品川シーサイド~返し忘れの悲劇~

ここでは、「品川シーサイド~返し忘れの悲劇~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、なんとか締め切りあしたのゼミの課題を終えることに成功しました。人間やればなんとかなるものです。まぁ内容はあまり自信のあるものではないですが・・・ゼミのトップバッターとしての役割は何とかして果たしたいですね。


ということで時間に余裕が生まれたので、ここはシーサイド4試合目の『返し忘れ』があった局でも振り返ってみましょうか。



4試合目:綿引三段

++++++++
++++○+++
++●●○○++
++●●○○++
+++○○●○+
+++○+●●+
++●○○●++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:綿引(三段)


さて、コシポスってかなり不利な気が・・・自分でも感じ始めてきた今日この頃。かなりエロい局面になったと思います。ここでの第一感はH5。狙いというか、まぁE6に叩き込むタイミングを計っていたのですが・・・いや、こっちもおもしろいんじゃないかと思って打ったのが『D8』でした。


++++++++
++++○+++
++●●○○++
++●●○○++
+++○○●○+
+++○+●●+
++●○●●++
+++●++++

黒D8


これはこれで。白の応手がむz・・・










パンパン!(時計を叩く音)









『返し忘れです。』










¨)










¨)・・・?










うおおおおおおおお(゚□゚;)










++++++++
++++○+++
++●●○○++
++●●○○++
+++●○●○+
+++●+●●+
++●●●●++
+++●++++

指摘後










無理無理無理無理無理無理wwwwwwwwwwww










++++++++
++++○+++
++●●○○++
++●●○○++
+++●○●○+
+++●+●●+
++●●●●++
+++●++++

再掲


キタコレの盤面最悪手。ゼブラ様は評価値-18~-20の間をさまよっていますね。

さて、正直白はどこが好手かなんて知りません。どこだって好手でしょこんなの。とりあえず黒ができる抵抗は『E6だけは守る!』だけです。白C7に対しては黒B6で対処しました。


++++++++
++++○+++
++●●○○++
++●●○○++
+++○○●○+
+●●●+●●+
++●●●●++
+++●++++

白番


まぁなんだろう。白に打たれたくない所っつうか、そもそも


もう終わりにしないw?


と言いいたいです。白F8と打ってきましたが、これは若干緩手か。黒F1で様子見。


+++++●++
++++●+++
++●●○○++
++●●○○++
+++○○○○+
+●●●+○●+
++●●●○++
+++●+○++

白番


C5と打って、F8への2石を返し忘れでもしてくんないかなぁー。と考えてましたが、これは最善手なんですってね。確かに打たれたらキツそうです。
白はそれを警戒したのか、B4ときました。C列の黒をつなげて一勝負しかけるため、黒C5と打ちました。


+++++●++
++++●+++
++●●○○++
+○●○○○++
++●○○○○+
+●●●+○●+
++●●●○++
+++●+○++

白番


実は、というか至極当然のことなのかもしれませんが、白F8の時点から狙っていたのが黒E8。これのタイミングも非常に大事だと思ってました。白B5と打ってきてくれたので、小考の後E8へ。


+++++●++
++++●+++
++●●○○++
+○●○○○++
+○○○○○○+
+●●●+○●+
++●●●●++
+++●●○++

白番


無視されればG8取るしかないのかなぁ。なんて思っていましたが、ここは白C8に。このタイミングしかあるめぇ。と、黒E6です。


+++++●++
++++●+++
++●●●○++
+○●○●○++
+○○●●○○+
+●○●●●●+
++○●●●++
++○○○○++

白番


苦しいながらも試合になってきたかなと。白D1。


+++○+●++
++++○+++
++●●●○++
+○●○●○++
+○○●●○○+
+●○●●●●+
++○●●●++
++○○○○++

黒番


具体的な読みは無かったのですが、色々考えた結果、黒G3に打ちました。


+++○+●++
++++○+++
++●●●●●+
+○●○●●++
+○○●●○○+
+●○●●●●+
++○●●●++
++○○○○++

白番


このあとしばらく進み・・・


+++○+●++
++○●○+++
●+●●●●●+
+●○○●●+●
●●○●●●○●
○○○●○●●●
++○●●○+●
++○○○○○+

白番


結構紛れたと思います。白G2という手が非常に嫌でした。実際ここでの白最善はG2で、まぁ後々白G2には打たれるのですが、ここでの白はC1と打ってきました。このタイミングでなければG2の効果は薄く、かろうじて逆転勝利したというわけです。いやぁつらかった。しんどかった。ダメかとおもった。というかダメだった。何で勝てたのか不思議です。










ということでみなさんも、返し忘れには気をつけましょう!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。