品川スーパーリーグ

ここでは、「品川スーパーリーグ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもー。おそらくあの日、もっともオセロ界で濃いメンツが集まったであろう、品川スーパーリーグに参加してきました、こしあんです。最近(アメリカから帰ってきてから?)調子がいいよね! とよく言われていますが、まぁそこは結果を見ても


・連盟レート:1350くらい
・品川レート:1800ちょい


と、自分にはあるまじき好成績を出しています。すごく好調です。これが実力だという勘違いをしないためにも、品川スーパーリーグで鼻をポッキリ折ってもらう必要があります。よく「最近不調で・・・」と、成績を悪いのを調子の悪さを原因とする人は見るのですが(かくいう自分もそうですが)、逆に成績が良い時は「調子が良い」と解釈するのではなく、なぜか「実力があがってきた」と考える傾向が強いようにも思います。そんなことはないんです。あきらかにオーバーレートなので、ただの好調にすぎないんです、自分のこのケースはね。とゆーわけで、



さぁてレートのクリスマスプレゼントだ!!!



1回戦:宮崎四段

所詮からキツい当たり。といっても大概誰に当たってもキツいんで、イチイチ愚痴っている余裕もありません。黒持ちナナメドリとなったので、勝負手のNOBOOK牛を打ってみました。沈没船からやや黒不利の展開になりましたが、宮崎四段いわく「中途半端な手だった。自分の悪いクセだ」というように、壁破りなどの要所で宮崎四段が石損を重ね、中盤以降終始黒優勢のまま勝利。最後連打を見逃し10石くらい損しましたが、まぁそこは石数無関係のこの大会。棋譜が載るという恥を耐え忍べばなんということもないのです(涙)!



2回戦:荒木五段

四段に勝てば次は五段。当然です。だってスーパーリーグですから。白持ち虎大量から始まり、黒から早々に変化手。うまくかわせたようで、白リードのまま中盤も終わりを迎えました。


+○○○○+++
●+○○●+++
●○○○●●++
●○○○●●●+
●●○○●●●●
●+●●●○●●
+++●●○++
+++++●++

●:荒木(五段)
○:佐藤(三段) 白番


まぁ有利なのはわかっているんですが・・・○F1●E8。うーん。イマイチ勝負を決められない! と謎の思考を働かせ、ここで小考。あれ? ひょっとしてこんな手でいいんですか('ロ')! 最善手はどこでしょう。


+○○○○+++
●+○○○+++
●○○○○●++
●○○○○●●+
●●○○○●●●
●+●●○○●●
+++●○○++
++++☆●++

○E8


Cライン&ホワイトライン通しの○E8。普段以上に良い手が打てたと思いました。つーことは調子の良さは今日も持続ですか! 連盟レートも1380近くなり、お鼻も折れるどころか、グングン伸びていく勢いですかこれは!!!


3回戦:伊藤五段

・・・そんなわけないっちゅーの(´ヘ`;)ハァ おそらく生オセロ界で、長崎四段と同等か、それ以上に勝てないブラックリスト入りの伊藤五段が3回戦の相手。白持ち、とっておきのBOOKで挑んだのですが、なんと伊藤五段、石損は31手目のみ(次善)で、残りは全て最善という鬼畜っぷり。気がつけば「引き分け」「引き分け」「負け」という悲惨な状態に(分け勝ちなし)。間違えてくんねーかなーと4石負けを選びましたが、「間違えるわけねーw」と言われて乙。つーかタオル強すぎる。


4回戦:山川六段

負けてこの相手。伊藤五段以上に、俺はこの人に大会で勝ったことが一度もない('ロ')。黒持ち、馬からスタートして、以下の場面。


++●+++++
++○●●+++
+○○○●●+○
++○○●●●+
+○○○○○●●
+○○●○○+●
++●○○+++
+++●○●++

●:佐藤(三段) 黒番
○:山川(六段)


最近思ってることなんですが・・・意外に使える手筋、

C打ちに悪手なし!

+★●+++++
++●●●+++
+○○●●●+○
++○○●●●+
+○○○○○●●
+○○●○○+●
++●○○+++
+++●○●++

●B1


ひっぱったり手数を稼いだり、不安定なC打ちとはいえ、かなり使える場面って多いと思うんですよね。○F1●D1となり形勢をほぼ互角に戻すことに成功し、なんとか終盤勝負に・・・ならなかった。


+●●●+○++
++●●●+○+
+○○●●○+○
++○○○●●+
+○○○○○●●
+○○●○○+●
++●○○+++
+●●●●●++

黒番


何を勘違いしたんでしょうね。ここはブラックラインを切り、右上をE1G1、H2H4と偶数空きにして他で勝負にすることで終盤勝負に持ち込めるのですが、E4の種で切っても○E1で通されるから意味ないじゃん! とわけのわからない考えで却下。○E1なら●G1で圧勝なのにね(´ヘ`;)。●F2と埋めてしまい、○G3とされてG4の黒がG1に連結。ストナーが完全に成立してしまい、ボロボロと大敗してしまいました。


