激しく希望します。









あと、白魔法使いのほうが

モンクよりHPが高いっていうのは

設定としてどうなんだろう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
あんこシリーズw

カウンターないのー、とロイ厨がのたまっております。
2007/04/25(水) 00:19 | URL | つぶあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。