天王洲SP続き

ここでは、「天王洲SP続き」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はたくさんのアクセスとコメントをいただき、大変ありがとうございます。リアクションがあると書く側としてもやりがいを感じずにはいられません、こしあんです。往々にしてブログの最後にある「つづく」系統のものって、



続 か な い 



ことが実はほとんどじゃないか? と思っています。一日経つとネタが古くなる(ような気がして)ため、どうしても書くモチベーションが下がってしまうんですよね。まぁかくいう自分も激しくテンション落ちてるんですが・・・たまには期待を裏切って3回戦以降を書いていこうと思います。といっても使うのは4回戦6回戦ですけども。



4回戦:大竹三段

前回は暴走に暴走を重ねた結果、成す術なく負けた相手。今回は負けてられません('ロ')!


++++++++
++++++++
++●●●●++
+○○○●+++
++○○●●++
+++○○●++
++++++++
++++++++

●:大竹(三段)
○:佐藤(三段) 白番


これを載せていいものかどうか激しく迷いました。それこそ


つづく形式にして一日考えました


でもやっぱり他にネタもなかったのでおもしろかったので載せたいと思います。これにより一人の選手生命が断たれないことを祈るばかりですが・・・。まぁ大丈夫でしょうヽ( ・∀・)ノ。

さてこの局面、いまだ縦BOOKの知識量のなさに自信をもつ自分にとっては、初めてのものでした。経験則で考えれば、特に深く考えず凹み部分の○F4が最善であろうと。ただ次に来るであろう●E7が非常に強そうに見えて嫌でした。かといってほかに打つところって・・・。などと考えていると、














¨)「うーん・・・」














大竹三段「・・・凹みはやばいぞおおおおおおおおお!」














('ロ')!?














なんと俺の思考を読んできたのか、大竹三段ここでまさかの三味線を始めてきやがりましたよ! 果たしてこの三味線、


・凹みに打たせたいのか、

・それとも打たれたくないのか



どちらとも取れる非常に難しい三味線です。














大竹三段「凹みはあああああああああああああああ!」














うおおおお・・・('ロ')














・・・結局ここで選んだ手が最善だったらしく、結果的に三味線のおかげで難を逃れることができました。どうやら必殺定石のひとつらしく、回避されると困りまくるとのこと。あぶないところでした。そんな定石をブログで公開するこしあんの鬼畜('ロ')! とか言われないことを祈るばかりです。


ただその後、予想外の☆打ちを食らって-20にまでさせられたということは内緒の話です。




6回戦:手崎初段

二段昇段試験の試験管役になってしまいました。かつて一度、誰かに二段だか初段を献上してしまったことがあるため、以降は絶対阻止人間になってやる('ロ')! という強い意気込みをもって臨んだ一戦。案の定大きく空回りしました


+++++●++
○++●●●++
○●●●○●○○
○●●○●●○○
○●●●●●○+
○○●●●●○+
++●●●●++
+++●+●++

●:手崎(初段)
○:佐藤(三段) 白番


「品川スーパーリーグ棋譜集、逆転の瞬間」的に局面を抽出すれば、たぶんここがターニングポイントであることに間違いはないでしょう。白の好手はいくつかあるのですが、ここからどうやって勝てばいいでしょうか?

実践ではここで、敗着とはいわないまでも緩手。C1を打ってしまいました。


++○++●++
○++○●●++
○●●●○●○○
○●●○●●○○
○●●●●●○+
○○●●●●○+
++●●●●++
+++●+●++

黒番


すっかり読み落としていた●C2がありました・・・。


++○++●++
○+●●●●++
○●●●○●○○
○●●○●●○○
○●●●●●○+
○○●●●●○+
++●●●●++
+++●+●++

白番


あれ・・・どこに打てばいいの・・・。盤上をさまよう黒い砂糖菓子。誘われるように敗着へ。


++○++●++
○+●●●●++
○●●●○●○○
○●●○○●○○
○○●●○●○+
○○○●○●○+
++●○○○++
+++●○●++

○E8


当然の●C8。なんでこの交換を入れたのか自分でもさっぱりわからず。諦めて○D1。それからしばらく進み・・・



++○○+●+○
○+○○○●○+
○○●○○○○○
○●●○○○○○
○○●●○●○○
○○○●●●○○
++●●○○++
++●●○●++

黒番


ほのかに負けているんじゃないかという空気は感じていたんですが、家に帰ってみて検討してみたら、やっぱり負けてました。しかしここで黒は痛恨の敗着。以降お互いほぼミスなしで白勝ちとなってしまい、黒は白から


「ガッツポーズしていいっすか('ロ')!!!」


と喜ばれてしまいました(スミマセンでした)。白にガッツポーズさせないために、ここで黒はどのように打ちまわせばいいでしょうか?














・・・と、いくつか問題形式で紹介してみました。暇があったら考えてみてください。解答は勝手にゼブラでもなんでもまわして、自分で解析してください。需要があれば解説とかしたいと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
G列が白一色なのを活かしてb1\(^0^)/
2008/09/17(水) 18:11 | URL | すりっぱ #wbvlsWA2[ 編集]
偶然+偶然=ミラクルこしあんマジック発動

って展開かなぁ~?
2008/09/17(水) 22:20 | URL | アース #POzTbACk[ 編集]
>>すりっぱさん
一応その手は不正解・・・だったと思うんですが、それを打たれたら
俺はどうしていいのかわかりません。別解として成り立ちそうですね。

>>あーすさん
よくわかりません><
2008/09/25(木) 00:40 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。