とうきょうよせんをふりかえってみよう

ここでは、「とうきょうよせんをふりかえってみよう」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、反省の意を込めて検討しましょう。


3回戦:飯島四段

白持ち、牛になりました。普段使っている定石は、先日もヤフー水色に殺されたばかり。さてさてどうしたもんか・・・










いや、それくらい最初から決めとけよ










なるほどもっともで('_`)ウゥ。


++++++++
++++++++
++○●++++
++○○●○++
++○●●●++
+++●++++
++++++++
++++++++

黒:飯島(四段)
白:佐藤(二段) 白番


普段ならD2とかE3に打つわけなんですが、前述の通りなので・・・ここは必殺、










『これ何でダメなんですか?打法!』










++++++++
++++++++
++○●++++
++○○●○++
++○○●●++
+++●○+++
++++++++
++++++++

白E6


説明しよう! 『これ何でダメなんですか?打法!』とは、とりあえず自分が知らないところに打ち、相手に『~だからここに打ったらいけないんだよぉ』と教えてもらう打法です! 今後の研究に役立てるための打ち方ですね!










それを予選で使うのかYO! 










しょうがないじゃん。何も用意してなかったんだから。ヽ( ・∀・)ノウンコー


++++●+++
++●●++++
○○●●●●●+
○●○●●●○+
○○○○●○++
○○○●○●++
++○○○+++
++○+++++

白番


劣勢の中盤を盛り返し、なんとかちょこっとずつ紛れてきたかなぁ。とか思っていたあたり。ここでC1と打ちましたが・・・


++○+●+++
++○●++++
○○○●●●●+
○●○●●●○+
○○○○●○++
○○○●○●++
++○○○+++
++○+++++

白C1


やや緩手。これでは黒G6が好手になります。


++○+●+++
++○●++++
○○○●●●●+
○●○●●●○+
○○○○●●++
○○○●○●●+
++○○○+++
++○+++++

黒G6


白はG5に打てず、白D1あたりが考えられるわけですが・・・G4にある白が邪魔で、

D1→B1→E2

という流れに持って行きにくい状態。実際はこれでも接戦なのですが・・・できればC1は余裕手としてとっておき、白はF7に打つべきでした。


++++●+++
++●●++++
○○●●●●●+
○●○●●●○+
○○○○●○++
○○○●○○++
++○○○○++
++○+++++

白F7


この場合だと、黒がG4を返す可能性がグッと高くなり、D1B1E2の構想が生きてきます。










ってことでいいのかな ('_`)?










よくわかりません。でもたぶんそんなところですかね。究極的には『余裕手だから』で済ませそうなんですけどね。


5回戦:田中四段

またまた白持ち牛定石。前述の二の舞にならないように、今度は快速船にしました。そこからちょこっと変化して・・・










あ、変化っていっても

知ってるわけじゃないです。










これ何でダメなんd・・・









+++●++++
++●●○+++
++○●○●++
+●●○●●++
+●○●○●++
●+○○+○++
+++○++++
++++++++

黒:田中(四段)
白:佐藤(二段) 白番


さて・・・既に劣勢。パッと見、形自体は悪くないように俺は見えるんですけどね。ここで考えたのが黒E6消しの、G4だったのですが・・・F3が返るのが気に入らない。ということで


+++●○+++
++●○○+++
++○●○●++
+●●○●●++
+●○●○●++
●+○○+○++
+++○++++
++++++++

白E1


黒F1と取ってもらって、種を消してもらえばいいj・・・










黒取らねーなーw









負けが込んでくると、全ての調子がおかしくなるのか。ものすごい勝手読みしてました。C1と切り替えされたらどうするつもりなのか・・・orz。幸いここでは黒E6と打ってきたため、瞬殺は免れましたが・・・そんな勝手読みをしている人間が勝てるわけもなく。


6回戦:山口三段

せめて3勝3敗で終わりたい・・・。白持ち飛び出しから。終盤での一コマです。


++++●○++
○++○●●●+
○○○○●●●●
○○○○●○●○
+○●●●●○+
+○●●●●●+
○+●●●●●●
++●○○●+●

黒:山口(三段)
白:佐藤(二段) 白番


G8を余裕手にもち、若干の優勢を感じていました。ブラックラインをいつ切ろうかなぁと考えながら・・・まぁ白D1と打っておけば間違いないだろうと。


+++○○○++
○++○●●●+
○○○○●●●●
○○○○●○●○
+○●●●●○+
+○●●●●●+
○+●●●●●●
++●○○●+●

白D1


左上が逆偶数になる嫌な形ですが、右上3マス空きと合わせれば偶数。この後白H5でラインを切れば充分白だろうという読みだったんですが・・・


+++○○○++
○++○●●●+
○○○○●●●●
○○○○●●●○
+○●●●●●+
+○●●●●●●
○+●●●●●●
++●○○●+●

黒H6


な・・・!










見合いになってる!










+++○○○++
○++○●●●+
○○○○●●●●
○○○○●●●○
+○●●●●●+
+○●●●●●●
○+●●●●●●
++●○○●+●

再掲


白H5と打てば・・・G8が黒のものに! かといって白G8なら当然黒H5です。しかもここで一番怖いのが


黒B2


なんですよね。いずれ通された時のことを考えると・・・H5では間に合わない。白G8、黒H5となり


+++○○○++
○++○●●●+
○○○○●●●●
○○○○●●●●
+○●○●●●●
+○●●○●●●
○+●●●○●●
++●○○○○●

白番


B2回避で打った、白G1が敗着。実はここで、まだ引き分ける筋があったのです。それが白B7です。


+++○○○++
○++○●●●+
○○○○●●●●
○○○○●●●●
+○●○●●●●
+○○●○●●●
○○○○○○●●
++●○○○○●

白B7


どうやらこれで、無理矢理H1を狙う+G列orCラインを狙うことで、ギリギリ引き分けまで持ち込めることができるらしいです。難易度的には黒が間違える可能性のほうが高いくらい。見通しの甘さがここでも出てしまいました。




ということで・・・まぁ実力通りのオセロをして、実力通り負けたといった感じですかね。なんというか・・・手数的な話、手順的な話が結構苦手みたいです、自分。ラインとか結構見えるんですけどね・・・基礎的なところがサッパリ抜け落ちてる感じですか。どしたらいいんかなー。



明日あたり、上半期オセロ大会総合結果なんて載せてみようと思っています。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
>『これ何でダメなんですか?打法!』
>変化っていっても知ってるわけじゃないです。
の部分に共感しました。
σ(^^;)も1大会に1局はたいていこんなのあります。(汗
個人的には
『せっかくだから勉強させてもらおう!打法』
と呼んでます。(笑

2007/06/26(火) 22:06 | URL | 自爆王 #OARS9n6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。