時は金なり~九段の威圧感~

ここでは、「時は金なり~九段の威圧感~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもー。麻雀をしたら筋肉痛になりました、こしあんです。これといった目標もなく品川シーサイドに参加したわけですが、1回戦で辛くも渡辺三段に勝利すると、石数の関係から2回戦は村上九段と当たりました。予想外の強敵にあたふたしながらも、残り5試合分すべての力を費やしてでも「勝ってやるぞ(゜Д゜)!」という気持ちで特攻開始!



2回戦:村上九段

++++++++
+++○++++
++○○++++
+●●○●+++
++●○○+++
+++●++++
++++++++
++++++++

●:村上(九段)
○:佐藤(三段) 白番


村上九段とよくなる展開。ここから自分はいつも○B3と打っていたのですが、どうも裏蝙蝠系(どこから裏蝙蝠なのかは知りませんが)だと白が不利なんじゃないか。と最近思うようになってきたので、かわりに最近始めた○C6に打ってみました。九段に対してNO BOOKで挑むのがこしあん流('ロ')!


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
++○○○○++
++○●++++
++++++++
++++++++

黒番


とはいいつつ、一応最善の1通りくらいは知ってましたけども。ここは確か●B6が最善d・・・と思ってたら、●F6と打たれました。


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
++○○○●++
++○●+●++
++++++++
++++++++

白番


完全にNO BOOK突入。第一感は●B5を防ぐ、○G6だったのですが、それはどうにも「あまりに普通すぎる」と却下。別に拗ねてるわけじゃないんでしけど、おそらくその先まで知られているだろうという勝手読みで、なんとかここらで外し返せないだろうかと。

そんな流れで、第二感はD6の黒を消す3マスのどれか。ただ○E5は明らかに●B5で不利になるので却下。○D7 or ○E7で迷いました。諸々考えた結果○D7をチョイス。


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
++○○○●++
++○○+●++
+++○++++
++++++++

黒番


ここは大方予想通り●B5。


++++++++
+++○++++
++○○++++
+●○○○●++
+●●●●●++
++○○+●++
+++○++++
++++++++

白番


当初○E6を保存する、○B6で充分だと思っていたのですが、それに対しての●F3がどうにも強烈に見えて却下。○B6●F3○E6となると、続く●E7と打たれることで黒はE3をゲット。対する白はめぼしい好手が見当たりません。ということで強引に(?)○E6と打ちました。●E3○F3となり、


++++++++
+++○++++
++○○○○++
+●○●○●++
+●●○○●++
++○○○●++
+++○++++
++++++++

黒番


この時点で黒番! 白有利('ロ')! とか思ってたんですけど、いやはや驚きの(?)一手が!


++++++++
+++○++++
++○○○○++
+●○●○●++
+●●●○●++
++○●○●++
+++●++++
+++●++++

●D8


きた! 単独B打ちに悪手なし(本物バージョン('ロ')!)

いやべつに「悪手なし!」は俺が勝手に付け加えただけのものなんですけども。予想外の一手に少々ピヨりながらも、ここは○B6と様子見の一手。●B3と返され


++++++++
+++○++++
+●○○○○++
+●●○○●++
+●○●○●++
+○○●○●++
+++●++++
+++●++++

白番


ちっとも有利じゃなかったお(´ヘ`;)。下辺のさばき方が非常に難しく、結構な時間を使ってしまいました。左辺に白から手をつけたくない。●E7と打たれる手順があっては困る。といった考えから、結局ここは○E7と打ち、●C7と打たれたので○A4、●A6○A3としました。


++++++++
+++○++++
○○○○○○++
○○○○○●++
+●●●●●++
●●●●○●++
++●●○+++
+++●++++

黒番


種作りとライン通しあたりが目的か、というかただの手筋的なものか。●C2と打たれました。●C2に対してはかねてから用意していた○G6で対応。


++++++++
++●○++++
○○●●○○++
○○●○●●++
+●●●●●++
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


これで●A5と打ち、白にウイングを作らせてくるのかと思いきや、●D1と予想外の一手。余裕手として残しておく作戦のようです。この左辺はどう頑張っても●A5○A7の流れは回避できないため、せめてラインが通っているうちに自分も手得(?)させてもらおうと○G5。


+++●++++
++●●++++
○○●●○○++
○○●○●○++
+●●●●●○+
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


●A5○A7の交換を入れてくると思っていたところ、村上九段「単純なミスをした」というように、自分が言うのもなんですが、村上九段らしからぬミスで●G4と打ってきました。G5が種石の役割も兼ねていたのを見落としてしまったか。これはラッキー! と、すかさず○A5。


+++●++++
++●●++++
○○●●○○++
○○●○●●●+
○○○○○○○+
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


