第24回、りんかいCC~インターミディエイト部門~

ここでは、「第24回、りんかいCC~インターミディエイト部門~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は昨日(一昨日)、約1ヶ月ぶりに教習所に行ってきたんです。久しぶりに教習車を運転したんですが・・・










(運転中・・・)










¨)?










おおお










バックミラーの角度がおかしい










発進する前に確認し忘れてました。バックミラー覗いても、後部座席しか映りません。怖かったー。










あ、










ドアのカギ閉め忘れてた   ウンコー(゚∀゚)










つーことで(?)行ってきました品川りんかいCC。目標は昨日(これも一昨日)書いた通りです。IM参加は15名。大内さんや岡本さんといった強豪二段もいないので、入賞ねらい目ですね。



1回戦:三屋二段

前回の新年杯、昨年のりんかいCC。ともにいじめられてしまったわけですが・・・今回こそはリベンジです。リベンジ。とかげ進行になりましたが、今日はちょっと違う変化をしてみました。


++++++++
+++●○○++
++○○○○++
++○○○○++
++●○●+++
+●+○+●++
+++○++++
++++++++

黒:三屋(二段) 黒番
白:佐藤(二段)


電車に乗っている時に思いついた形です。実際ゼブラでみても悪くなかったので、採用してみました。


++●○++++
++●●○○++
++●●●●●●
+●●●○●●+
++●○●○○+
+●●●○○○+
++●○++++
++++++++

しばらく進んで・・・白番


局後、ゼブラ8(7?)手読みで調べた結果、最善はB1らしいです。暇な誰か、そのメリットを教えてください。とりあえず三屋君と話した結果


『いずれ崩壊するだろうね。』


ということでまとまりました。CPUの考えることは理解できません・・・。
さて、ここで俺は白B5に打ちました。ラインにつられて黒F1とか打ってきてくれると、白H4を残したまま、白A3でかなり有利になれるかなー。なんていうブービートラップを用意したつもりでしたが、ここは流石にA5と受け流されてしまいました。さらに数手進んで


++●●●●++
++○○○●++
+○○○●●●●
○○○●○●●+
○○●●●●●●
○○○●●●○+
++●●●+++
+++●++++

白番


実質的には、ここが勝負の分かれ目になっていたんだと思います。
第一感は白H6。右辺でウイングを作って、手数の都合上、左上の奇数空きを処理させていけば、無難に白が勝てるんじゃないかなぁと思ったのですが・・・とても簡単な読み間違いをしてしまい、結果打ったのがF8。当然黒はE8と当ててきます。


++●●●●++
++○○○●++
+○○○●●●●
○○○●○●●+
○○○●●●●●
○○○○●●○+
++●●●+++
+++●●○++

白番


黒がF7に打てるというのが納得いかなかったので、

『先に黒H6と打たせて、白の余裕手を作ってしまおう』

という読みで、先ほど白F8を打ったのですが・・・これがトンデモナイ勝手読みになってました。


++●●●●++
++○○○●++
+○○○●●●●
○○○●○○○○
○○○●●●●●
○○○○●●○+
++●●●+++
+++●●○++

白H4


これで黒H6に誘導して、F7は白の余裕手~。なんて考えていたのですが、なんのことはない。C8打ったら斜め返って、黒がまたF7に打てるんですよね・・・。

この一連のミスが引き金となり、またまた完敗してしまいました。くう。有利っぽい局面だと読みが荒くなる傾向があるようです(涙)。そして痛い1敗スタート。後に奥田二段から教わったのですが


『1敗スタートは、ブライトウェルポイントが少なくなる』


んですってね。勝ってる人と当たれなくなるので。精神的にもつらい中、今日のりんかいCCが始まったのでした。


2回戦:小澤1級

前回対戦は、忘れもしない品川シーサイド最終戦。1勝4敗という絶望の中、小澤1級に対して


暴走牛を打ち


ギッタギッタのメッタメッタにされました(ジャイアニズム)。今回はまだ1敗しかしていないので、ガチでいきますよ。ガチで。


++++++++
++++++++
++○+++++
++●○●+++
+++●○+++
++++++++
++++++++
++++++++

黒:小澤(1級) 黒番
白:佐藤(二段)


流石麻布生。ここでなんと黒はF5に!


