上野OP ~無駄に長編~

ここでは、「上野OP ~無駄に長編~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野OP行ってきましたー。面子が濃いのなんのって・・・。全敗覚悟で参加しましたが、結果的には3勝2敗と勝ち越せてほっと一息。ざっと振り返ってみようと思います。



1回戦:1級の人

前にも戦ったことがあったようななかったような。コシステロ(西日本編)を使ったところ、あっという間に-10形勢。いやぁ、負けると思いました。局後の検討で、あれこれ振り返ってみるんですが・・・今日の自らの不調をハッキリ示してくれるような、まったくもってゼブラ様と異なること言ってました。これが本当の


検討(見当)違い


おあとがよろしいようで・・・ヽ( ・∀・)ノウンコー



2回戦:冨永八段

いきなり大物に当たってしまいました。黒持ちだったので、ここは思い切ってコシポス使用! 世界のトミケンにコシポスは通用するのか!!!


++++++++
+++●++++
++●●+○++
+○○○○○++
+○○○○○○+
++○●●●++
++●●+●++
++++++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:冨永(八段)


黒番ということで、E3に打てば試合になるっぽいです。一瞬B3にも心惹かれましたが、それは白E7と打たれるとE3が打てなくなるので却下却下。しばらく進んで、


++++++++
+++●○○++
+●●○○○++
+○●○●○++
+○○●●○○+
++○●●●++
++●●+●++
++++++++

黒番


ここはC2とG6で迷いました。黒C2に対して白D1が考えられますが、それに対応する黒が見当たらない。結局G6に打つなら手順前後かなぁとも思ったのですが、先にG6に打つと、白には色々な選択肢が出てくるような気がしたので、様子を見る意味でG6にしました。


++++++++
+++●○○++
+●●○○○++
+○●○●○++
+○○●●●○+
++○●●●●+
++●●+●++
++++++++

白番


色々ありそうといいましたが、大まかな読みとしては『黒C2白D1黒G6と、白C1黒C2という形のどちらがいいかな』と考えたのですが、白はここでC8に来ました。
どうでもいいのですが、この形になってから気づいた、何気に打たれたくなかったのがこれ。


++++++++
++○○○○++
+●○○○○++
+○○○●○++
+○○●●●○+
++○●●●●+
++●●+●++
++++++++

参考図:白C2


なかなかダルそうでした。こうなると上辺に手を出しにくく、左辺から手をつけるにしてもなかなかいい手が浮かびませんでした。
話を戻して、白C8です。


++++++++
+++●○○++
+●●○○○++
+○●○●○++
+○○●●●○+
++○●●●●+
++○●+●++
++○+++++

黒番


本当に微々たるものだとは思いますが、試合中、コレ若干緩手なんじゃないかと思ってました。C2は白D1が嫌という先ほどと同じ理由で保存し、黒H4と打ちました。


++++++++
+++●○○++
+●●○○○++
+○●○●○+●
+○○●●●●+
++○●●●●+
++○●+●++
++○+++++

白番


上辺なら黒C2に。下辺に打ってくれれば黒有利だなと。白もそう読んだのでしょうか。H5に打ってきました。


++++++++
+++●○○++
+●●○○○++
+○●○●○+●
+○○○○○○○
++○●●●●+
++○●+●++
++○+++++

黒番


H3を放置するのは危険か・・・とも思ったのですが、ラインを利用してA5に。


++++++++
+++●○○++
+●●○○○++
+●●○●○+●
●○○○○○○○
++○●●●●+
++○●+●++
++○+++++

白番


白A4黒A3白B6は予定通り。


++++++++
+++●○○++
●●●○○○++
●●○○●○+●
●○○○○○○○
+○○●●●●+
++○●+●++
++○+++++

黒番


形としては黒悪そうですが、予定通りこれで一応A6は余裕手になりました。ここで黒H6と取り、右辺にも余裕手を用意。


++++++++
+++●○○++
●●●○●○++
●●○○○○○●
●○○○○○●●
+○○●●●●●
++○●+●++
++○+++++

黒番


ここで待望のC2です。D1に対しては黒C1という切り替えしが生まれました。Bラインは通っているので、白はE1に打てません。これで黒の優位を感じました。感じたのですが、しばらく進み・・・


