サンフランシスコ('ロ')

ここでは、「サンフランシスコ('ロ')」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書くぞ書くぞと言いながらすっかり間が空いてしまいました、アメリカ旅行。徹夜麻雀やら流山OPやらですっかり時間をくってしまいましたが、ぼちぼち書いていこうかと思います。まぁ流山OPに関しては、




優勝した! ・・・という夢を見たんだ。




程度のことだと思ってます。最終戦で村上九段に勝てていれば(一時期+20までいきながら・・・)また違った感慨もわくというものなんでしょうが。あきらかに俺には分不相応すぎました。出直してあらためて優勝を狙っていきたいと思います。




で、題名の通りアメリカ旅行1都市目はサンフランシスコでした。日本を17時に出発し、ずぅーっと飛行機でブンブン飛ぶこと約9時間。寝るほどの時間でもなかったので、フライト中は飛行機内をウロウロしてました。この飛行機の中ははたして日本なのかアメリカなのか、どっちなんだろうと一角の疑問を持ちつつ、スッチーにコーヒーお願いしたら、日本では考えられないくらいの大量のミルクを注がれてヌルいコーヒー参上!






ああもうココはすでにアメリカなのか






と、早くもアメリカ旅行を満喫していました。

あと機内はやたら乾燥しているため、すぐに喉が乾いてしまいます。よって



¨)ノ 「みずくれ!」

→トイレ

¨)ノ 「みずくれ!」

→トイレ



を延々繰り返すハメに。なんというデトックスかと、エコノミー症候群もどこ吹く風、健康的なフライトを楽しませていただきました。

で、水くれーと何度もやっていると、そのうちスッチーにも顔を覚えられたのか、トイレの前でストレッチとかしてると、スッチーから話しかけられました。














ま、何言ってるか分かんねーんだけどね\(^o^)/ オワタ














聞き取れた範囲では、「どっからきたのー?」「おかし食べる―?」「なに、旅行???」くらいのもんでした。わかんねーところは笑顔で乗り切る日本人気質炸裂! こりゃはたからみたら馬鹿にしか見えませんわな。日本人乙。俺乙。



で、そんなこんなで濃いぃ飛行機の時間を堪能しつつ、思いのほかあっという間にアメリカ到着。現地旅行代理店職員(日本人)と合流し、早速


危険地帯について説明


を受けました。どうやら日本と違い、歩いてはいけない区域があるようです。アメリカはホームレスが道端にワラワラといたりするらしいのですが、まぁそれは風物詩というか観光名所みたいなものらしいんで、


観て楽しんでくれと。


ひでーこと言うなぁと思いつつ、要はそのホームレスを食い物にしている悪鬼共が危険なんだそうな。
つーわけで必然的にホームレスの多い地域=悪鬼の多い地域ということで、あんまりそういう区域に近寄るなっていうことなんだそうです。














・・・ちなみにその時アメリカは朝11時。日本時間的には夜中の3時くらいなわけで。眠くてショーがないというか、もう今何時なんだよ\(^o^)/ と、時差ボケ120%でした。こりゃ遠征したスポーツ選手が成績振るわない理由もわかるってもんです。軽く混乱しながらも滞在中の注意事項を聞き、午後からはいざサンフランシスコの街へ! ツアーで申し込んでいるわけではないので(一部ツアーもあるんですが)、朝昼夕飯その他全ての観光は自分たちでなんとかしなければなりません。マップ片手に恐る恐る出発です。




DSC000421.jpg

サンフランシスコ、パウエル通りより



ここら一帯はかなりの坂の名所なんだそうな。あっちをみてもこっちをみても、上ったり下ったりと忙しい道です。どうでもいい話、たぶんここらの景色はゲーセンにおいてあるガンシューティング「タイムクライシス4」に出てくるあのシーンなんじゃないかなと思ったり思わなったり。どうなんでしょう? 下ってくる路面電車をマシンガンで木端微塵にしたくなるのは俺だけでしょうか('ロ')?














ということで、早速自分も景色に溶け込んでみました。


aa.jpg


浮いてますね、はい。


ところでどうでもいいんですけど、ここらって写真に写ってるように、かなり路上駐車が多いです。ってかもう路駐っていうか「俺の駐車場」化してます。さすがアメリカ、道が自分の家の駐車場なんでしょうか。



で、この道というのはどこまでも進むと、観光地として有名(?)な、フィッシャーマンズワーフというところに行きつきます。名前の通り港町みたいなもんで、たくさんのヨットが集まる海辺のレストラン街ってとこでしょうか。まぁそこに関しては「大したことないな」というのが正直な感想だったので基本的に割愛。慣れないレストランでの昼飯で出てきたサーモンバーガーに胃をつぶされたという記憶が一番鮮明ですね。あとなぜか大量のオットセイ? が群がっててとても臭かったです。



そして帰りは、来た道とは一本違うストリートを歩いてみました。建物が基本的にヨーロッパ調? っていうんですかね、アメリカなのに。ずいぶんとのんびりした空気が流れてました。途中教会を一望できる広場をみつけたのでパシャリ。


aab.jpg


外人さんたちも非常によくリラックスしていらっしゃる様子で。天気もいいし気持ちいいですーとか言いたいんですが、天気がよすぎたのか、サングラスなしではとてもリラックスなんてできないような日差しでしたけどね。海ありビルあり民家あり教会ありと、結局ここは何が目玉なんだいと聞きたくなるほどの観光スポットでした。夜は路面電車とか乗ってみたんですが、日本と違い非常にテキトー。


