流山にて

ここでは、「流山にて」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい。流山いってきました!・・・といっても


オセロではありません


流山のグラウンドに行って、野球してきました。たぶん今年最後の試合になるのかな。7番センターで入りました。
まぁそこそこの結果は出せたと思います。ただ、相手チームが非常にマナーの悪いチームでした。内野手ですが、こっちが盗塁して二塁に滑り込もうとしているのに、ベースの手前で構えてるんですね。このまま突っ込めば当然激突するし、かといって黙ってれば確実にアウト。どう考えたって走塁妨害なんですが、そうも言ってられないので、仕方なく足から突っ込む。スパイクで足を踏まれながらクロスプレーに。セーフの判定にセカンドは


『アウトだろ!アウト!!!おかしいだろ!!!』


と叫びだすわけですよ。審判に逆らうんですかね。この選手は。

















まぁ俺、足届いてないんだけど
















とりあえず審判がセーフって言ったらセーフなんです。つうかそんなとこいられたら届かねぇって。走塁妨害取られてないだけマシだと思っていただきたい。


さて、またまた塁に出ました。現在二塁。ここで監督から三盗のサインが出る。すみません、


次のイニングから投げるんですけど・・・


容赦のない采配です。もうどうでもいいやと三塁に走ると、今度はサードもベースの手前で構えてるではありませんか。当然クロスプレー。体格の差で押し返されそうになりながらもなんとかセーフ。すいません。


はやくそこどいてください。


『あー。』とか言いながら、サードが上にのしかかってきました。ちょこっと体勢が崩れただけなのに、下に俺がいるからという理由で倒れこんできたのです。キタネェ。そして重いし痛いです。ちなみにこれも立派な走塁妨害です。ホーム狙って走りだせませんからね。
















とりあえず、足は届いてませんでしたが
















審判がセーフって言ってるので、まぁそれはいいんでしょう。
と・・・ここだけ書いてしまうと、なんだか本当に悪いのは


俺なんじゃないか


と思えてしまうのですが、そんなことありません。他にも、




・バッターを警戒し、ボールをはずしてくる相手ピッチャー。

→威嚇のためなのか、打者の頭を狙ってくる。俺もやられました(テヘッ)。


・ピッチャーの悪送球。こちら側が、相手の頭のほうに投げてしまう。

→『ゴルアアア』とマウンドに寄って来る。やんのかコルアア。


・ランナー飛び出し。うちのチームのランナーが刺される。

→なぜか相手チームのファーストがキレる(意味不明)。


・上記の通り、ベースの手前に構えるセカンドとクロスプレーになるランナーに対して。

→あぶねぇじゃねぇか!と理不尽な逆ギレ。危ないのはお前だ。


・キャッチャー以外へたくそだと公言してくる。

→ああ、それはそうかもしr・・・


等々、非常にマナーが悪いわけです。なんかもうパワプロでいうところの


極悪商業


とプレーしている感じでした。もう二度とやりたくないです。
ちなみに最終回だけマウンドに登らせていただいたので、今日一日の怒りを込めて投げました。3者凡退に討ち取ることができ、一応礼は返しておきました。当ててもよかったんですけどね・・・さっさと試合を終わらせたかったという気持ちのほうが強かった。
試合終了後、着替えるときに踏まれた足を見てみたら・・・血出てました。若干凹んでるあたり、無意味に痛々しいです。実際痛いんですけど。




追伸.

今日はMyバットを持っていきました。中学校の頃からずっと使っています。最近はご無沙汰でしたが・・・このバット、凄いんです。なんてったって


とりあえず塁に出られるバット


なんですよ。カス当たりが非常に多い。ゆえに相手エラーを量産できます。そのほかにも、なんだかんだ打者が塁に出られるようなシチュエーションを作ってくれます。こいつ凄すぎです。

ただ・・・俺以外の人が使うと、とたんにその能力が封印されます。ついたあだ名が


ゴミバット


大変失礼です。いわく




これ持つと、なんか弱気になる




なんだそうです。三振をほとんどしないウチの主砲も、へっぴり腰で三振してました。どうなんでしょう。打ち手を選ぶ伝説のバットということなんでしょうか。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。