仕方なく●A2と取りますが、これで盤面は明確に白有利になりました。○E2。


+++●++++
●+●●○+++
●●●○○○++
●○○○●●●+
●○○○○○○+
●●●●○○○+
++●●○+++
+++●++++

黒番


1手のミスでゲームが傾いてしまうのがオセロ。これは当然自分にも言えるわけで、ここで有利になったからといって安心するつもりは微塵もなく、終局に向けてどんな形にするべきか考えながら、慎重に打ち進めていきました。●H5ときたので、○H6●H7と辺を取らせて・・・


+++●++++
●+●●○+++
●●●○○○++
●○○○●○●+
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

白番


ダイレクトに○E1でも充分だろうと思ったのですが、何か明確な意図のようなものがなければマズい! と思い、ここで○H4●H3の交換を入れ、○E1●F1○C1●B1○と進め・・・


+●●●●●++
●+●○●+++
●●○●○○+●
●○●○●○●●
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

白番


どちらのウイングを攻めるべきか非常に悩みました。結局のところどちらもそれなりだと判断し、なるべく簡明に終われないか・・・という流れに。種を消してくるオセロの脅威は何度となく味わっているので、ここはB8~H2のCライン通しがいずれ重荷になりかねない! というのと、黒から手をつけられるのは右下であり、右下から処理をしなければ何か黒の手順が生まれかねない! といった事情から○F2と打ち、右辺を攻めることにしました。


+●●●●●●+
●+●○○○○+
●●○●●○+●
●○●●●○●●
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

●G1○G2


●G2と打たれたら、どっからどう種を作ればいいのか非常に悩ましかったのですが、ここで●H1と打ってきました。特に考えることもなく○H2●G3。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●●
●○●●●●●●
●●●●●●○●
●●●●○○●●
++●●○++●
+++●++++

白番


とりあえず○H8と取るしかないわけですが・・・どうにもキナ臭いブラックライン。うまく通されたうえでの●A7と打たれると、せっかくの偶数が使えなくなってしまいます。なにか有効な対策はないものか・・・でもやっぱりここは○H8以外考えられないし、とりあえず打ってから考えよう!


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●○○●○
++●●○++○
+++●+++○

黒番


●G7に。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●○●●○
++●●○+●○
+++●+++○

白番


本当にただやすっとけばいいんだろうか? 妙に確定石っぽいものが増えてて非常につらい気も。未だブラックラインに対する有効打が見えないので、非常に恐怖でした。でもやっぱりヤスる以外考えられないので、○G8。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●○●○○
++●●○+○○
+++●++○○

黒番


●F8。白に選択肢が出てきました。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○●●●●●○
●●●●●●○○
●●●●●●○○
++●●●●○○
+++●++○○

白番


とはいえ、これはもうどう打ったって白勝ちなんですが。ただ残り時間が少なく、どれか一通りだけでも数える時間すらなく、確実に偶数にできそうな手! それにななめとれる! ということで、○C8とか打ってしまいました。また妙な手を・・・と打ちながら自分でも落胆。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○○●●●○○
●●○●●○○○
●●○●○●○○
++○○●●○○
++○●++○○

黒番


ライン通し。●B7。


+●●●●●●●
●+●○○●●○
●●○●●●●○
●○○●●●○○
●●○●●○○○
●●●●○●○○
+●●●●●○○
++○●++○○

白番


ななめ更に返って満足! というのは○C8時点での構想。ラインを通されてヒヤっとする場面ですが、○B8でB5に種ができるため、続く○E8でしっかりラインが切れ、59手目●B2、60手目○A1が確定。無事勝つことができm・・・


+●●●●●●●
●●●○○●●○
●●●●●●○○
●○○●●○○○
●○●●○○○○
●●○●○●○○
●○●○●●○○
○○○○○●○○

最終手、白番














残り時間2秒 ヽ( ・∀・)ノウンコー














勝つことができm・・・ませんでした(´ヘ`;)ハァ。














たぶん生まれて初めての「勝ち局面での針落ち負け」だったと思います。なにもこの大事な一戦でやらなくても・・・。なんというか、どうでもいいというか何でもない手に対しても、「相手が九段だから!」という理由で立ち止まってしまうんですよね。時間の使い方が下手すぎました。あと1手、というかあと4石が返せずの60手目敗着。幻の1勝となってしまいました。これも器の違いか・・・。














これからは、


2秒で9石返せるように


練習していきたいと思います('ロ')!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
あぁ~おしかったですね。
2秒で返す・・・無理でしょう
最低でも努力して5秒かな・・・?
インターネットゲーム感覚だと勝てたのに・・・
この対戦がオンライン対戦なら夢の1勝になったのでは?
でも。現実で対戦するのが醍醐味ですよねw
2008/07/08(火) 19:21 | URL | あーす #POzTbACk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。