みんなで品川クーリエ会員になろう!

ここでは、「みんなで品川クーリエ会員になろう!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某でかなべ系二段がブログに書いていましたね。






品川クーリエ会員ヽ( ・∀・)ノ





SOSの定期購読を申し込むとなれるみたいで、その特典をざっとまとめると

http://www.othello.org/special/courrier.html

1.送料無料
2.成績閲覧可能
3.専用掲示板
4.専用ネット対戦(未定?)


ってことらしいです。まぁなんでこれをおれが取り上げたかって、単純な話、














めっちゃ会員になりたいんですよ!!!!!!!














特に2番目の「成績閲覧」がすごく魅力的です。まぁこれは品川の大会に出てないとほとんど価値のないものなんですが・・・月平均3~4で品川に足を運んでいる自分としては、そこに膨大なデータが眠っているわけです。以前は「対戦段位成績、月間・年間成績」を個人的に算出していましたが、このクーリエ会員になると以上のデータに加えて、「対人戦績、連続○○大会記録」などなど、自分じゃ気づきもしなかったような詳細なデータを閲覧することができるんです

ちなみに自分が以前のように月間成績を出さなくなった理由ってのは、すげーめんどくさくなったから勝率60%から上下しないということがわかったからなわけで、データを集めて解析する必要がなくなったというのが正直なところなんです。

ここからさらなる高みを目指すなら、今以上のデータを集める必要があるわけで、そのためにもクーリエ会員になることで得られる情報価値は想像以上なんじゃないかと思ってます。
例えば対人成績。「あー、この人にこんなに負け越してるじゃないかー。テヘッ」で終わらせるのではなく、そこから


1.その相手の持ち定石は何か
2.どのような棋風の持ち主か
3.過去の棋譜を見直し、どのような負け方をしているのか


を研究していくことで、「その人」との勝率を上げるだけでなく、自分の足りない部分が見える→克服することで他の人との対戦において、逆に強みに変えていけるわけです。情報をただ見るのではなく、そこから意味を汲み取ることで棋力向上につなげることができるのです。ね?すごいでしょう?














じゃあそれだけ価値のあるクーリエ会員に、なぜ「会員になりたい」であって、現状「会員ではない」のか。これにも理由がちゃんとあります。














オセロジャパンポイントカードが使えないから!














これすごい納得いかないんですよね。ポイントカード(以下PC)は1枚につき500円相当の価値があり、SOS1冊と交換することができるわけです。つまりこれを6枚集めれば、SOS6ヶ月分の価値に相当するわけで、その6枚(もしくは数枚+キャッシュによる補填)でクーリエ会員になることに何の問題もないのでは? と思うわけですよ。PCをためるのにしっかりと棋譜を提出しているわけで、そのおかげで(少々おこがましい言い方ですが)SOSが出来上がっているわけです(もちろん見る価値のない棋譜までカウントしていただいていもらっているわけですが)。そうして苦労して集めたPCが、クーリエ会員になるうえではこの上なく可燃ゴミと化してしまう、この状況がどうにも自分がクーリエ会員になるうえで

デメリット>メリット

という状況を生み出しているわけです。送料に現金が絡むからという理由なら、送料は現金負担とかでも全く問題ないんで、なんとか一考してもらえないんでしょうかね、管理人さん・・・!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
ちなみに
「すでにポイントカード一枚渡して(定期購読の)500円分補充してもらう」ことは可能です。
 →自分も一回やってもらっています。
  (ただしクーリエ施行前に残金に500円分補充しておいてくださいとの
  お願いだったのでクーリエにそのまま移行できるかどうかは微妙に不明です) 

ただし
「ポイントカードを6枚渡して
 クーリエ会員になることができる」
かどうかはわからないので大会の時に聞いてみる必要は
あります。
2008/06/02(月) 00:28 | URL | Dなべ #-[ 編集]
なるほど。全くの可燃ゴミになることは無いってことですね。

2008/06/02(月) 01:29 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。