++++++++
++++++++
++○+++++
++●○●+++
+++●●●++
++++++++
++++++++
++++++++

黒F5


予想で書いていた棋譜を書き直すハメになりました。まさか本当に打ってくるとは・・・。全く未知の展開で試合が進みました。


++●+++++
++○●●●++
●●○●●○○●
+●○●●○●+
○○●●○●○○
+○○●●●●+
++○●●+++
++●●+○++

白番


いや・・・強い。とても級位者とは思えない打ちまわしでした。F5の変化は自分なりに知っていたつもりだったんですが(‐公‐)。あっという間に追いつかれ、双方苦しい状況です。

ここで打ったのが白H4。黒H6白F3と進めることで、黒H2とE1を見合いにさせ、手数を減らさせて勝負してみました(黒H2なら、白D1と打ち、手数をさらに稼ぐ)。

結局黒はE1を選択。


++●+●○++
++○●●●++
●●○○●○●●
+●○●●●○●
○○●●○●●●
+○○●●●●●
++○●●+++
++●●+○++

白番


さて・・・じゃあどうしよう。という話。長考の末、打ったのが白G1。


++●+●○○+
++○●●○++
●●○○○○●●
+●○○●●○●
○○○●○●●●
+○○●●●●●
++○●●+++
++●●+○++

白G1


黒H1とくれば白D1で、2のラインを白で通す。またH1ではなく、A列に黒が打った場合は、この状態を維持するべく、B3が白くなるように応手しておけば、勝てるんじゃないだろうかと。
これが一応正解筋の一つになっていたようで、一瞬追いつかれそうな局面はありましたが、それでもなんとか勝利。いやー強かった。入段も近いんじゃないでしょーか(゚□゚;) 。


3回戦:田中1級

お初の人。実際対戦してみて印象に残ったのは、オセロ云々よりもそのトーク。おもしれーの。向こうはどうか知りませんが、俺はもう、脳の機能のほとんどをトークにまわしてました。五月蝿いと思ったみなさん、またまたごめんなさい。

さてそんな中でも、オセロはオセロで勝たないといけません。あまり深く考えずに進めていった結果現れたのが次の場面。


+○+●++++
○+●●++++
○○●○○○●●
○●○●○○●●
○○●●○○●●
○○●●○●○●
++○○●○○+
++○●++++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:田中(1級)


ここで一旦トークを中断。


¨) うーん。


と1分、2分と考え、『まぁ、いけるだろ』と結論して打ったのが黒G2。


+○+●++++
○+●●++●+
○○●○○●●●
○●○●●○●●
○○●●○○●●
○○●●○●○●
++○○●○○+
++○●++++

黒G2

白F2なら黒F1で。ただ、いきなりB2に打たれたら、ひょっとしたら右辺全部持ってかれちゃうのかなぁ・・・なんて考えましたが、万が一そうなっても足りる。という判断が正しかったようで、52対12と完勝。


4回戦:微弱(佐藤)初段

先日の品川新年杯では、『早分かりオセロ』で有名な谷田七段を相手取り


『俺より若干強ぇな(゚∀゚)』


と言い放ち(ましたか?)、微強賞を七段に進呈した微弱初段。逆を言うと、七段より若干弱い微弱初段は、実質六段格ということでしょうか(・∀・)。

なんていう冗談を交えつつ・・・ここ数試合、序盤中盤で苦しめられるケースが多く、どうも『微弱強引流』に弱いらしいということが判明しつつあります。食事の時は『微弱さんならミスってくれるから~www』なんて言ってますが、アレはアレ、コレはコレ。俺は結構警戒してるんですよ(´ヘ`;)。

