品川りんかいCC

ここでは、「品川りんかいCC」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出てきました。到着早々、たくさんの方から『ブログ読んだよ~』と言っていただき、まことに感謝感謝です。やっぱり日記なんて、この言葉のために書いてるようなものですからね。これからも頑張って書いていこうと思います。やはりフォトス日記が人気ありのようです。さすが神。


さてそんなこんなで『りんかいCC』です。1時過ぎに、なぜか鷹の指初段三段が登場。出れると勘違いしてきたのでしょうか(・∀・)ニヤニヤ。誰も嫌がりはしませんが出場規定の上限を超えている方なので、おとなしく見学していてください。
冗談もこのくらいにして・・・前回のシーサイドは散々な結果だったので、昨日も書いたとおり、今日は2勝を目標。あわよくば3勝3敗で凌げれば、といった感じでした。開始前に、何人かの方々から、


暴 走 牛 を 打 た な き ゃ い い じ ゃ ん

という

的 確 な ア ド バ イ ス


をいただき、若干元気も沸いてきました。そうか、暴走牛をしなければいいのだ!



1回戦:大内二段

めでたく本日付で正式な二段になられました。おめっとぉございます。前回優勝者なので1番テーブルでの対戦です。当たりが強いとかボヤきたいところですが、まぁ誰に当たったって楽なことはないので・・・気にしませんそんなこと。開始前に、

『3連勝同士で当たるくらいがいつもの流れなのにね』

と、買いかぶっていただき光栄ではありますが、先週の流れを引きずった俺には痛い言葉です。
白を持つとバッファローで襲われるので、一応対策をしていましたが・・・せっかくなので今回は黒でトライ。いきなり何とかタイガーとやらに変化され、全くの未知の展開に。


++●++○++
●+●●○+++
●●●○○○++
●●●○○○++
●○○○●○++
●●○○○+○+
++++++++
++++++++

黒:佐藤(二段)  黒番
白:大内(二段)


ぱっと見のポイントは『D4を黒くすること』です。その候補手が、なんと『F2』『G4』『D7』の3箇所もあるではないですか。D7は若干やりすぎな嫌いがあったため、F2とG4で悩む。実際はD7が最善らしいですが・・・散々時間を使った結果、もっとも悪いとされるF2に打ってしまいました。本当は黒D7で白のD1の手などを消しながら進めていけるといいみたいです。
結果的にこれが敗着となり、またまた初戦黒星スタート。


2回戦:野上二段

ひさしぶりの対戦だと思います。引き分け勝ちを取られたので、あえて黒を選択。白だと裏こうもりに持っていかれた記憶があるので、避けてみました。ここで負けると前回の二の舞になりそうなので・・・頑張って打ちました。なんとか勝利し、局後の検討の中で野上さんが


『ひっかからなかったかぁ』


と、序盤にして64石負けという筋道を見せてくれました。あぶねぇ、知らなかったらいずれひっかかってました。いいもの見せてもらいました。


3回戦:浜田三段

元気なおばーちゃんですが、ここのところ腕を上げてきているらしく、品川シーサイドで4勝を挙げてたりします。侮れません。むしろ危険です。負けそうです。
またまた自分が黒を持ちました。進行は『縦取りころされ』です。注意しながら打っていたのですが・・・


+++○++++
+++○○+++
●●●○○●++
●+○○○○++
●●○○○○○+
●●●○○○++
+++●○+++
++++++++

黒:佐藤(二段)
白:浜田(三段)  白番


ここで白番、どこに打ちますか?個人的に嫌だったのが『F2』です。種が無かったり要らないところまで返ったりと・・・そのあとの黒の手が全く思いつかなかった。局後の検討で、後ろから見ていた中島八段も、投げやりな感じでF2に賛同してくれました。
コレ打たれたらマジでやばいと思っていましたが・・・ここは浜田さん、B4と緩手を放ってくれました。これでリードできたかと思いきや、やはり最近の浜田さんは強い。


+++○○○○+
+○○●○○++
●●●●○○●●
●●●○○●○●
●●●●●●●●
●●○○○○+●
++○○○+++
+●●●●●++

黒番


F7でウイングを作ってしまうのはどうも気が引ける。かといってA1と隅を取ったとしても、C1やA2で苦しそうである。という読みから、ここらで勝負に出ようと決意。実際はF7が最善だったり、A1C1の流れは黒+8だったりと、ゼブラ様とは似ても似つかない読みだったのですが・・・まぁそこが今の俺の実力なのでしょう。この局面を負け形勢と見た自分は、勝負手を打ちにいきました。


+++○○○○+
+○○●○○++
●●●●○○●●
●●●○○●○●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
++○○○+++
+●●●●●++

G6打ってみました


でた、


勝負手の評価値:-30


いいんです、これでいいんです。これでこそ俺。いつもの俺に戻ってきました。白は冷静にG2。そこでとっておきのA1です!!!


