解答編

ここでは、「解答編」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やぁ、どうもみなさん










たくさんの解答

ありがとうございます!











(ノ∀`)タッハー










回答数:0人 ヽ( ・∀・)ノウンコー










いかにこのブログにおける


オセロの信頼性のなさ


が高いかを示す結果になりましたね。解答の需要があるのか甚だ疑問ですが、問題を出した手前、一応書くのが道理というものでしょう。書きますよ。ええ。



+++○+●○+
●+●○●●○+
+●○○○●○○
+○●○○●●○
●○○●●●●●
●●○○●●●●
●+○○○●+○
+●●●●●++

黒番


ゼブラ的な答えを書けば、答え(盤面+を維持できる場所)は5箇所あります。結構な数ですねぇ・・・。今回はその中でも、俺が実践で見つけた筋を紹介したいと思います。


まず目に入ったのが黒H1でした。当然その後白H2となり、おそらく黒E1になるのでしょう。というのが読みその1。でもいまいちそれで勝ちなのかどうかが判別できませんでした。

黒H8も考えました。ただ、これは一度白C1と挟まれた後に白A3と打たれると・・・下辺左辺が白のものになり、なおかつ偶数理論っぽい空気。あまりよさそうには見えません。H8ならH1に打ったほうが無難だろうか。くらいに見てました。

さて、隅以外に手をつけるとなると・・・E1かC1ということになります。ただE1だと、D2~B4と、妙な位置の黒が返り、あまり小気味よくないと判断。C1は形の上でもあまり悪くないのですが・・・先が見え無いため、打つ気にはなれませんでした。










¨)・・・










これって、


負けてんの(゜Д゜)?










+++○+●○+
●+●○●●○+
+●○○○●○○
+○●○○●●○
●○○●●●●●
●●○○●●●●
●+○○○●+○
+●●●●●++

再掲:黒番


となると、もう打つところが・・・いいや、まだありました。










黒A3です。










+++○+●○+
●+●○●●○+
+●○○○●○○
+○●○○●●○
●○○●●●●●
●●○○●●●●
●+○○○●+○
+●●●●●++

さらに再掲:黒番


黒A3と打てば、まぁ白はA4に間違いなく来るでしょう。その時返るのがB3とC2。これが白くなるんです。単に左辺下辺を捨てる悪手に見える手ですが・・・そう、右上との兼ね合いを考えると、この手はありかもしれません。2の列を

・真っ黒にするか

・真っ白にするか

このどちらかを達成すれば、右上の連打が可能になります。ということは、今C2は白くすることが可能になったということで、残るD2E2F2が白くなれば、連打筋が見えてくることになります。

ただ、ここで問題なのが「連打だけで足りるのかどうか」ということです。偶数理論なんかでハメられた日には、見るも無残な敗北は必至。・・・なのですが、それすら回避できてしまうことに気づいてしまった。

以上を踏まえて、黒が打った手がこれです。


++●○+●○+
●+●●●●○+
+●○○●●○○
+○●○○●●○
●○○●●●●●
●●○○●●●●
●+○○○●+○
+●●●●●++

黒C1


白B1なんて来れば黒H1で快勝。当然(?)白はE1に打ってきました。


++●○○○○+
●+●○○○○+
+●○○○●○○
+○●○○●●○
●○○●●●●●
●●○○●●●●
●+○○○●+○
+●●●●●++

黒番


さて、ここで取っておきのA3です。


++●○○○○+
●+●○○○○+
●●○○○●○○
+●●○○●●○
●○●●●●●●
●●○●●●●●
●+○○●●+○
+●●●●●++

黒A3


白A4しかないわけですが、これを打つと・・・


++●○○○○+
●+○○○○○+
●○○○○●○○
○○○○○●●○
●○●●●●●●
●●○●●●●●
●+○○●●+○
+●●●●●++

白A4


黒H8の後、H2H1と黒の連打が成立しますね。しかもそれだけでなく、なんとB2が逆偶数の働きをしてくれるのです。


++●○○○○+
●+○○○○○+
●○○○○●○○
○○○○○●●○
●○●●●●●●
●●○●●●●●
●+○○●●+●
+●●●●●+●

黒H8、次白番


白がA1、B1を打っている間、黒はH2、H1を打てばいいわけで、残ったB2は黒専用となり、下辺を白に先打させた後、最後にB2に入ればいいということになります。これで黒の12石勝ちということになりました。めでたしめでたし。


ということで・・・


+++○+●○+
●+●○●●○+
+●○○○●○○
+○●○○●●○
●○○●●●●●
●●○○●●●●
●+○○○●+○
+●●●●●++

問題再掲


この局面から、今の一連の通りを読んだわけですが、その上でのポイントが


「ありえない。と思わないこと」


なのです。これはサークルの後輩にも言っている言葉なのですが・・・終盤で勝つ秘訣みたいなのを教えてください! といわれた時に答えるのがコレです。一見A3なんてアリエネーと見えるかもしれないんですが・・・ここに先着するメリットを一応考えてみる。A3の可能性を発見して、ようやく黒C1が見えてくるわけです。



エラソーに講釈をたれてしまいましたが、まぁこういうオセロもあるんだよと。そんな風に捉えてくれれば結構です。










by 二段  (ノ∀`)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
ペアオセロの件はお世話にまりました。こしあんさん強かった。ペアオセロ二連勝。
対して、ぼくは2連敗w

この問題は黒a3がポイントになりそうだな・・というところまではなんとなくわかりましたが、いまいち勝ちまでは読みきることができませんでした・・・orz
2007/08/09(木) 01:40 | URL | kyo #-[ 編集]
回答者がいなかったのは・・・問題が難しかったから
では?
自分も考えては見ましたが・・・全然明解な打ち筋が
見つからず諦めてしまいました。

それにしても・・・面白い問題だな[゜皿゜メ]
2007/08/09(木) 01:48 | URL | こうめい #-[ 編集]
>>kyoさん
あ、どうもこんばんわ~。ブログでは初めてですねぇ。
初カキコ、ありがとうございます!

そうなんですよ、A3に気づけるかどうかってのが最大のポイントなんですよね!



ちなみにペアオセロですが・・・なんで俺は2連勝できたのか、不思議でなりません。


>>こうめいさん

難しいというか、出し方があやふやすぎたのかもしれません。
でも実践の終盤って、答えがひとつで、これだと


「ね? 簡単でしょ☆」


という筋が必ずあるわけではないので、むしろこういう方針で出したほうが
個人的にはいいんじゃないかなーとかおもってたりします。
2007/08/12(日) 01:36 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。