天王洲あれこれ

ここでは、「天王洲あれこれ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と、その前に・・・前々回あたりに書いた問題の解答をば。


+●●●●●●+
○+●●○○○+
○○○●●●○○
○○●○●○○○
○○○●●○○○
+○●○●○○○
+●●●●●+○
+○○○○○○○

●:こしあん(三段) 黒番
○:うに(初段)


まぁ、問題自体はむずかしくもなんともないですね。というかなんでこんなのを問題にしたのか。うん、


当てて取らせて満足


この流れで紹介しただけでした。

さて、解答はというと、●A6ですね。


+●●●●●●+
○+●●○○○+
○○○●●●○○
○○●○●○○○
○●○●●○○○
●●●○●○○○
+●●●●●+○
+○○○○○○○

白番


○A7であれば、●G7と打ってホワイトラインを通して終了。すりっぱ先生が懸念されていた(?)○A8も、●A7で何の問題もないですね。


+●●●●●●+
○+●●○○○+
○○○●●○○○
○○●○○○○○
○●○○●○○○
●●○○●○○○
●●●●●●+○
○○○○○○○○

○A8、●A7


ということで、●A6が正解です。が、これは別に●H1○H2の交換を入れてからでも可能なため、●H1も正解です。ただその場合はブラックラインを黒が確保できないため、その分石損となってしまいます。
ちなみに実践では、●G7とかいう手を打って失敗してしまいました。


+●●●●●●+
○+●●○○●+
○○○●●●●○
○○●○●○●○
○○○●●○●○
+○●○●●●○
+●●●●●●○
+○○○○○○○

●G7


なんてことはない、先ほどまで取っていた7列が、G7打った後も通り続けるとかわけのわからないこと考えてたわけです。○A6●A8で○A7にー・・・うーてーるー(´ヘ`;)ハァ



ということでした。当てて取らせて満足。どうやら魔手三段が「あれは俺が作った格言だ!」と騒いでいるので、たぶんそういうことなんでしょう。かつお君も優勝してしまいましたし、これってかなりどこでも使える格言ですね。


さて、天王洲の試合を振り返りたいと思います。



6回戦:宮崎四段戦

+++○○●++
++○○●●++
●○○●○●●+
●○●●○○●●
●●●●●●●●
●●○○○●●○
++●○+●++
++++++++

●:宮崎(四段)
○:佐藤(三段) 白番


定石はヒラメから。白の緩手が目立ちましたが、一応勝負ができるくらいで収まっていたようで・・・こんな場面になりました。左上5マス空きが後々重くなりそう。普通に打てばたぶん○H3あたりになると思うのですが・・・左上5マス空きは、右上の5マス空きと合計して

10マス空きの偶数と考えられないか?

という発想から、こんな勝負手を打ってみました。


+++○○●++
++○○●●++
●○○●○●●+
●○●○○○●●
●●●●○●●●
●●○○○○●○
++●○+●○+
++++++++

○G7


なんであれ左上に黒が手をつけてくれればそれでよし。下辺の黒の応手も見当たらず。まぁまぁいけるんじゃないかと考えていました。
この後●D8、○E7、●E8と続き、




+++○○●++
++○○●●++
●○○●●●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

白番


ここでは引き分け筋が一つあるのみ。なかなかに難しいと思うのですが、最善手とその理由を考えてみてください。














¨)














('ロ')














終了ー。


+++○○●++
++○○●●++
●○○●●●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

再掲:白番


解答に行く前に、実践通りに棋譜を追ってみましょう。ここで白はG1と打ちました。

+++○○○○+
++○○●○++
●○○●○●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

○G1


ここで●はA2と打ちました。



+++○○○○+
●+○○●○++
●●○●○●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

白番


当初自分は、黒はB1に来るのかなぁ。その場合は○G8とか打つしかないのかなぁ。とかいろいろ考えていたのですが、これはこれで打たれて苦しいなと。いろいろ考えた結果、左辺の●ウイングを攻めるのであれば、ここは右辺を捨てるしかないなと。このままでは


1.●H8と打たれたときに、○H3は右上が逆偶数になるので打てない

2.右辺にある●ウイングを攻めるために○C8と打ちたいが、ダイレクトでは●H8の後の○H7では7列がすべて返り、下辺に白が打てない+○B7の手がなくなる

3.○F8では、●H8○H7でG8逆偶数が怖い


といった具合から、○H7と打ちました。●H8と来て、


+++○○○○+
●+○○●○++
●●○○○●●+
●○●○○○●●
●●○●●○●●
●●○○●●○●
++●●●●●●
+++●●++●

白番


右辺●ウイングを攻めるために、○C8


+++○○○○+
●+○○●○++
●●○○○●●+
●○●○○○●●
●●○●●○●●
●●○○○●○●
++○○●●●●
++○●●++●

黒番


ここで●B8


+++○○○○+
●+○○●○++
●●○○○●●+
●○●○○○●●
●●○●●○●●
●●○●○●○●
++●○●●●●
+●●●●++●

白番


さて、ここまで淡々と書いてきましたが・・・ぶっちゃけ、白も黒も「何も悪いことはしていない」つもりで打ってきてたんですね。なるようになっただけにすぎないと。ですがここでとんでもない事態に。


+++○○○○+
●+○○●○++
●●○○○●●+
●○●○○○●●
●○○●●○●●
●○○●○●○●
+○○○●●●●
+●●●●++●

○B7


ここも「悪いことはしない」で、●B1と打てb・・・('ロ')!?



