「○段格」の使い方?

ここでは、「「○段格」の使い方?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私見を少々。




某管理人系八段様のブログにあった「○段格」という表現。自分は中島さんの疑問視する意味でも使っている人間です。たしかに厳密に元の意味をたどれば


「資格を有するが申請しない」


時に限定されると思うんです。でもやっぱり人情としては、本来(昔?)二段の認定を受けられるのに、ルール改訂により初段までしか申請できなくなってしまった。などというようなイメージがいまだに強いんですよね。そういう視点から見れば、



「○段相当の力を有する者」



という表現が、必ずしも間違っているとも思えないわけです。「格」ってそういう意味で使えますよね? 日本語的に矛盾は無いと考えています。もともとは未申請から始まった単語ですが、いまとなってはどちらで使ってもかまわないような気がします。

さて、この場合は「旧連盟ルール」を元に、○段の力を推し図っていますが、これをさらに広い意味で使っていけば、



「あいつって○段くらいあるよねぇ」



という「結果に表れない強さ、経験に基づく強さ」でも、○段格という言葉は使えるような気もします。前に某関西最強系二段様とチャットしていた際、


「オセロってやたら段位にうるせぇよなwww」


という話になったのですが、端を発するはこの発想に尽きるのではないかと。
聞けば囲碁や将棋に関しては、段位は「自己申請」が基本なんですか? 思うに、本当に正しい段位をプレイヤーにつけるなら、自己申請がもっとも適切な方法ではないかと感じています。どの段位にどの程度勝てるか、負けるかという長期的な視野から算出できますからね。無理に規定を設けるからこそ、


その人の実力に相当する適切な段位が与えられず


結果、「○段格」なんていう言葉が生まれてきた。と考えることもできるんじゃないでしょうか。

ただオセロに関しては、たとえば自分が八段や九段に勝ててしまったことがあるように、明らかな実力差があったとしても、それが勝率には結び付きにくいというゲーム性があるように感じます。つまり実力の上下を付けにくいわけですね。そうなると「○段レベル」のイメージも付けにくくなってくる。そうすると、やっぱりルールで段位を設けるしか、差別化する方法が無いのかもしれません。この「○段格」という疑問、これはかなり深いところまで掘り下げて考えることができるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
この記事へのコメント
実績以外の要素で格を使うのは好ましくないと思います。
例えば職場でチョー強くて無敵なので九段格と名乗ったら滑稽ですよね。
内輪で権利を得ていないにも関わらず○段格などと言ってしまう程度で
傍から見ても本来の意味と区別化できていれば問題ないんですけどね。

そういうわけで私はチョー恥ずかしい九段格です。ありがとうございました。
2007/09/21(金) 01:09 | URL | 加納九段 #-[ 編集]
「*段格」という表現は、昨日や一昨日に自然発生した用語ではなくて、
古くは1970年代末頃の「全関東選手権」棋譜集にもこの用語が用いられています。
その意味するところは、なかじさんが書かれている通り。
だから今になって違う意味で使うのは好ましくないと私は考えています。

こしあんさんの言うことはよくわかるのですが、段級位認定規程を満たさない
が、ある段位相当以上の実力を認める人の実力を表現するなら「格」ではなく
「並み」ぐらいの表現しか思いつきません。「五段並み」のように。

それから
>その人の実力に相当する適切な段位が与えられず
これは村上さんだって、こういう時期が結構長く続いたのです。
優勝候補と目されながら優勝できなかった時期。
こういうトンネルのような時期を努力と精進で打破できたから今の実力と
それにふさわしい名声が与えられているわけですから。

私の場合は、段位相当の結果を出せるような実力を備えるべく努力を続ける所存です。
2007/09/21(金) 14:27 | URL | tanida #-[ 編集]
>>加納九段格さん、谷田さん

貴重なご意見ありがとうございます。


文章後半に書いた「数字に表れない力」以降で『格』の字を使うかどうかですが、
これはかなり個人的な話で、実際私は使われているところをまだ見たことがありません。
なので、まだ見ぬみなさんの意見も、きっとそうなっているんでしょう。
さも使われているかのように書いてすみませんでした。


2007/09/21(金) 15:32 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。