さて、今回も飛び出しからよく分からない展開へ。


++++++++
++++++++
++++++++
+++○●●++
++○○○○○+
+●○○○○++
++○○○○++
++○●○+++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:微弱(初段)


うおぉぉ・・・。ナンダコレハ。第一感はC4でしたが、後々のことを考えて、なんとなくG6に打っときました。しばらく進んで、


++●+++++
++●●●○++
○○●●○○●●
+●●○●○○●
●●●●●○●●
○○○○○○●●
++○○○○++
++○○○○○+

白番


黒がA5と打った場面。白A4と打ってくると思ったのですが、ここで白はF8に。えー。それは疑問手じゃねー? といった感じで黒はA4を打たせてもらえました。その後白D1黒B7と進みました。


++●○+○++
++●○○○++
○●●○○○●●
●●○○●○○●
●●●●●○●●
○●●○○○●●
+●○○○○++
++○○○○○+

白番


まぁこれでなんとか勝ったかなぁ・・・。という程度のものだったんですが、『白A8の後、連打する気だなー!』と言って打ってきたのが、なんと










++●○+○++
++●○○○++
○●●○○○●●
●●○○●○○●
●●○●●○●●
○○●○○○●●
○○○○○○++
++○○○○○+

白A7










いくらなんでもそれはない。










5回戦:広瀬1級

またしても1級。今日は級位者とよく当たります。級位者なのですが、なんとここまでで3勝1敗。ここでとめておかないと、またしても昇段させてしまうことになります。ついこの前三屋君を昇段させてしまったばかりなので、今日の結果的にも、自分の名誉のためにも、負けられない試合です。


相手が黒。飛行機定石になりました。飛行機って、個人的には打たれてもあんまり困らないので、正直『ラッキー』なんて思っていましたが・・・ヤバイ。これは負けそうだ。


+++●++++
○+●●○○++
○○●○○○●+
○●○○○○●+
○○●●●○●+
○○○○●○○+
++○○○+++
++○○+●++

黒:広瀬(1級) 黒番
白:佐藤(二段)


ここでもうB8とか、とにかく左辺~上辺の流れを狙われたら苦しいかな・・・とも思っていたのですが、黒はE1に。


+++●●+++
○+●●●●++
○○●○●○●+
○●○○●○●+
○○●●●○●+
○○○○●○○+
++○○○+++
++○○+●++

白番


ずっと白が不利だったのですが、ここでようやく勝負できるかな・・・という感じがしました。E1だと白B2という手が生まれ、黒が左辺~上辺の流れに持っていきにくくなります。この後、下辺もウイングを作らされてしまいますが、なんとか凌いで4勝目。優勝の望みをつなぎます。


6回戦:綿引初段

この時点で、トップグループは次の3人。


1位:三屋二段(4勝1敗)
2位:佐藤二段(4勝1敗)
3位:綿引初段(4勝1敗)


1番テーブルの三屋二段が石原二段に負ければ、2位3位対決の勝者が自動的に優勝。三屋二段が勝った場合、ポイント勝負になりますが、若干三屋二段がポイントリード。大差勝ちされてしまっては追いつくことができません。なので、石原二段に


三屋二段の情報を提供し


三屋二段が負けてくれることを祈りつつ、自分は何とか大差勝ちを決めて追い抜きたいところです。


++++++++
+++++●++
++●○○●●●
+○○○○●●●
+○○○●○○●
++○○○●●●
++●○○●++
+++++●++

黒:佐藤(二段) 黒番
白:綿引(初段)


第一感は黒B3。だったんですが・・・先ほどチラッと1番テーブルを見てみたところ、



既に三屋二段勝勢 (゚□゚;)



だったもので・・・。しかも、なんか大差勝ちしそうな勢い。仕方ないので、こちらも負けじと大差勝ち狙い。ひっぱるどおおおおお!!!










