天王洲SP~終盤ヨワス~

ここでは、「天王洲SP~終盤ヨワス~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後の大会に行ってきました! まぁ明日も明後日もネットオセロはするんでしょうが、生オセロはこれが最後。いわゆる「オセロおさめ」ですね。有終の美を飾れるよう、超頑張ってきました。


・・・のですが、今ゼブラ先生にお話を伺ったところ・・・まぁひどいひどいw 大会の最中にチョロっといったのですが、今日ってすごく調子がよかったんですね。なんというか、中盤で殺される試合があまりなかったように感じています。まぁそれはゼブラでみてもあながち間違ってはいないのですが、それとは対照的に振るわなかったのが終盤です。あきらかな詰み状態を逃して負けたりと、とにかく全然見えてなかったです。そんなわけで、今日は負けた3試合を重点的に見返してみようと思います。


1回戦:渡辺二段

黒を取られるとひっぱられて苦しくなるなぁと思い、分け勝ちを捨てて黒を選択。裏蝙蝠の変化は、評価値が●側からみて-10前後、○側からみて+1前後と、よくわからない形勢になりました。そのあと徐々に黒が形勢を良くし、


++○+○●++
++○○○●+●
+●●○●○●●
+●○●●○●●
+○○○●○●●
++○○●○●●
++○●●○+●
+○○○○○○+

●:佐藤(二段) 黒番
○:渡辺(二段)


第一感は●G2でした。でもこれ○G1って打たれて・・・ああ困った。連打されてしまう! なんていう底の浅い読み乙。●G1○G2ならば、●B7で非常に簡明になるんですよね。


++○+○○○+
++○○○○●●
+●●○○●●●
+●○○●○●●
+○○●●○●●
++●○●○●●
+●○●●○+●
+○○○○○○+

参考図


これで右辺は下辺からの流れで一手分黒が先行し、2辺を確定させることができます。まぁこの最も簡明な筋を逃し、結局打ったのが●B6というセンスのない一手。


++○+○●++
++○○○●+●
+●●○●○●●
+●○●●○●●
+●●○●○●●
+●●●●○●●
++○●●○+●
+○○○○○○+

白番


もちろんここで嫌だったのが○B2でのライン通し。D2で切れるものの、切ったからどうなのよという感じですね。実際○B2で-2形勢。たぶんこれ打たれてたら俺が間違えて負けてます。
が、ここで○は大悪手のA6。あーこれなら勝った! と余裕の左辺処理を終えて迎えた終盤。


++○+○●++
++○○○●+●
+○●○●○●●
○○○●●○●●
○○●○●○●●
○○○○○○●●
++○●●○+●
+○○○○○○+

黒番


この時点で●+42形勢。大勝間違いなし! の局面です。局面なのに・・・(涙)。たった3手の筋が見えていない。●G7は○G1と切られて損だ! とかマジでオセロ初心者並の勝手読み。○G1なら●D1で、ライン通るじゃないですか・・・(´ヘ`;)ハァ。白はG2しか置けず、楽勝です。

さて、その筋を見逃した自分は、●D1というチキンな手を打ちました。これでブラックライン通せば勝ちじゃね? とかいう超浅はかな読みです。当然そんな勝手読みが通じるわけもなく、○B2と逆にラインを通されてしまいます。


++○●●●++
+○○●●●+●
+○○●●●●●
○○○○●○●●
○○●○○○●●
○○○○○○●●
++○●●○+●
+○○○○○○+

黒番


一応読んでいました。この進行。でも打たれてみて、「あれ? これどうしたらいいの?」と徐々に混乱。なんか空気が淀んでました。●B7、○G2、●H1、○G2と来て、


++○○○○○●
+○○○○○●●
+○○●●●●●
○○○○●○●●
○○●●○○●●
○○●○○○●●
+●●●●○+●
+○○○○○○+

黒番


これでもまだ●勝勢。第一感●G7○H8、●A7○A8で中辺をまもって、●A2と打ち上辺2列を確保して余裕だろうと思っていたのですが・・・なんなんでしょうね。何を思ったんでしょうおれ。こっちのほうが得じゃね? とか意味のわかんねー手を・・・














++○○○○○●
+○○○○○●●
+○○●●●●●
○○○○●○●●
○○●●○○●●
○○●○○○●●
+●●●●○+●
+○○○○○○+

ここで・・・













+●●●●●●●
+●●○○○●●
+●○●●●●●
○●○○●○●●
○●●●○○●●
○●●○○○●●
+●●●●○+●
+○○○○○○+

●B1 ヽ( ・∀・)ノウンコー














盤面唯一敗着手














他どこでも勝ちみたいです。これもうズブの素人みたいな手ですよね。何やってんだろう俺。弱いとか弱くないとか、そういう話にもならない手です(´ヘ`;)ハァ。


3回戦:山四段

続いての反省は3回戦から。前回レートをガッポリもってかれたので、少しでも取り返したい相手でした。序盤劣勢ながら粘ることに成功し、なんとなく勝てるんじゃないか? というところまできました。