+○○○++++
++○●○○++
●●●○●○+●
●●○○●○●●
●○●○○●●●
●●●●○○●●
++○○○○○+
++○+○●++

黒番


予想してた形だけど・・・紛れたなぁ('_`)ウゥ。下手なことしてホワイトライン通されたくないし、かといってH8だと白G8だし・・・。結局打ったD8は、4石損引き分け形勢。白G8黒G3と続きます。


+○○○++++
++○●○○++
●●●○●●●●
●●○○●●●●
●○●○●●●●
●●●●○●●●
++●●●○○+
++○○○○○+

白番


これでB8を防げる! という読みで打ったD8だったのですが・・・。ラインを通したことに満足し、


逆にラインを通されてしまった


わけで(´ヘ`;)ハァ 。白B2と来て、


+○○○++++
+○○●○○++
●○○○●●●●
●○○○●●●●
●○●○●●●●
●●●●○●●●
++●●●○○+
++○○○○○+

黒番


すっかり見通してました。小考の末、黒A1に。


●○○○++++
+●○●○○++
●○●○●●●●
●○○●●●●●
●○●○●●●●
●●●●○●●●
++●●●○○+
++○○○○○+

白番


これで白がA2に・・・。って、

A2黒入れない

じゃんかよおおおおおおおお。うまぁく保存され、うまぁく打ちまわされ、終わってみれば大敗。冨永八段の強さを十二分に食らってしまいました。

ちなみに先ほどの場面。正解は黒H8です。先に下辺を押さえ、白A2を強要させて・・・と思いきや、全く違う思考で打たないといけないみたいで。これはもう俺の理解を超えた手順です。無理。絶対無理。何度やっても間違える。完敗ですね。

ちなみに棋譜は会長に提出したので、気になる方は並べてみてください。



3回戦:B・ローズ五段

はいー。パターン入りましたー。高段者が続きます。調子悪いっぽい空気はありましたが、それでも世界チャンプ経験者。充分すぎる大物です。
白持ち、裏こうもりになりました。勝敗を分けた場面がこちら。


+●●●●●++
++●○●●○+
●●○●●●●●
○○○○○●●●
○○○○○●●●
+○○○○○●+
++○○○○++
++++○+++

黒:B・ローズ(五段)
白:佐藤(二段) 白番


どう考えたってH2の一手なのですが、何を思ったか白G1に・・・。手番を渡せる! というだけの浅はかな理由で打ってしまったのがいけなかった。検討時はローズ氏に

『これはココ(H2)しかないでしょーーーー』

と言われてしまい・・・。弱くてごめんなさい(´ヘ`;)。



4回戦:腰野三段

久しぶりの対戦。コシポスをまたまた使用! これが上手く決まり、完勝しました。



5回戦:表寺四段

名人戦ではひどい目にあわされました。リベンジをする絶好の機会です。
とは言え、既にお互い2敗している状態。順位なんてもうどうでもよくなった2人は、盤上で激しい迷走を続けました。


○○○○○○○+
+○○○○●+○
○○○○○●○○
○○○○●●●○
○+○●○●●+
++●●●●●+
+++●++++
++++++++

黒:表寺(四段)
白:佐藤(二段) 白番


第一感は白C7でした。これで充分だろー。と思っていたのですが、やばい、やばいよこれ・・・。本日一番の第長考。3分、4分と考えました。










F7打ちてぇ










○○○○○○○+
+○○○○●+○
○○○○○●○○
○○○○●●●○
○+○●○●●+
++●●●●●+
+++●+☆++
++++++++

ココ


種消し&大量取りの一手。いやぁ無理だろおおお! とか自分で言いつつも、でも打ってみたい。これ打ってみたい。


オセロ界のエンターテイナー


を自称する身としては、ここは打たなければならん! いやしかし、ここで勝てば3勝2敗と決して悪くない成績。つーか表さんにリベンジかますんじゃないのかよ! いやいやでもブログのネタというかなんというか、このままC7で打っても、勝っても負けてもいい気分じゃないしなぁあああ! 