++○●++++
++○●●●++
+○○●●●●●
+○○●●●●●
+○●○●●○●
+●●●○●●●
++●○○○++
++●+○○○+

黒番


ダメぽおおおお










大差勝ちところか敗勢に。負けては話にならないので、なんとか逆転筋を見出すべく、とりあえずB1と打ちました。


+●●●++++
++●●●●++
+○○●●●●●
+○○●●●●●
+○●○●●○●
+●●●○●●●
++●○○○++
++●+○○○+

白番


空きマスの数につられて(白G2黒H1。その後1のラインは3マス空きになる)、白G2なんて打ってきてくれると、結構細かい勝負にできるかなぁ。なんて思っていました。白は左下でケリをつけようと思ったのか。A6と打ってきました。もう消去法で黒B7。一応ストナー形ではありますが・・・


+●●●○+++
++●○○●++
+○○●○●●●
+○○●○●●●
+○●●○●○●
○○●○○●●●
+●●○○○++
++●+○○○+

黒B7の後、白E1


ここまできたのだから、無難なのは当然D8。ただ、上辺左辺、さらには右辺まで持っていかれて、これでどう足りろというのか。6分・・・7分と、残り時間のほとんどを使って考え、罠をめぐらすことに。黒F1です。


+●●●●●++
++●○●●++
+○○●○●●●
+○○●○●●●
+○●●○●○●
○○●○○●●●
+●●○○○++
++●+○○○+

白番


白はA8に。ここで黒A7です。


+●●●●●++
++●○●●++
+○○●○●●●
+○○●○●●●
+○●○○●○●
○●○○○●●●
●●●○○○++
○+●+○○○+

白番


よく人に『どうやったら罠って作れるの?』と聞かれますが、正直自分でも『こうしたらいい』なんていう筋は分かりません。でも最近気づいたのが、


『要素別に勝ち筋を見つける』


ということです。この場合で言うと、まず


・白はA5にもD8にも打てない


という見た目のプレッシャー。これにどんな意味があるのかは、ぶっちゃけ俺も分かりません。ただこれで、白は右側に着手をしなければならないわけで、自分の手が制限されているということから、若干の不利感を感じてくれるのかもしれません。
それともうひとつ。見つけにくいのかもしれませんが、


・白G7のあと、ホワイトラインが白で通る可能性がでてくる


ということ。何言ってるのかわからないかもしれませんが、これが結構、勝敗を分ける形になっていたようです。


+●●●●●++
++●○●●++
+○○●○●●●
+○○●○●●●
+○●○○●○●
○●○○○●●●
●●●○○○++
○+●+○○○+

再掲


白はどこでも勝てるような気がします。個人的にはG7とすぐ打たれるのが嫌だったのですが、ここで白はB8に。


+●●●●●++
++●○●●++
+○○●○●●●
+○○●○●●●
+○●○○●○●
○○○○○●●●
●○○○○○++
○○●+○○○+

白B8


おそらく、不安定な下辺を放置しておくのではなく、まず処理してから、G7に打った方が安全だと判断したのでしょう。が、これこそが先ほど言った『ホワイトライン』の問題に繋がる手になります。


+●●●●●++
++●○●●++
+○○●○●●●
+○○●○●●●
+○●●○●○●
○○○●○○○●
●○○●●○○+
○○●●○○○+

双方予想通り、黒E8白G7


ココまでくれば、説明下手でよく分からないという人も、分かってくれると思います。次の黒はB2ですね。


+●●●●●++
+●●○●●++
+○●●○●●●
+○○●○●●●
+○●●○●○●
○○○●○○○●
●○○●●○○+
○○●●○○○+

次、白番


上辺を全て取ったところで、今度は黒にH8H7の連打を許してしまいます。となるともはやウイングを攻めるH2の手もなくなり・・・白が負けそうな形ですよね。
が、コレは俺も気づかなかったのですが、ここの最善はA1。素直に黒に連打させてあげるのが、唯一の白の勝ち筋なんだそうです。
でもこういうのって、残り時間少ない中で打てっていうのは難しいんじゃないでしょうか。連打を避けるべく白はG1に。しかし、これこそが真の白の敗着となり、逆転に成功して5勝1敗。ある種勝手読みでもいいので、とにかく負けているときは


