オセロで石数を順位に加えてよいものか

ここでは、「オセロで石数を順位に加えてよいものか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう終わった話だと思いますが、オセロド素人から「あーなるほど」という意見を聞いたので、メモメモ。


Q.石数は順位に反映させてもよいか
→はい

Q.それはなぜか
1.大会ルールとして「石数を順位に反映する」と明言していること。
2.石数を取るには技術がいること。
3.双方が石数を多く取ろうと棋力を出し合うため、そこに実力の差が反映される。
4.以上より、石差からも実力の差を図ることができ、順位に反映させても違和感はない。

Q.一概に石差を見ては、一発逆転を狙った手が評価されないのでは?
→一発逆転に失敗した代償と考えれば、さほど大きな話ではないと考える。
 ※相手の実力を見誤った結果ともとれる。それを評価しろというのも、筋が通っている話とは思わない。

Q.段位、相手の勝ち数などでも指標とできそうだが、なぜ石数か
→自分でないだれかとの戦績を、今自分の戦いの結果に反映されるより、自分との成績(石数)を順位に反映させたほうがよいのではないか。



以上。反論は受け付けない。なぜならこれはメモだから。
でも、意見は受け付ける。なぜならこれはブログだから。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
私が言及した、石数のある程度の合理性というのを、もう少し説明すると、同じようになるかと思います。

1つ思ったのは、
> 1.大会ルールとして「石数を順位に反映する」と明言していること

(゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン 大会参加者は、ルールを理解して参加するのだから、その大会に於いては順位を受け入れるべきですよね。そこはみんな一致してると思う。

ただ、私のように「どういうルールが最も良いのか」という議論まで発展させる場合、1は「現在多くの大会でそうだよ」という過去の例という意味しかないですね。

そもそも、スイス式自体が実は中途半端な方式ではないか、トーナメントなら石数関係ないじゃん?とか、総当りなら石数の場合の「相手が違う」(様々なレベルの人が参加する場合、スイス式で第一試合で負けると石数を稼ぎやすくなる)という不公平は全体として解消されているのか…など、色々思うことがあるお題です。
2010/11/19(金) 09:41 | URL | はせら #wFynTwvE[ 編集]
天才や( ̄○ ̄;
2010/11/20(土) 22:40 | URL | ウイイレ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/12/29(水) 00:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。