+●+○○○○+
●+●○●○++
●●○●○●●+
●○●○●○●●
●○○●●●●●
●○○●○●●●
+○○○●●●●
+●●●●++●

参考図:●B1


なんと、G列が真っ黒になりながら、続く○G2によってブラックラインが通ってしまうという、黒にとってはこれ以上ないほどの二重苦。こうなると○G2●B2、以下○H3と打たれて、手筋的に黒が足りなくなるであろう流れになってしまいます(最善だと●31)。これを嫌った●A8も、○A7●B1○A1●C1○B2で、2の列が真っ白のため、●H1の後○G2と打たれて黒足りず。ということになってしまいました。

ということで、一見黒の最後の勝利の一手に見えた●B1が、実は○G2という絶好手を生んでしまう結果につながるわけです。これを防ぐために、●は先の局面で・・・


+++○○○○+
++○○●○++
●○○●○●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

黒番


●A2と打った場面ですが、その後の展開を考えればここで●B1と打ち、先ほどみた展開にさせない工夫をする必要があったわけです。


+●+○○○○+
++●○●○++
●○○●○●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

参考図:●B1


○G8に対しては●F8と打つことで、黒は優勢を保てますね。


さて・・・では、いよいよ先ほど出した問題の解答に入ります。


+++○○●++
++○○●●++
●○○●●●●+
●○●○●○●●
●●○●●●●●
●●○○●○●○
++●●●●○+
+++●●+++

白番


○G1と打ってしまっては、続く●B1で○H7が打てなくなってしまう。というわけで、ここは先に○H7と打つのが正解でした。


+++○○●++
++○○●●++
●○○○●●●+
●○●○○○●●
●●○●●○●●
●●○○●○○○
++●●●●○○
+++●●+++

正解:○H7


●H8の後、今度こそ○G1と打つことで、先ほどみた黒の悲劇へとつなげることができるわけですね。


+++○○○○+
++○○●○++
●○○○●●●+
●○●○○○●●
●●○●●○●●
●●○○●●○●
++●●●●●●
+++●●++●

●H8、○G1


ポイントは○H7●H8の交換を入れることで、黒の好手に見えた●B1に対して、G列とブラックラインのそれぞれの通しで対抗できるということを見抜けたどうかですね。

さて、自分はこの試合勝てたわけですけど、当然こんな複雑な読みができていたわけもなく。かんっぺきに「偶然勝てた」状態でした。でもこれも読めないといけないんですよねぇ・・・。指運のすごさに感動しつつも、この程度のレベルは読み切れないとダメなのかなぁと、またまた自分の至らない点を見つけてしまったという感じがしました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
調子よさそうですね、、うらやましい限りです。
対照的に僕は、、、ここのところ指運が悪すぎてかなり落ち込んでいますw
理不尽な負け方が多い・・ ま、それも実力のうちってことで。

オセロは運ゲー化時代に突入してきましたね♪
2008/01/22(火) 00:54 | URL | kyo #-[ 編集]
まぐれで勝つことはあっても、まぐれで負けることは無い
負けるときには必ず理由があるのだ
2008/01/22(火) 19:33 | URL | CⅡ #-[ 編集]
>>kyoさん

神田明神で「勝守」という御守を買って以来、指運は妙に良い気がしています。
まぁその分、麻雀で勝てなくなってきたというのもあるんですが(´ヘ`;)ハァ


オセロも麻雀も運ゲーってことですね☆


>>CⅡさん
はじめましてー・・・でいいんでしょうか?

まぐれで勝つ場合、相手は自然と「まぐれで」負けたことになるのでは・・・?
とも一瞬思ったのですが、それは勝った側から見た場合に限った話ですね。
負ける理由はかならずあります。でもその理由ってのが・・・
まぐれって呼んでも差支えないレベルの場合もあるんじゃないでしょうかw?
2008/01/23(水) 16:00 | URL | こしあん #-[ 編集]
こしあん、すごいね、かっこいいね♪
私は、このブログを読むだけでは理解できなくて、
石並べてやっと意味が分かってるレベルです(>_< )
読み終えるのに30分かかった(笑)
2008/01/24(木) 13:38 | URL | うにけ #-[ 編集]
>>うにけさん
大丈夫です。えらそーに書きながらも、自分も実のところ

「たぶんこうなんじゃね?」

っていう程度にしか理解できてないですから><
じゃあ書くなって(´ヘ`;)ハァ

いえ、なんであれ書いてしまえばこっちのもんなのです。
これからはもう少し分かりやすく書いてみるようにします!
2008/01/25(金) 23:35 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。