5回戦:佐脇四段

ここまでの対戦相手が四段、五段、五段、六段。もう限界です。普通こんな高段者勢なんて、1大会で1回か2回あたれば充分というか、まず滅多に戦わない相手です。相手が強いほどこちらもエネルギーを使わされるため、ここらで集中力を使いきってしまったのか、致命的なミス連発。


++++++++
++●●○○++
●●●●○○○○
●●○●●●●○
●●○●●○●○
●●○●○●●○
++○●●●●+
++○●●○++

●:佐脇(四段)
○:佐藤(三段) 白番


うーん・・・なんかもう死んでるとしか思えん。いや、なんとかするんだ! ということで、とりあえず○B2と☆に打ち、●G8を誘って○A2と打ち、下辺連打をねらいつつ・・・


++++++++
+○○○○○++
●●●●○○○○
●●○●●●●○
●●○●●○●○
●●○●○●●○
++○●●●●+
++○●●○++

黒番





★+++++++
+●○○○○++
●●●●○○○○
●●○●●●●○
●●○●●○●○
●●○●○●●○
++○●●●●+
++○●●○++


隅とられた\(^o^)/ オワタ

そうか、 ☆に打ったら隅取られるのか!

と、オセロはじめて3日目です♪ みたいな手を打ちあっさり死亡。ではやっぱりどこ打っても死んでたのか・・・? いえいえ、実はあの局面、まだまだ戦えるんです。


+☆++++++
++○●○○++
●●●○○○○○
●●○●○●●○
●●○●●○●○
●●○●○●●○
++○●●●●+
++○●●○++

○B1


またまた不安定なC打ち。しかしこれが妙手で、●C1には○D1、●D1には○F1と、なかなかどうして、厄介な手なんです。またC2が黒くなってしまい、白はいつでも○B2が打て、●G8に対して○A2●A1○H8・・・○H7と連打も可能。黒は○B1に対しては●F1しかなく、またそれも○D1と打たれると・・・


+○+○+●++
++○●○●++
●●●●○○○○
●●●●○●○○
●●○●●○●○
●●○●○●●○
++○●●●●+
++○●●○++

○D1


あせって●C1は、○E1とされて○B2○A2の連打の危険。●E1には○G1(これは難しいか)と打つと、右下3マス空きに○H8が可能となり・・・ややこしいことこの上ないオセロになります。

まあここまで読めていなくても・・・消去法でB1には打てるはず。力不足もさることながら、スタミナ不足も深刻な問題のようです。



6回戦:小出三段

ここで負けた方は50%の確率で最終戦不戦勝=帰宅フラグ成立。絶対勝ちたいところなのですが、すでに序盤から思考力低下中。


++++++++
+++●++++
++○●○○++
++○●○+++
+●●●●●++
++○●●●++
+++○●+++
++++++++

●:小出(三段)
○:佐藤(三段) 白番


ブライトウェルから。以前も同じものを打たれて、テキトーに変化したところ、後に後輩から


「なにやってんすか(怒)」


と、応手のクソっぷりを指摘されてしまったので、その手だけは覚えていたんですが・・・さぁてサッパリわかりませんぜこの局面。第一感○B6なんですが、●B4とされて俺はどうすんだ! というところで思考停止。めんどくせー、抜かれたら抜き返せばいいんだよ! と、暴走。


+++☆++++
+++○++++
++○○○○++
++○○○+++
+●●○●●++
++○○●●++
+++○●+++
++++++++

○D1


思ったほど悪手ではなかったらしく、やや劣勢から終盤にかけてリードを取り戻し、多少の事件はあったものの、ようやく読み切れそうな局面まできました。


○○○○○○○+
●●●●●○++
●●○●○●●●
●○●○●●●●
●○○●○●●●
●○●○●●●●
●○○●●+++
●○●●●+++

白番


○G2→●H1までは固定。H2を余裕手として、右下に手を一度つけ、ハイパー偶数を普通の偶数に戻すという基本的な手筋です。問題は右下のどこから手をつけるかですが・・・

○H7→●F7→○H2→●H8→○G7→●F8→○G8

で、白が35~6石になると読みました。よし、勝った勝った♪


○○○○○○○●
●●●●●○●+
●●○●○●●●
●○●○○●●●
●○○●○○●●
●○●○●●○●
●●○●●++☆
●○●●●+++

○H7





○○○○○○○●
●●●●●○○●
●●○●○●○●
●○●○○○●●
●○○●○○●●
●○●○●●●●
●●○●●●+●
●○●●●++●

白番


さ、○G7でかんp・・・














('ロ')














○○○○○○○●
●●●●●○○●
●●○●○●○●
●○●○○○●●
●○○●○○●●
●○●○●●●●
●●○●●●☆●
●○●●●++●

○G7に置いた瞬間


ちょっとまてちょっとまて!!! なんだこれ、


F4F5は黒くなるし、

Bラインもまるまるもってかれるって話っすか!