+●●●●+++
○+●●●○++
○○●●○○○+
○●○○●○○●
○○●○●●○●
○+○○○●●●
+++○○○+●
++++○+++

●:佐藤(二段) 黒番
○:山(四段)


まぁたぶん、左のウイングを攻められれば勝てるんじゃないか? と考えていました。問題はウイングを攻めるにあたって、いつ●B7を打てばいいのか。今すぐダイレクトに打ってもよさそうだし、一度●C8○D8の交換を入れたほうがいいのかもしれない。うーん。
実践では交換を入れてみました。●C8○D8●B7。


+●●●●+++
○+●●●○++
○○●●○○○+
○●○○●○○●
○○●●●●○●
○+●○●●●●
+●+○○○+●
++●○○+++

白番


ん・・・。なんだこれ、○A8の後●C7、○B8で・・・A7に入れないじゃないか! これは困った。ということで、○A8に対して急遽予定変更。●F8と打って、○C7で●び・・・


+●●●●+++
○+●●●○++
○○●●○○○+
○●○○○○○●
○○●○○●○●
○+○○●●●●
+○○○●●+●
○+●●●●++

黒番


●B8打てねーwww いやまぁ打てたからって何かいいことあるんですかと言われたら、たぶんやっぱりないんでしょうけども。このあと偶数から逃れられず死亡。☆に打つ流れにしたければ、ダイレクトに打つのが正解だったようです。
ちなみにC8D8の交換をする場合、次の黒は☆ではなく●C7が正解。下辺を捨てて左辺上辺の確定石で足りるらしいですね。



4回戦:朝比奈二段

今日最後の反省は4回戦より朝比奈二段戦。序盤中盤は、ほぼどっこいだったんですが・・・自分が敗着を打つ→相手が即敗着返し。一応勝ち筋らしきものがある局面からです。


+○+●●+○+
○+○●●●++
+○●○●●●+
●●○●●●●+
●○●○○●○○
●●●●●●○+
●+●●●○++
+●●●●+○+

●:朝比奈(二段)
○:佐藤(二段) 白番


これ結構良い問題になると思うんですが・・・さて、正解はどこでしょう? 考えてみてください。














¨)考え中・・・














¨)考え中・・・














終了!














+○+●●+○+
○+○●●●++
+○●○●●●+
●●○●●●●+
●○●○○●○○
●●●●●●○+
●+●●●○++
+●●●●+○+

再掲:白番


答えは

「○C1」

です。みなさん正解できましたか? 一見上辺左辺を捨てる悪手に見えるかもしれませんが、これってよくよく考えると必然手なんですよね。
その理由はというと、まぁいろいろあるんですが、たぶん「黒の好手だから。」というのが一番しっくりくる答えなんでしょうか。ここで怖いのは、常に


●F8→○A8→●A3


の手があるということ。仮にこれで上辺が白山だったとしたら・・・。きついですよね。2辺確定です。さらに右辺に白が手をつけなければならず、結果的におそらく3辺もってかれてしまう流れになります。黒はこれを狙い、●C1の手を常にうかがっているわけですね。

実践ではこれに気付けず、○H3と打ち、●C1○F1を交換した後、F8A8A3の形にもっていかれ一本道でアウトでした。この負け筋を回避するために、白はC1と打つべきだったのです。


+○○●●+○+
○+○○●●++
+○●○○●●+
●●○●●○●+
●○●○○●○○
●●●●●●○+
●+●●●○++
+●●●●+○+

○C1


ここでの最善は●H4らしいのですが・・・それはおいといて(え)、●A1と打たれたとします。


●●●●●+○+
○+○○●●++
+○●○○●●+
●●○●●○●+
●○●○○●○○
●●●●●●○+
●+●●●○++
+●●●●+○+

白番


こうなると、●が上辺を制しきれていない形になります。もともとどうやったって●F8~の流れで左辺上辺は失う白なので、

F1が白からしか打てない
→H1を確定されていない


今の状況のほうが断然いいわけですね。あとは●H7の対応として○H3と打っておけば(6列が通り、場合によっては偶数が崩壊します)、偶数理論で足りるという手筋でした。たぶんこうなると●が完全に足りなくなるので、●はA1ではなくH4と打つ必要があるのでしょう。なんでH4でなければだめかというのは、正直「説明」できないですがw これは非常に参考になった終盤でした。