1.バラバラに散らばっている道具(基本筋)を探す

2.勝手読みでもなんでもいいので、その使い方を考える


というのが、逆転の秘訣のひとつになるんじゃないかなぁと思います。『○○したいから、この道具を使う』のではなく、『この道具があるから、××にはならないだろうか』という感じですかね。



<総合結果>

2位/15人  準優勝

またまた優勝は三屋二段。連続優勝ですか。うらやましい限りです。こちとら


連続準優勝


という、名誉なのか不名誉なのか、よくわからない結果です。でもまぁ目標だった『メダル圏内』は達成できたので、良かったんじゃないでしょうか。










本日の日記。執筆時間 3時間


スポンサーサイト
この記事へのコメント
 吉開定石じゃん懐かしいな・・・

 って、私が生を受ける前(昭和52年ごろの定石だけど)の定石だけど。

 最近ひさびさにトラナナなてぽどんです(ぁ

 学生の時、始めた頃忙しかったり消えまくったりで、途中までしかやってないんだよな・・コレ・・・。
2007/01/15(月) 03:59 | URL | てぽどん。 #-[ 編集]
 追記。

 私は別に試合中話すのは悪くないと思う。
 むしろ、それを不快に思うやつの方が非常に問題あると思う。

 将棋だって黎明期には、すぐそこにいる、棋譜係や、観戦記者に、大見得切ったり、本人がその場で解説しだしたり、というのはあったと聞きます。
 そういう、盤外のリアルタイムのエンタテイメント性を否定してる時点で、私がオセロ連盟に毒を言うとするならば「普及する気あるのか?終わってるな。」
 と思います。まぁ、まじめに普及する気あるなら、まだ言うことは山ほどあるけどね。ただ、オセロ連盟、私の知るいくつかの支部に普及の意欲が感じられなかったので、こっちも提案する気にはなれないけどね。
 ぶっちゃけ、まともに番組について考えてたのは栃木と品川(私の予想ではあるけど水戸も相当考えてるようなので見てみたいとは思うけど、なかなか時間がない。)だけだね。

 って、話し外れたな・・・。でも主張しちゃいます(ぁ
2007/01/15(月) 04:12 | URL | てぽどん。 #-[ 編集]
おつかれさまです。(・∀・)
2月は出ます。
最近調子悪いので練習しときます。
2007/01/15(月) 05:23 | URL | 野田立 #U/EYOdBw[ 編集]
時間をかけただけあって、読み応えあったし勉強になった♪
楽しく読ませてもらってるぞー
2007/01/15(月) 14:29 | URL | レフト #-[ 編集]
b4の意味を考えようと思ったんですが、
b4にはすでに黒石がある気がしました('-')
2007/01/16(火) 02:29 | URL | すりっぱ #-[ 編集]
お疲れ様ー!連続準優勝おめwてか

三屋君に3連敗おめ(・∀・)

しかもあれ仮に第一感通りh6と打っててもh4h2b1g2b2でライン通るからまだ混戦ぽいぞ。
ちなみに本譜ももし!「秘儀返し忘れΣ( ̄口 ̄;)」とか使って仮に斜め返らずにf7を余裕手にしたまま白c8打てても
今度は黒b8という筋が残るから勝てないな多分・・wこしあんさん完敗ですね(・∀・)
2007/01/16(火) 10:12 | URL | 魔手 #Ty2av2sE[ 編集]
>>てぽどんさん
その定石って、どのことでしょーか! 2戦目のあれですかね。
トラナナって・・・まさかあの、『トラ○○77○』ですか!
俺はもう、途中までで断念してしまいました。
今度『エリートモード』使ってでもクリアしてみようと思います。