といった、先読みゼロの大長考の末










¨)・・・










○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○+○○○○●+
++●●○○●+
+++●+○++
++++++++

(ノ∀`)タッハー










打っちゃった。









○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○+○○○○●+
++●●○○●+
+++●+○++
++++++++

再掲:黒番


ここからはゼブラ的読みではなく、お互い人間的視覚を突く戦いになりました。つーかこんなの読めないって。コメント不要。この後の双方の迷走っぷりを、ひたすらにご覧ください。


○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○●●●●●●+
++●●○○●+
+++●+○++
++++++++

黒B5



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○●●○●●●+
++●○○○●+
+++○+○++
+++○++++

白D8



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○●●○●●●+
++●●○○●+
++●○+○++
+++○++++

黒C7



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○●○○●●●+
++○●○○●+
++○○+○++
++○○++++

白C8



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○●○○●●●+
+●●●○○●+
++○○+○++
++○○++++

黒B6



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○○○○●●●+
○○○○○○●+
++○○+○++
++○○++++

白A6



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○●○
○○○○●●●+
○○○○○●●+
++○○+●++
++○○+●++

黒F8



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○○○
○○○○○○○○
○○○○○●●+
++○○+●++
++○○+●++

白H5



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○●○○○
○○○●○○○○
○○●○○●●+
+●○○+●++
++○○+●++

黒B7



○○○○○○○+
+○○○○○+○
○○○○○○○○
○○○○○○○○
○○○○○○○○
○○○○○●●+
+○○○+●++
○+○○+●++

白A8



○○○○○○○+
●○○○○○+○
○●○○○○○○
○○●○○○○○
○○○●○○○○
○○○○●●●+
+○○○+●++
○+○○+●++

黒A2



○○○○○○○+
●○○○○○+○
○●○○○○○○
○○●○○○○○
○○○●○○○○
○○○○○○●+
+○○○○●++
○+○○+●++

白E7



○○○○○○○+
●●●●●●●○
○●○○○●●○
○○●○●○●○
○○○●○○●○
○○○○○○●+
+○○○○●++
○+○○+●++

黒B2



○○○○○○○○
●●●●●●○○
○●○○○○●○
○○●○○○●○
○○○○○○●○
○○○○○○●+
+○○○○●++
○+○○+●++

白H1



○○○○○○○○
●●●●●●○○
○●●○○○●○
○○●●○○●○
○○○○●○●○
○○○○○●●+
+○○○○●●+
○+○○+●++

黒G7



○○○○○○○○
●○●●●●○○
○●○○○○●○
○○●○○○●○
○○○○○○●○
○○○○○○●+
+○○○○●○+
○+○○+●+○

白H8



○○○○○○○○
●○●●●●○○
○●○○○○●○
○○●○○○●○
○○○○○○●○
○○○○○○●+
+○○○○●●+
○+○○+●●○

黒G8



○○○○○○○○
●○●●●●○○
○●○○○○●○
○○●○○○●○
○○○○○○●○
○○○○○○○+
+○○○○○●+
○+○○○○○○

白E8


この後黒H7白H6となり、59手目60手目と黒の連打になりますが、終わってみれば白37石。なんかもう1大会分くらい頭つかった終盤でした。いや、使ったっていっても、必至に見た目で勝負しただけなんですが。

ちなみに試合では白勝ちになりましたが、途中黒の勝ち筋もしっかり存在しています。暇なら、是非ゼブラを使わずにあれこれ試してみるとおもしろいかもしれません。おもしろくないですかそうですか。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
よぉーす。最近姿を見んなー。
こんどオセロ大会での棋譜の取り方でもおしえておくれw
2007/05/17(木) 19:05 | URL | レフト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。