電車の外側に立たされました。


棒にしがみつく形で乗車。体の横数10センチを車が通り抜けていくスリルと、凍えるような寒さが印象的でした。つーか夜寒すぎる。昼間は軽く20℃超えてそうな気配出してるのに、一方夜は夜で軽く10℃を下回ってる気配。あまりの寒さにマフラーとか買っちゃいました。ちなみにこの日の夕飯は、いまだ胃に残るサーモンバーガーのため水飲み。気持ち悪くてさっさと寝ました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





で、翌日はまだ暗いうちからヨセミテ国立公園にツアー観光。世界遺産登録されている、東京都と同程度の広さを持つ自然公園ですね。エルキャピタルというロッククライミングの聖地としても有名だそうです。たしかPS2のレースゲー、グランツーリスモ4にも「エルキャピタル」というコースがあったはず。2000円くらいで格安ヨセミテ観光がしたい人はそちらをどうぞ。

さてこのヨセミテ、最寄の町がサンフランシスコなんだそうですが、車で片道4時間、距離にして350キロほどかかります。これのどこが最寄やねんと思いつつ、まぁこれがアメリカサイズなのかと、こんなところでもアメリカを堪能。4時間かけて移動して、4時間観光して、4時間かけて帰るという非効率極まりないツアーですが、まぁこれがデフォなんだから仕方ない。


そんなこんなでヨセミテ到着。まぁ大体こんなところです。



abb.jpg



奥に見えるでっかい岩(ちっさく映ってるやつ)がハーフドームというヨセミテの名物。なんか逸話っていうか神話っていうか物語がハーフドームには付属してるらしいんですが、ガイドの話は基本的につまらなかったので聞いてませんでした。勝手にググってください。

で、この崖と森がメインのヨセミテ国立公園。要所要所で綺麗な景色が観光客を待ってくれています!


abc.jpg


水面に景色が映るのは、晴れてるこの時期くらいだとかなんだとかガイドが言ってましたね。ちなみにこの日の翌日からヨセミテは雨らしいので、ギリギリ良い時期に来れたそうな。


で、メインともいえるエルキャピタル。写真で撮るには撮ったんですが、あまりの大きさに写真にはうまく入りきりませんでした。かなり真下のほうまで行って見学。見上げてもただの崖にしか見えないんですが、双眼鏡で崖を覗くと・・・いるんですよ、かなり高いところにロッククライマーが。双眼鏡でさえミジンコみたいにちっさくしか見えないんですが、それでもしっかりと3人くらいで崖にへばりついて登っているのが確認できました。すごかったですねー。あいつら一体あそこで何を話しながら登ってるのかなーと純粋な疑問を抱きつつ、職人というか玄人というか、スペシャリストの人たちの一端を見たような気がしました。ちなみに平均でエルキャピタルを登るには4日~1週間程度かかるそうです。夜はロープで寝袋を吊るして寝るんだそうな。すごい根性ですね。




そんなこんなでヨセミテ観光終了。夜は地元のステーキ屋みたいな所に入って食べました。メニューを指して「あれをくれ」とお願いしてるのに、




「ポテト?」




とか意味のわかんねーレスしてきやがるからさぁ大変。ポテトじゃねーあのステーキセットをよこせと言ってるんだよなんでそこで聞き返してくる言葉がポテトなんだおまえ俺のことポテトだと思ってんのかどこに目つけてんだこのやろう('ロ')!














・・・後で考えたら、あれはたぶんオプションのことを聞いてたんでしょうね。まったくネイティブ英語は文法もクソもないから難しい。前後の会話で(後は無いか)単語の意味というか使われ方を推測しないといけないのは日本語でいつもしていることですが、それを英語でやれと言われると途端にできなくなるから面白いものです。




で、なんとかお腹を膨らまし(案の定必要以上に)、満足してホテルに戻る途中、これもアメリカの観光名所というべきかなんというか、



ホームレスに絡まれる



というイベントも体験できました。「おまえクオーター(25円)もってるか('ロ')?」と執拗に問い続け、あまつさえ一緒に歩きだす始末。もってねーよと言うと今度は連れのほうにターゲットを変更。友人も同様にもってねーよと流すと、今度は「お前じゃねぇ! その奥のやつに聞いてんだ!」と逆切れしだす始末。最後には溜息までつかれてしまいました。お前何様だよ・・・と若干の心のしこりを残しつつ、無事ホテルに帰れたことに喜びを感じました。



さて、翌日からはいよいよメイン(?)のラスベガスに出発です('ロ')。




                                   つづく
スポンサーサイト
この記事へのコメント
おかえりー。
サンフランシスコってシムシティーにでてくる所だっけ?
あれ、ちがう???
アメリカいいなーー私も行ってみたいです。
景色のキレイなところもいっぱいあるんだね。
2008/11/13(木) 21:21 | URL | うにけ #-[ 編集]
シムシティとかやったことないんでわからないですが、ゲームに出てきてもおかしくないような街ですよ!
2008/11/17(月) 23:30 | URL | こしあん #-[ 編集]
ヨセミテ近くのロッジに泊まった時、ロッジの脇に流れる川の水があまりにすごい量で「ゴォー」とでかい音で鳴り響いてたのがすごく印象に残っています!
水面に景色が映るなんてとてもとても…でしたよ
2008/11/19(水) 00:08 | URL | M #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。