●++○○○○+
+●○●○○○+
●●●●○○○●
●●●○○●○●
●●●●●●●●
●●●●●●●●
++○○○+++
+●●●●●++

白番


まぁ冷静になって考えれば当たり前のような手なのですが・・・そう、白はA2です。しかしA2以外なら黒勝てます!白C1なら黒B1。そのあと白A2と打てば、黒はH2H1と連打が可能になります。このC1をはじめとし、あっちこっちに罠をを用意していたのですが・・・白は、なんとB7に。B7は黒C1と当てられ、黒のH1H2という連打を回避できません。思わずガッツポーズをしてしまいました。逆転成功です。とても嬉しかったのですが、後ろの中島八段が


舌打ちしていたのは


いったいどういうことなのでしょうか・・・(´ヘ`;)。


4回戦:石原二段

先週はゲスト出演として、サークルに参加してくれた石原二段。本日付で、我が『東大オセロサークル』に正式入部しました。ここは先輩として負けるわけにはいきません。
快速船の変化からスタート。出来心から変化してみたら、案外有利なスタートをきれました。


++++++++
+++○++++
●○○○○●++
+●○○○●++
●●●○○●++
+●○○○○++
++●○○+++
++++++++

黒:石原(二段)  黒番
白:佐藤(二段)


おお、なんかいい形だ・・・!これは先輩としての面子をたもt・・・


+○○○○○++
+○●●●●++
●●○○●●○+
●●●●●●++
●●●●○●++
●●●○○○++
●●○○○+++
+++○++++

白番


・・・あれ、いつの間にか


何で俺不利になってるの


ショックです。いつもこんなんです。有利だと思ったら、あっという間に劣勢。長考の末、ここで打ったのが、こしあん流!マジックなるか!のG2です。

+○○○○○++
+○○○○○○+
●●○○●●○+
●●●●●●++
●●●●○●++
●●●○○○++
●●○○○+++
+++○++++

白G2


とりあえず相手は、こんな手は読んでないだろうと。どうせ1の列黒くなるし、なら2の列を狙ってG2も悪くはないんじゃないか。虚勢を張りつつ堂々と打ちました。
これに浮き足だってくれたのか、徐々に緩手を打ち出した石原二段。こしあんマジック(?)にかかってくれたみたいです。


+○○○○○○●
+○○○○○○●
●●○○○○○●
●●●●○○○●
●●●●○○○●
●●●●●○○+
●●●●●+++
++●○+●++

白番


いけそうな気がしてきました。E8とA8で凄く悩みましたが、A8B8F7の流れのほうが、黒E8に打てないよ?というプレッシャーがかかりそうで、さらに浮き足立ってくれるかなと思いA8に決定。
最後までマジックにかかっていたのか、それとも単に時間が無かったのか、あるいはその両方なのか。残り5マスで敗着を打っていただき、辛くも1勝をゲットできました。一番疲れた試合でした。


5回戦:岡本初段

前回の対戦は、たしか佐谷二段との直接対決を阻止された記憶があります。憎い奴です。3勝1敗同士、負けたほうは優勝戦線から離脱を余儀なくされます。いろんな意味をこめて、負けられない相手・・・でしたが、徐々に差を広げられて敗北。今日の優勝がなくなりました。一部の間では、こしあんは『※※※定石』を打ってくるという情報が流れているらしく、みなさんその展開にさせてくれません。こちらも何か対策を考えないといけないみたいです。


6回戦:森初段

3勝2敗。せめて3位には入りたいところです。しかしそれには、森初段を相手に大差勝ちを収めなくてはいけない。一本道で勝てる筋ではなく、罠を作って大差勝ちを狙わないといけないという一局になりました。定石は、自作の『こしあん流3』を使用。グズグズになるのが特徴です。場を乱して一気に押し切ろうという作戦でいったのですが、それはよく考えれば分かること・・・グズグズな展開になり


自分も分からなくなりました('_`)ウゥ


コレで詰める!と思った手に抜け道が存在していて、完全にまぎれてしまいました。

++○○○○○+
+●○○○○++
●○●○○○+●
○○○●●○●●
○○●○●●○●
+○○●○●●●
●+○●●○+●
+○○○○○○+

黒:佐藤(二段)  黒番
白:森(初段)


『A6でいいや』と思ってこの形にしたのですが、黒A6白B1で『これはマズいんじゃないか』ということに気づく。黒A2に打てない。ほっとくと白G7でとんでもないことになる。あわてて考えなおし、G3でなんとかなることが判明。結果は健闘の30石差での勝利。3位入賞に望みをかけます。



<総合成績>


4勝2敗   5位/17位


入賞はできませんでしたが、前回よりは復調の兆しが見えてきている成績なので、問題ないです。まぁ普段からこんなもんですけどね・・・それ言ってしまうと終わるので(涙。



P.S  

大会後は『1分オセロ』で盛り上がりました。生で1分持ちって、すぐ針オチするので難しいのですが・・・練習しただけあって、トップ席から落ちたのは一度のみ。15~6勝して、負けたのは石原二段との1回だけという結果でした。是非1分オセロの大会を開いてもらいたいものです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
1分オセロってちょーーーーーつまんね
2006/10/22(日) 19:30 | URL | あおい #-[ 編集]
できないからつまらないのでしょうか。できるけどつまらないのでしょうか。後者であれば、もはや余地は無いのですが、前者であるならば、練習すれば楽しくなる可能性があるとおもいます。
2006/10/23(月) 01:33 | URL | こしあん #-[ 編集]
 出たいな(謎
2006/10/23(月) 11:49 | URL | てぽどん #-[ 編集]
中島さんが、さりげなくブリッツ大会を考えているみたいなので、みんなで1分オセロを要求してみたらいけるかもしれません。
2006/10/24(火) 13:00 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
インターミディエイト部門こしあん:4勝2敗ビギナー部門K2:4勝2敗(準優勝)前回はさんざんな戦績だった2人ですが、今回は復調。コブラーのヴァラクさんが、このたび正式にGOROのメンバーとなることに決まりました。
2006/10/28(土) | 東大オセロサークルGORO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。