五月蝿くしていいかどうかというのは個人差があるので、なんともいえないのですが・・・。
少なくとも『普及させるつもりがあるのか』ということには、俺も禿同な勢いです。

だってねぇ・・・たとえば、『限定200台シリアルナンバー入り!』って言ってるのに、



『貴重な番号は全て役員の手に渡っている』


なんて、売る気が無いとしか思えないですよ。
野球カードで、背番号のナンバリングの限定生フォトカードが、
売られる前から抜き取られてたりしたら・・・誰も買わないでしょう?
1番とか100番とか、そういうレアな番号を引けるかもしれない楽しみを奪って、
果たして売り切ることができるのでしょうか。

・・・こんな発想は俺だけでしょうか。みんなはオセロ盤さえ来ればそれでいいのですかね?



>>野田立さん
そのまま傍観者としていていただけるのが、一番嬉sh・・・。


バ、バッファローなんて、怖くないんだからねっ。


>>レフトさん
これで毎日更新できれば最高なんですけどね。
流石にこの分量になると、翌日の書く気力は最低レベルになります('_`)ウゥ。

>>すりっぱさん
聞いといてとんでもないミスをしてましたねっ。ごめんなさい。

B4→B1です。わざわざウイングを作らされてどうしたらいいのでしょう。


>>ますたにさん
そもそもが無理筋だったんですね・・・。だとすれば完敗です。
最も単純な『F7』が疑わしく見えてしまう。そんな最近の棋力で、よくあんな成績がでるもんです。




・・・没落の日は近いですね(涙。
2007/01/16(火) 17:50 | URL | こしあん #-[ 編集]
B1の意味は、考えたけどよくわかりませんでした(-_-)
E1→F1でウィングになる形は白にとって悪い形じゃないと思うんですが、
黒がE1を好きなときに打てる形なのが人間的には
かなり気持ち悪いっすよね~。

最近教習所の場所を忘れました。
2007/01/16(火) 22:36 | URL | すりっぱ #wbvlsWA2[ 編集]
付け足しておくと、『貴重な番号は~』っていうのは、あくまで人づてに聞いただけなので、

・本当にそうなのか実態は知りません。

・具体的に何番をストックしているのかは知りません。

ということで。まぁ本当にそうなら・・・っていう話として捉えてくださいね。
2007/01/16(火) 22:37 | URL | こしあん #-[ 編集]
あと、単純な筋が疑わしく見えるのは、
むしろ棋力がUPした証拠だと思います!
2007/01/16(火) 22:37 | URL | すりっぱ #-[ 編集]
ってうおおお、間髪入れずに書き込んだのに、
こしあんさんのコメントが間に!!
2007/01/16(火) 22:38 | URL | すりっぱ #-[ 編集]
いやあw 風呂入ってて、ちょっと言い過ぎたかなぁと思い、急遽和らげておきましたw

棋力UPだとすると、非常に嬉しいですね! あとは教習所の場所を忘れないようにしておけば・・・。
2007/01/16(火) 22:52 | URL | こしあん #-[ 編集]
 はいー。吉開定石は2戦目のアレです。でかなべさんの所では吉開流とかかれています。

 トラナナ・・ご想像の通りです。現在、「だって、そのゴメスが byマーティ談」のゴメスを倒したところです。
2007/01/17(水) 23:02 | URL | てぽどん。 #-[ 編集]
Wiiでは既に『紋章の謎』が配信されてますし、今月中には『聖戦の系譜』も出るみたいです。
このままトラキアも出ないかなぁ。もし出るようなら、三作続けてクリアとかやってみたいですね。
2007/01/20(土) 23:49 | URL | こしあん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。