解答(になるんだろうか)

ここでは、「解答(になるんだろうか)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんのコメありがとうございます! レスがつくとやっぱり書いてる側としては、ああ頑張らないとな。と思わずにはいられません。

さて、ブログ再開のリハビリがてら、ただ解答というか、その局面になる少し前から検討し、




別に黒がうまかったわけではない




ということを再確認しつつ、白の勝ち筋と共に見ていこうと思います。



+++○○○++
+++○○●++
●+○○●○●+
●●○◇●○●●
●○●●◇●●●
●●○○●◇●●
●+○○○○◇+
++○○++++

●:佐藤(二段) 黒番
○:駒形(五段)


問題の盤面より少し前の局面で、○がG7と星に打ってきた場面です。当初G7にうたれたら●G2でいいかとも思っていたのですが、とあるラインがらみの読みから、打ったのがE8でした。


+++○○○++
+++○○●++
●+○○●○●+
●●○○●○●●
●●●●○●●●
●●●○●○●●
●+○●●●○+
++○○●+++

●E8、次○番


まず○B3をつぶして手を減らしたかったのと、それ以上に見ていたのが

・●B8の存在

でした。後に●B8と打つことでA3~F8のBラインを通すことができ、またホワイトラインも切ることができます。ということで○G8など打てば●はあっさりB8で勝ち。○B7も非常にうちにくい形になっているので、これがベストだと判断したのですが・・・


+++○○○○+
+++○○○++
●+○○○○●+
●●○○●○●●
●●●●○●●●
●●●○●○●●
●+○●●●○+
++○○●+++

○G1


下辺における○の応手に対しては、確かに充分でした。充分だったんですが・・・上に打たれた場合ってどうすればいいんだろう。ということをすっかり失念。こんなところで●B8なんて放出してしまうと、あっさりストナーの○F8で死亡フラグが立ちます。

さて、ここでの第一感は●G2でした。実際某シマウマ系CPU様もG2最善プラス8! なんておっしゃっているのですが・・・○H7とラインを切られる場合もそうでしたが(その場合は、実際は●圧勝)、それ以上に○F8と打たれた場合の応手が思いつきませんでした。


+++○○○○+
+++○○○●+
●+○○○●●+
●●○○●○●●
●●●●○●●●
●●●○●○●●
●+○●○○○+
++○○○○++

参考図、次●番


こうなった場合、●はG8かH7、どちらでもほぼ一本道で勝ちのようです。というか自分には、ここからH7だのG8だのを打って一本道~のようには全く見えず・・・


+++○○○○+
++●○○○++
●+●●○○●+
●●●○●○●●
●●●●○●●●
●●●○●○●●
●+○●●●○+
++○○●+++

●C2


に打ちました。プラス8からマイナス12になる、20石損の大悪手ということになります。B3~G8のCライン通しを狙ったつもりの一手でした。仮にここで○B7と打たれても、切ってしまえば左下の確定石の都合上大丈夫! なんて思ってたんですが・・・これ、○B7と打たれると、ラインの切りようがないんですよね。


+++○○○○+
++●○○○++
●+●●○○●+
●●●○○○●●
●●●○○●●●
●●○○●○●●
●○○●●●○+
++○○●+++

参考図:○B7


すこし考えれば、俺には分からなくても、駒形五段にわからないはずがない。相手の時間も切羽詰っていたのが幸いしました。初戦の村上九段戦で疲れが出たのか、駒形五段はここでB7ではなく○C1と打ってきました。


++○○○○○+
++○○○○++
●+○●○○●+
●●○○●○●●
●●○●○●●●
●●○○●○●●
●+○●●●○+
++○○●+++

●番


通したCラインを○に切られる形に。ここはCラインを通し返す一手だろうと考え、●B3に。○B2と続きます。


++○○○○○+
+○○○○○++
●●○●○○●+
●●●○●○●●
●●○●○●●●
●●○○●○●●
●+○●●●○+
++○○●+++

●番


ということで・・・ようやく問題の場面まで来ました。たしかここらで


●:持ち時間1分


くらいだったと思います。相当あせってました。そんな中での第一感はB8。



++○○○○○+
+○○○○○++
●●○●○○●+
●●●○●●●●
●●○●●●●●
●●○●●○●●
●+●●●●○+
+●●●●+++

参考図:●B8


当然○はF8とストナー狙い。しかしホワイトラインを切ることができるため、上辺を得ることができます。

まぁ時間なかったんで、そこまで深くは読めなかったのですが、自分はこの手、却下しました。何故といわれても正確には答えられないのですが、このB8F8進行だと



偶数理論にハマるんじゃないか



という漠然とした不安があったのと、左辺下辺での○の確定石が多すぎるような気がしました。また左上3マスが、おそらくは


○A2→●A1→○B1


となることから、2の列も○のまま。足りそうもありません。が、実際は右辺を●がとれる形になり接戦になることから、とても自分の考えるような局面にはならないのですが、とにかくこの手筋、足りないと判断しました。