なんすかこれえええええ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/














はい、58手目敗着です。F8に打ってれば引き分け勝ちだそうな。久しぶりにおひどいオセロを打って、意気消沈。やる気0。涙目。MP0、HPも0。戦闘不能状態。



7回戦:榎本六段

で、最後が六段っていう


三度C打ちから優勢に持ち込むも、相手は不調とはいえ六段。的確な応手と粘り強さで、あっという間に形勢をひっくり返されてしまいました。2連勝5連敗。同率最下位という、見事順当な成績をたたき出しました。




で、こんな悲惨な結果で終わったわけですが、その分収穫も沢山ありました。収穫っていうか、レートという代金を払って買ったみたいなもんなんですけどね。強い人との連戦だったので、完璧に負けることで自分という姿がよく見えました。


まず自分が苦手としてた序盤~中盤戦。今年一年、特に意識して時間を使い打ってきたわけですが、だいぶマシになってきたかな? と思いました。中盤までで崩壊することが減り、強い人相手でも一応オセロができるようになってきました。

で、そこで新たに浮上した問題が終盤。今まではなんというか、


・逆転筋を見つける


ことに終始していた・・・というのはいいすぎですが、劣勢から手筋を探して戦うスタイルが多かったためか、接戦で競り合う機会がない→接戦に弱い という弱点が浮き彫りになりました。前前から言われてたことでもあるんですが、


実はこしあん終盤弱い


んですよ。以前からそう書いていたんですが、このスーパーリーグで特に顕著に現れたと思います。これからは際どい終盤勝負を競り勝てるような努力をしないといけないなー、と思いました。正確には「終盤の入り口」あたりですかね。構想が甘い。終盤の辺、隅付近の攻防が甘い。こんなところが来年の改善目標ですね。


で、後もうひとつが、ところどころに書いた「スタミナ」の問題。ネットでもそうなんですが、基本連戦ができません。勝ち逃げされるのがウゼーってのもあるんですが、単純に疲れちゃって連戦できないんですよね。それが大会だと、疲れたからもう今日は終わり! なんてわけにはいかないですから、疲れたところでミスを連発し、つまらない負け方をしてしまう。こんなんじゃメジャー大会で成績なんて残せません。せいぜい一発誰か高段者を倒して、一緒に道連れ~なんていうメガンテキャラにしかなれないです。で、この問題って、


1.スタミナをつける
2.スタミナ消費量を抑える


という二つの解決方法があるわけですが・・・1に関してはネットなどで連戦を繰り返すことで、単純に集中力の筋トレを行うのが一般的ですか? 2はBOOKの枝葉ではなく、深さを追及することで緩和できそうですが、それは俺のスタイルにあわないというか、逆に棋力に影響しそうなので、今のところ考えていません(暗記スタイルをやめたという経緯があるため)。さてさて、どうしたらいいもんか・・・。







で、大会はこれにて終了。アフターオセロは和幸で飯くって(長島さんありがとうございました!!!)、


なぜか総員をもってアキバに突撃。


6人という大所帯で行ってきました。目的はもちろん、














「こしあん、お前は本当にUFOキャッチャーできんのか?」














思いのほか反響が大きかった昨日の記事。まさか実際やることになるとは・・・。ということで、まずは記事通り敗北を喫した初音ミクにリベンジ。




獲りましたよ!




2プレイでゲット。その後もガンダム00やひぐらしのフィギュアと、まぁまぁの金額を払いながらも無事景品を手にし、一応ブログを書いた程度の仕事はできたかなと思います。途中、リバーが獲り損なったひぐらしフィギュアを横取りしたら


「本気でキレますよ!」


本気でキレられました(かどうかは知りませんが)。予備弾装(100円玉)は常にチェックしていなければ、戦場では生き延びられんのだよ・・・!

と、非常に楽しい一日を送れました \(^o^)/














まぁ、家に帰ったら、俺の持つ景品を見た家族から「キモい」と言われたことは言うまでもないことですか。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
昨日は秋葉原つれてってくれてありがとでした、
おかげで僕は東京に何しに行ったんだろう的な空虚感はなくなりました。

二つの課題、昨年度の僕と同じことを言ってますね。
僕は今年、それを克服したはずが、
年末のこの時期になぜか
病気が再発してしまったようです。
2008/12/15(月) 18:43 | URL | すりっぱ #wbvlsWA2[ 編集]
しかし、UFOキャッチャーをできることを自慢できたこしあんは大満足でした
おわり
2008/12/17(水) 17:55 | URL | アース #POzTbACk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。