終焉

ここでは、「終焉」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日で駒場祭も最終日。昨日の『つんでれキャラ』とはまた次元が違うものの、かなりレアな客が来ました。










男『おう。オセロしてくれる?』










ちょっとコワオモテのお兄さん二人組み。どうやらオセロに相当の自信があるらしく、威風堂々というよりは、なんとなくヤクザ登場シーンのごとく現れました。『ちゃらら~ちゃらら~♪』というヤクザシーン必須のあの音楽が似合いそうな方です。









男『ここで一番つええやつ誰? 相手してくんね?』










¨)『四段が今対局中なので・・・二段の俺でも構わないですか?』










男『ああ、なんでもいいよ。勝ったら一品おごってくれんだろ?』










情報収集能力もあるようです。そう、オセロ部員は客に負けた場合、なにか一品奢るのが伝統となりつつあります。
さて、軽く自己紹介。ここで何気なく聞いた一言が、トンデモナイ事実を明らかにしました。










¨)『えっと・・・オセロの経験とかはどんな感じですか?』










男『っとねー










刑務所で2,3年ほど。』









おんぎゃああああああああああ(゚□゚;)!!!!!










危うく何かが生まれるところでした(謎)。『いやさー、あの中って何もすることなくてさー。オセロあったからそればっかりやってんたんだわー。』と、さらりと恐怖発言をしてくれるコワオモテさん。あれですかね、これってひょっとして、俺が勝ったりしたら



殺されるんじゃないか



と身の危険を感じました。それに対してコワオモテさんは










コワオモテ『大丈夫大丈夫。もう更正されて出てきたから










更正される前だったら死んでいたようです。

さて試合内容ですが、コワオモテさんは辺をバンバンとる、初級者の中でのツワモノといったレベル。『まぁここは普通に取るわ』と辺をガツガツとっていき、『ここはねー、ちょっと守りにはいるわ』と言って辺を確保。つーか



結局辺取ってるだけじゃねぇか。



とツッコみたくなるところを我慢。下手なこといって殺されては成仏できそうにありません。途中途中、強引なひっぱりに翻弄されそうになりながらも、なんとか途中で詰み。


『あんたつえーよ。うん。あんたはつよい。』


と、ビール片手にあきらめてくれた様子。いやー、おもしろこわかった。



その後は、さとぼん1級や、なんと平川六段も登場。平川さんとの対局は、終盤+20まで有利に持っていくも、筋読みだけで打った手が-2の大悪手。そのまま押し切られて31対33。20分持ち初勝利は、またまたお預けとなってしまいました。棋譜は・・・ネタがなく、かつ、気が向いたらちょこっと紹介しようかなぁと思ってます。


あ、そうそう・・・かなりどーでもいい話ですが









囲碁部員に、2子ハンデで中押し勝ちできました!









まぁ囲碁部員といっても1年生。まだまだ上に強いひとがたくさんいますが・・・それでも、真面目に初めて3日目にして勝てたというのはかなりの収穫かと。囲碁部員各員から



『こーゆーのを才能っていうんかな・・・』



とか、このうえないほどのほめ言葉をいただきましたが・・・まぁ、なんでも人並みになるのは早いんですよ。俺。でもそれから先がちっとも伸びない。早熟タイプというやつでしょうか。まぁこれからも水面下で囲碁を続けていきたいとおもいます。










¨)・・・










品川レートの更新はまだかなぁ(・∀・)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
お疲れさまでしたぁ

連日、面白すぎぃ~~(≧∇≦)

更生された方のキャラ。。

人の良い悪役て感じでしょうか?(笑)

何か好感がもてるかも(=^^=)

つか

囲碁はやった事も見た事もなぃけど(汗)

オセロと似てるのかな?
2006/11/27(月) 10:08 | URL | 堕天使 #-[ 編集]
色あいは似ていますが、内容はまったくの別物です。

囲碁は相手を囲うように打つゲーム。陣地を広げるのが目的なため、辺の取り合いが重要になってきます。
2006/11/27(月) 23:44 | URL | こしあん #-[ 編集]
序盤
囲碁: 自分の初手から悩みどころの多い戦いが始まる。布石に好手を望もうとするもののその判断は難しく、
    プロ棋士といえど実は初手の最善さえ分かっていないというのが現状である。
オセロ:相手の初手に悩まされることの多い戦いが始まる。最善を外れると不利になるので一瞬の判断の緩みも許されないが、
    オセラーともなると瞬時に時には最終手まで最善を打ち続けることができ、その姿はまさに神の1手である。
中盤
囲碁: 柔よく剛を制せず、結局勝つのは上手である。相手の力量がはるかに上回る場合、常に相手の着手全てに畏怖の念を抱き、
    気持ちで押され勝てなくなってしまう。勝つには精神の精練が必須である。
オセロ:柔よく剛を制す、結局勝つのはソフトである。相手の力量がはるかに上回る場合、常に相手の着手全てに疑問の念を抱き、
    気持ちで押され勝てなくなってしまう。勝つには相手の精神の精練が必須である。
終盤
囲碁: 最後まで1目を争う熱い戦いが繰り広げられる。中盤までの形勢を維持するも逆転するも最後のヨセ次第、
    最後に勝つのはどちらなのか、皆の視線が盤上に注がれる中対局は終了する。
オセロ:最後まで1秒を争うアツイ戦いが繰り広げられる。中盤までの形勢などお構いなし、針落ちに全神経を集中しマウスを連打、
    最後に勝つのはどちらなのか、皆の視線が時計に注がれる中対局は終了する。

こんなに違うんです(ぇ
2006/11/28(火) 04:59 | URL | カカオマスターこと佐谷二段 #Ty2av2sE[ 編集]
囲碁。。。
その緊張感に堪えられそうにありません(汗)
オセロも奥が深いけど囲碁は深さも難しさも備えてる!?

こしあんさん、カカオマスターこと佐谷二段さん、ありがとうございましたm(_ _)m

2006/11/29(水) 00:32 | URL | 堕天使 #xtc7akX2[ 編集]
>>皆の視線が時計に注がれる中~

ワロタw
2006/11/29(水) 00:40 | URL | こしあん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/30(木) 01:17 | | #[ 編集]
 こしあんさんには、顔ばれしてないので、素人の振りして行けばよかった。(謎)
 平川6段も見たことは数度あるけど、多分こんな三下意識するレベルじゃないだろうし。
2006/11/30(木) 20:02 | URL | てぽどん。 #-[ 編集]
>>よもぎさん

管理人のみでなく、みなさんに公開しちゃいましょうよっ。

>>てぽどんさん

あれ・・・まさか、きてたんですか・・・? 言ってくれればいいのに><
2006/12/01(金) 00:19 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。