ということで、次に思い当った手、それが勝負手であり、唯一勝ちを見いだせるのではないかと思ったのがこれでした。


++○○○○○+
+○○○○○++
●●○●○○●+
●●●○●○●●
●●○●○●●●
●●○○●○●●
●+○●●●●+
++○○●●++

●F8


自らH8を○に渡す手です。が、事前から通しておいたCラインを使うという意味では、これは充分あり得る手だろうと思いました。○は小考の末、H8を選択。●B8と打ち、Cラインの通しを効かせます。


++○○○○○+
+○○○○○++
●●○●○○●+
●●●○●●●●
●●○●●●●●
●●○●●○●●
●+●●●●○+
+●●●●●+○

○番


ここで○H7。


++○○○○○+
+○○○○○++
●●○○○○●+
●●●○○●●●
●●○●●○●●
●●○●●○○●
●+●●●●○○
+●●●●●+○

●番


●A1と打ちます。


●+○○○○○+
+●○○○○++
●●●○○○●+
●●●●○●●●
●●○●●○●●
●●○●●○○●
●+●●●●○○
+●●●●●+○

○番


ここで○、時間がなかったからか、ついに敗着。○A2と打ちました。


●+○○○○○+
○○○○○○++
●●●○○○●+
●●●●○●●●
●●○●●○●●
●●○●●○○●
●+●●●●○○
+●●●●●+○

●番


こうなるとB1が逆偶数の種となり、●の勝ちになります。●はG8とうち、下辺左辺をもっていかれるも中辺を●のものにすることができトントン。あとは逆偶数で右上をさばいてしまえばいいということになります。

とまぁこんな具合で、運よく勝負手が決まり勝てたわけですが、○には引き分け勝ちの権利があった分、勝ち筋はまだありました。


●+○○○○○+
+●○○○○++
●●●○○○●+
●●●●○●●●
●●○●●○●●
●●○●●○○●
●+●●●●○○
+●●●●●+○

再掲:○番


G8は●のCラインが通っていて打てないのと同様、●もB1にはCラインを通されていて打てない。これを利用する○H3が正解でした。


●+○○○○○+
+●○○○○++
●●●○○○○○
●●●●○●○○
●●○●●○●○
●●○●●○○○
●+●●●●○○
+●●●●●+○

黒番


最善はB7ということですが、自分はこれならG8に打とうと思っていました。ただいずれにしても、右上の3マス空きが


●→●→○


という手順になり、打ち止めを○に打たれるか、もしくは上辺をあきらめて逆偶数的に●→○→●
と打つしかなく、●が微妙に足りなくなるという話です。たぶん。

同じ理論で(?)たぶんこの局面でもH3で○勝ちだったと思います。


++○○○○○+
+○○○○○++
●●○●○○●+
●●●○●●●●
●●○●●●●●
●●○●●○●●
●+●●●●○+
+●●●●●+○

●B8と打った局面


ここで○H3と打たれても、●H7と打てば○G8が来る分厳しいので、これでも●A1と打ち・・・○H7と入られて、先ほどと同じような形になります。右上3マス空きがうまく使えず、これまた○の僅差勝ちになるようです。




以上で解説は終わりです。まぁこのH3に対しては、●B1という好手があり・・・なんて話もあるんですが、部屋の温度が異常に高くなってきたので、そろそろ失礼させていただきます。


>>ATOK最高さん、newkさん、N島さん

正解です! 俺にかわってもっと詳しく説明していただけると幸いです。


>>てばさん、くらさん

不正解です! ・・・とは言い切れません。結局F8にしろB8にしろ2石か違わず、どっちも●負けなんですよね。引き分け勝ちの権利もってないんで。ただまぁ

「F8っていう手もあるんだねえ」

くらいに受け取っておいてください・・・。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
>後に●B8と打つことでA3~F8のBラインを通すことができ


Aラインだっけ?
2007/08/21(火) 19:00 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。