以上です。ちなみに今日の戦績は、

1回戦:渡辺二段 負け
2回戦:渡辺四段 勝ち
3回戦:山四段 負け
4回戦:朝比奈二段 負け
5回戦:加藤1級
6回戦:小出三段 勝ち


計 3勝3敗 13位/35人


でした。順位はそこそこなものの、常に負けが先行する苦しい大会でした。1回戦負けて渡辺四段は無いだろ・・・。と愚痴をこぼしたんですが、これってよくよく考えるとむしろラッキーなんですよね。負ければ負けるほど強い人に当たれない→勉強できるチャンスが減る。わけなんですが、そんな中で強豪に当たれるというのは、これは素晴らしいことなんじゃないか? と考えるようになりました。まぁ成績は悪くなるんですけどね。ポジティブにとらえれば、これはこれでアリなんじゃないかと、新しい発見があったわけです。

さてさて・・・一年を締めくくる大会としては・・・うん、今の自分の弱さが全面に出た大会でした。序盤中盤は良くなってきている。でもその分、勝っている終盤を勝ちきるスキルがまだまだ足りない。前から言ってたことなんですが、まだまだ精進が足りないようです。来年の課題が一つ見つかりました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
分からんかったあ、これ良問やねえ。
当てられて山になるのが嫌だから先に捨てちまえの手筋ね;;
去年こしあんとやったガチバトルのときも
当て捨てでドローになる筋があったよなそういえば。
2人とも全く見えてなかったけどw

僕ら進歩してねーなおい(´Д`)w
2007/12/30(日) 06:05 | URL | 魔手 #Ty2av2sE[ 編集]
この問題、自HPでも使いたいかも?
一年間お疲れ様でした☆

おせろでもそうだと思うけど、競技である以上落ち込む時期があるから強くなれるんだと思いますよ。(マジメな意見w)
σ(・・)も今年8月で初段デビューするまでは、1年以上奈落の底だったし。。。
ふぃぎぃあすけーとの安藤さんも、去年のブランクがあって、今年急成長だしね☆

来年はうまくいくでしょう♪
2007/12/30(日) 08:25 | URL | 無能ばっし~ #-[ 編集]
いやぁ。対局者の視点で書くと。
自分があの敗着打った時点でC1の手は頭に多少はあったかなぁ。

特にとってもメリットはなかったので、実際C1つけられても取るつもりなかったんだよねぇ。
必然手ではなかったので。
そのまま左上は形として放置してても、左上の奇数空きを白から特に処理できるわけでもないので。
(白B2なんてうったら黒a1と取ったときの白の傷口が広がるだけ)

だからもしc1打たれてたらf1置いてくるの待ってから仕掛けるつもりだったかな。
ということで実際問題、a1と置かないとなれば考えられる場所としてh4に置いているはず。
なのでh4が最善手というのは納得なんですよ。
『a1と今すぐ応じるメリットが何もないから』、が僕にとっての理由づけになってます。

そこで白がf1を処理してきたら例の交換をしてたし、
処理してこなければ右辺の流れをみて、これ以上、手をつけるべきでないと判断したらa1かな?


とりあえず、こしあんに終盤で奇怪なマジックしかけられないように一本道の終盤用意したらこういう筋しか選択できなかったわけですよ。ハァ。
終盤難しいね。てか偶数の力はすごいね。
2007/12/30(日) 09:36 | URL | さとぼそ #-[ 編集]
こっちの見方で書けば。

-2→-42まで豪快に落とした物だと思います。
 →「-42からのオセロ」 ・・・・売れそうにもないタイトルです

この辺でこちらの持ち時間は2分弱でしたので
針落ちしないで打つようにと全く手が読めませんでした。

実戦手順は唯一勝ちがある紛れといえばそこだけだろうな
 →アバウトな読み(53手目は打ちたくなるだろうな・・・・)

と実際何も考えられませんでした。
2007/12/30(日) 10:46 | URL | でかなすぺ #-[ 編集]
>>ましゅさん
進歩してないっていうか、これ無理だしwwww
でもこういう手が打てるようになるとカッコイイ。はず。


>>ばっしーさん
出展のリンクをつけてくれると、広告にもなって非常にありがたいです。
是非使ってやってくださいw


>>さとぼそさん
んーw そこまで読まれてたら、そりゃ勝てませんわ(´ヘ`;)ハァ
ただそのH4「でなければならない」理由を「説明」するのは難しいですよね。
A1は打たないとして、なぜH6でなくH4なのか。
まぁ進めてきゃそこしかねーんだぜ。としか言いようがないのが現実です。
でも進めてない俺らがなんで暗黙のうちにH4でいいんだろう。
と判断できるのか、そのメカニズムがよくわかっていない今日この頃です。


>>でかなべさん
53手目の罠ですか・・・ということはすでにB2のライン通しから、
この53手目の罠を見ていたわけですね。読んでないとか、いやいやww
充分すぎますよ・・・。これで今年は負け越しちゃいましたね。
2007/12/31(月) 13:59 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。