掲示板に載せた問題の解答

ここでは、「掲示板に載せた問題の解答」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっと、思わぬ量の解答が集まり、当惑しております。先輩方お久しぶりですっ。せっかくなのでなるだけ丁寧に回答を・・・と思ったら、やったら文章が長くなってしまいまして。本当はサークル掲示板のほうにこっそり書いて終わろうと思ったのですが、こっちのブログで解答編を書きます。読者の方々も暇なら考えてみてください。まぁスクロールするとすぐ解答(?)があるんですけどね。

ではでは一応解答編ということで・・・


+++++●++
++●●●○++
+○●●○○○○
○○○●○●●○
++●●○○●○
○○○○○●○○
++●●○○+○
+++●○○++

再掲:黒番

問題:佐藤二段(黒) vs 村上九段(白)戦より、次黒番。この後実践では、黒は一気に形を崩して大敗してしました。では黒はどのような展開をしていけばいいのでしょうか。




よくオセロの問題って「正解は※※で、その理由は~」っていうのが多い気がするんですが、個人的にそういう問題はあまり好きではありません。実際難しい局面に接した時、答えがあるのかないのかすらわからないわけですから、はじめから答えがあると分かって考えるのとは訳が違うと思うんです。


と、保険をかけておけば


うまく説明できなくてもたぶん許される。はず。


ええと、話が逸れましたが一応解答へ。コンピュータ的には正解は複数あるのですが、この局面で考えることはズバリ


「左下をどうさばくか」


だと思います。これまたどう打ちまわすか色々あるわけですが、ひとつには●B5と打ち、


「左辺の○ウイングを目指して」


将来的に●B7を狙う手筋です。と言いたいのですが、実は○A5と打たれるとピュアウイングになるために●B7が無くなり・・・これまた非常に難しいのですが、方針1としてはこんなところ。●がG1やG8を使うことで○も打ちにくく、形成五分といったところ。


さて実践では・・・●はg1に打ちました。まぁこれ自体は悪い手ではないのですが、根本的に読みを間違っていました。○はg7にきて次の場面。


+++++●●+
++●●●●++
+○●●●○○○
○○○●○●●○
++●●○○●○
○○○○○○○○
++●●○○○○
+++●○○++

白番


確定石重視とか勝手読みをしながら、●H8、○G8・・・


+++++●●+
++●●●●++
+○●●●○○○
○○○●○●●○
++●●●○●○
○○○○○●○○
++●●○○○○
+++●○○○●

黒番


打っちゃったんですね。H2。これは超へたくそな打ち方で・・・


+++++●●+
++●●●●+●
+○●●●○●●
○○○●○●●●
++●●●○●●
○○○○○●○●
++●●○○○●
+++●○○○●

白番


なんとC1~H6のBラインが綺麗に通っちゃってます。これでは○C1と打たれて死亡です。そうならないように、せめて●H2ではなく、●G2と打つべきでした。


+++++●●+
++●●●●●+
+○●●●●●○
○○○●●●●○
++●●●○●○
○○○○○●○○
++●●○○○○
+++●○○○●

●G2のケース


この場合だと、○H1●H2のあと○C1と打たれても、これはD1とE1がハイパー偶数になり形成五分。よって○B5が白の最善になるらしいのですが、まぁこっから先どうなるのかさっぱりです。さっぱりってことはまだまだ互角ってことでおkw?

ちなみにこの時点での○B5を防ぐため、当初の問題場面で●B5○A5を交換しておくと、●にとってはやや良い方向に向かうそうで。左辺をウイングにする方針1案ではなく、この右辺からの確定石案(?)の意味でも初手●B5はありですね。




・・・なんだか締まりが悪くなってしまいましたが、なんでこんな後味悪い問題を後輩達に出したかというと、


とりあえず難しい局面を、自分なりに考えてほしかった


ということです。結果的に合っているかどうかは二の次です。だからカツオ君的解答はあまりよろしくないw 状況を悪くせずに打ちまわせることも大切なことだと思うので、大局観といいますか、そういう問題として載せてみました。














・・・














後味悪いですよね。ちっとも解答になってませんね。














ということで、超理想的解答があったので、それを最後に載せて終わりにしたいと思います。さすが平川六段。完璧だと思います。すげー。


+++++●++
++●●●○++
+○●●○○○○
○○○●○●●○
++●●○○●○
○○○○○●○○
++●●○○+○
+++●○○++

再掲:黒番


引用
『結論としてはb7です。もし白がa8を取ってしまうと、黒にg7と打たれて左下に黒の余裕手ができるので、黒b7に対して白はg7と打つはず。
そこで黒はh8→g8→h2として右上を3個空きにします。偶数理論的には白がg2へ打つはずで、そうしたら黒はg1、h1の連打を狙う事が出来ます。最初にb7へ打っているからh1へ打つ種石もなくなりにくいはず・・・』


左下で余裕手をつくる、もしくは余裕手ができるという牽制をしながら、右辺を固めていく方針とでもいうんでしょうか。たくさんの解答の中で、これが一番わかりやすいと思いました。



>>うにさん
G8~G1の打ちまわしの後、●が果たしてH8に入れるのか。上の中編はピュア状態のため、ウイングを攻めるのも難しそうです。そこらへんをうまく読まないと、ひょっとしたら危険かもしれませんね。


>>初代さん
●G1○C8●B6○A6と打ったあと、何気に●B7が打てないみたいです。まぁこんなの並べてみないとおれには到底みえないんですけど。とりあずG1から打って右辺を取りたいのですが、その取り方を間違えたために俺は大敗してしまいました。ですが初代さんであればきっと乗り切れたことでしょうっ。G1から右辺を伺う方針も、H2というブービートラップにさえハマらなければ充分問題ないんでしょう。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
多分c1が見えずにh2に打って爆死していたと思います。
2007/10/26(金) 01:28 | URL | 初代 #-[ 編集]
僕もそう思うっす!

問題とか見ると「これは難しいかな」みたいな言葉やら「簡単かな」って言うのをみますが、難しいなら難しいトコロから考えればいいし、逆ならシンプルにいけばいいですもんね。

問題がある→正解がある
って思いますもんね。実戦ではないのに(´Д`)


まぁ僕も問題作るとき書いちゃったりしてますが…工夫が必要になりますね(ΘДΘ)カテナイキョクメンヲダシタリ
2007/10/26(金) 07:49 | URL | 鯨 #qbIq4rIg[ 編集]
>>初代さん
白から見れば当然の一手も、黒からみたら案外見えないものですよね・・・


>>クジラさん
あぁ、同志がいてくれて何よりです!

でもこの手の問題は、解答を作るのに非常に力量がいるのが難点です(´ヘ`;)ハァ
2007/10/28(日) 15:26 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。